小惑星探査機「はやぶさ2」カプセル地球帰還について

2021011501

2020年は、新型コロナウイルス感染症の流行のため、感染症の危機にさらされる事態となってしまいました。緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出自粛やそれに伴うイベントなどの延期・中止が続く年でした。

 今までとは違った生活様式を求められなにかとストレスがたまり、人の動きも大きく制限され、なにをするにも気を使いながら疲れたりイライラすることが多くなりました。

 そんな中、個人的に明るい話題・よりどころみたいなのが、小惑星探査機「はやぶさ2」の再突入カプセルの地球帰還でした。自分なりに応援してきた「はやぶさ2」について思っていることをここに書いておきたいと思います。

 

2020年12月6日、小惑星探査機「はやぶさ2」の再突入カプセルが地球に無事帰還しました。

コロナ禍の中、パブリックビューイングは諦め、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とNVS(ネコビデオ ビジュアル ソリューションズ)のネット中継でカプセルの地球帰還を見守りました。

JAXA<「はやぶさ2」地球帰還 実況ライブ【カプセル再突入・着陸】

NVS<はやぶさ2カプセル地球再突入オーストラリア現地中継

 はやぶさ2から切り離された再突入カプセルは、約22万キロを飛行し大気圏再突入し予定通りパラシュートを展開してオーストラリア大陸のウーメラ砂漠に着陸しました。

 カプセルは、現地の夜明け後にJAXAのカプセル回収隊に発見されました。ウーメラの現地本部で簡易的なガス採集を行い、12月8日にJAXA相模原キャンパスに到着し、地球外試料キュレーションセンター内に搬入されました。

 はやぶさ2は、C型小惑星探査・サンプルリターンを完遂しました。うれしいことに探査機は健全で拡張ミッションが計画されており、予算など決まれば2031年7月頃に小惑星「1998 KY26」へ到着し高速自転小惑星の探査が予定されています。

 12月15日は、小惑星リュウグウのサンプルが収められているサンプルキャッチャーが開封され、約5.4グラムのサンプルの採取に成功が確認されました。

 小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」(以下、初代はやぶさ)の頃と比べると完璧すぎる「はやぶさ2」のミッションでした。

 初代はやぶさを振り返ると、2003年5月9日に打ち上げ。2005年の小惑星「イトカワ」到着前に姿勢制御を行うリアクションホイールの3台のうち1台が故障。到着後にもう1台故障してしまい、残り1台で探査を行うことになりました。また、サンプル採取の際にも弾丸が発射されずに正規のサンプル採取とはなりませんでした。
 イトカワのタッチダウン後には、行方不明になる危機もありました。約1ヶ月半後に通信を回復しましたが満身創痍の状態になっていました。姿勢制御用の燃料喪失、充電池は放電しきっており11セル中4セルが故障状態。
 それでも最終的には、残った1台のリアクションホイールとイオンエンジンを組み合わせた航行、太陽光圧を利用したスピン安定状態を用いて地球帰還を行い、途中でイオンエンジンの寿命が来てしまいましたが「クロス運転」で航行を続けられ、見事にイトカワのサンプルを収めたカプセルを地球へ帰してくれました。
 
 初代はやぶさの困難を知っていればいるほど、はやぶさ2の運用の見事なものでした。しかし、はやぶさ2もまったく問題がなかったわけではありません。小惑星リュウグウに降下途中のアボート、予備のリアクションホイール試験中に異常値を検出し探査機がセーフホールドになったこともありました。探査ローバー「MINERVA-II2」の不調によるミッション変更もありました。

 

 はやぶさ2は、初代の技術や経験を引き継いだ上で新たな挑戦も成し遂げました。

・地球とリュウグウの往復に使用されたイオンエンジンは絶好調の運転で航行を完遂。

・史上初のC型小惑星の近接観測

・平地がほぼないリュウグウへのピンポイント・タッチダウンの成功

・インパクター(衝突装置)によるクレーター生成実験の成功

・インパクターで噴出した小惑星の地下物質の採取

・小惑星表面に小型着陸機・探査ローバーの着陸

・ka帯のハイゲイン・アンテナによる通信

まだまだあると思いますけど、はやぶさ2の成果を聞く度に「すごいな~」の一言しかありませんでした。

 

 はやぶさ2とは、たぶん2006年10月20日にロフトプラスワンで開催された「ロケットまつり はやぶさは飛翔した」で、はやぶさ後継機の話しを聞いてからのお付き合いになります。ずいぶん昔からの付き合いになりますね。初代はやぶさの帰還からも、もう10年。

 ネットの中継やSNSを見ていて思ったのは、「十年一昔」です。
 はやぶさ2の地球帰還が近づいた頃に、昔から変わらず応援している人も、いつの間にかにお目にかからなくなった人もいるな、と思いました。一度も会ったり話したりしたこともないんですけど、みなさん元気にやっていたらいいなと思いました。
 年を取り始めてきて10年前なんて少し昔のことだと思っていたんですが、実際には多かれ少なかれ変化があって10年の月日をとっても感じました。
 
 私は、2020年からのコロナ禍の中でもなんとか生活出来ていて、相変わらず宇宙開発好きでいられています。これはある意味幸運なことなんでしょうね。10年過ぎればそれだけ年を取ってだいぶくたびれてきていますけど、まだまだ宇宙開発を追いかけていきたいと思います。

 

 宇宙科学研究所(ISAS)では、火星衛星探査計画(MMX)が2020年代に火星衛星「フォボス」からのサンプルリターン、深宇宙探査技術実証機 DESTINY+が小惑星「フェートン」のフライバイ探査、まだ計画段階ですがソーラ電力セイル探査機「OKEANOS(外惑星領域探査ミッション)」もあります。

 ただ、地球近傍小惑星探査の計画がまだ見えていないのが現状です。「はやぶさ」という名前を継がなくても「初代はやぶさ」・「はやぶさ2」が築いた技術・経験・ノウハウを途絶えることなく次の世代に引き継いでほしいと思います。
 個人的には「はやぶさ3」というか小惑星探査計画をシリーズ化してほしいと思います。

 

 それから、「はやぶさ2プロジェクト」<http://www.hayabusa2.jaxa.jp/>のページにはプロジェクトの情報や記者会見の資料などが一杯あります。また、JAXAのホームページにも「はやぶさ2」のプレスリリースが残されています。<https://www.jaxa.jp/press/hayabusa2/index_j.html> 初代はやぶさに比べてもものすごい質と量の情報があります。

 この情報や資料がただの歴史になるだけでなく、ファンはもとより未来の関係者へつなぐ次へ活かす情報や資料にもなってほしいと思います。

 

 「はやぶさ」という名前は、もうかなり有名になったと思います。
 以前こんなことがありました。自分のノートパソコンの壁紙は「はやぶさ2」なのですがそれを見た人が「あ、はやぶさだ」と言われました。エンジンがすごいんですよね、映画にもなったんですよね、とも言っておられました。もう、一般の人にも知られているんだとうれしくなりました。
 この利点を活かさない手はないと思います。たとえ、次の小惑星探査機の名称が「はやぶさ」でなくても、だれもが「初代はやぶさ」「はやぶさ2」の名前を思い出してくれることを。

 

 初代はやぶさから続く探査が成功を収めました。ファンとしてもとってもうれしいことですし、今後の宇宙探査ミッションの弾みになればよいと思います。
 はやぶさ2プロジェクトのみなさま、関係者のみなさま、本当に本当におめでとうございます。

 

最後に「はやぶさ2」ミッションの流れをまとめておきます。

打ち上げ:2014年12月3日
地球スイングバイ:2015年12月3日
小惑星リュウグウ到着:2018年6月27日
小惑星探査ロボット「MINERVA-II1」分離:2018年9月21日
小型着陸機「MASCOT」分離:2018年10月3日
合運用:2018年11月23日~12月29日
第1回タッチダウン:2019年2月22日
衝突装置分離運用:2019年4月5日
第2回タッチダウン:2019年7月11日
ターゲットマーカ軌道投入:2019年9月17日
小惑星探査ロボット「MINERVA-II2」分離:2019年10月3日
小惑星リュウグウ出発:2019年11月13日
再突入カプセル地球帰還:2020年12月6日

 

現在、「はやぶさ2」は、小惑星1998 KY26を目指して航行中

 

1年に1回、いつものやつでした。

| | コメント (0)

4月・5月といえば……(2019年版)

会社や家の都合でちょっと忙しくあっという間に年度末を迎えました。
新年度になっていろいろイベントがあります。4月から少し余裕が出来そうなので片っ端からイベントに行ってみたいと思いつつ、今月来月のイベントをまとめてみました。


4月21日(日)
JAXA調布航空宇宙センター一般公開

今年も「4研究所合同スタンプラリー」(宇宙航空研究開発機構、海上技術安全研究所、電子航法研究所、交通安全環境研究所)があります。毎年ですけど全部まわるには1日では無理なので2日間開催してくれませんかね~


4月27日(土)
<第38回 宇宙科学講演と映画の会/宇宙学校・さがみはら>

今年の宇宙科学講演と映画の会は、新旧はやぶさプロマネの講演! これはすごい!!


5月11日(土)
<地球観測センター春の一般公開>

ホームページ上ではまだ日付が決まっただけのようです。新しいパラボラアンテナを建設していたからどこまで出来上がっているか楽しみな公開です。


5月26日(日)
<種子島宇宙センター 特別公開2019>
「海上保安庁灯台150周年記念イベント」とも開催されるようで一度は行ってみたい特別公開です。(時期があと2週間ぐらい後ろに来ればな~)


2019年3月23日(土)~ 4月7日(日)
<筑波宇宙センター 春休みイベント>

一般公開・特別公開ではないですが、茨城県の筑波宇宙センターもイベントがあります。
公開は年に1回になってしまったようですが企画展をけっこう力入れてやっているので展示館「スペースドーム」と合わせて訪れるには良いかもしれません。


<平成31年度(第60回)科学技術週間>
科学技術週間も例年通りの時期に開催です。最近ご無沙汰だからなにか見つけて行ってみようかな。

| | コメント (0)

4月・5月といえば……(2018年版)

最近、仕事が忙しくて全然イベントに足を運べていません。支援の仕事とはいえそろそろ通常運転に戻さねばと思いつつ、今月来月のイベントをまとめてみました。


4月7日(土)
はやぶさ2トークライブVOL.14
2016年2月から始まった「はやぶさ2トークライブ」もひとまず今回でおしまいとのことです。
今回はインターネット中継も予定されていて現地に行かなくても楽しめるようになっています。
噂ではセカンドシーズンの話しがあるようで「はやぶさ2」のリュウグウ到着がたのしみですね。


4月22日(日)
平成30年度JAXA調布航空宇宙センター一般公開
施設が広大なので全部見て回るのが大変な調布宇宙センター。今年の「トークショー」は面白そうですね。
また、今年も近隣の研究施設との「4研究所合同スタンプラリー」もあります。1日だけでなくて2日間くらいやってほしい一般公開です。


5月12日(土)
地球観測センター春の一般公開
2017年12月に気候変動観測衛星「しきさい」が打ち上げられて、講演会や観測画像の公開などもあるようです。

最近、親戚が地球観測センターに行ってきて「展示室が少し変わったよ」と写真を送ってきてくれました。
写真を見ると、全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」の強い雨の検出が可能な降水レーダ (KuPR)と弱い雨や雪の検出が可能な降水レーダ (KaPR)のエンジニアリングモデルが展示されているようですね。


5月12日(土)
JAMSTEC横須賀本部 施設一般公開
まだ日程だけの情報ですが、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の横須賀本部の施設一般公開があります。
地球観測センターとかぶっています。さあ、どうしよう?


4月16日(月)~22日(日)
平成30年度(第59回)科学技術週間
いろいろな研究機関や施設を見られる絶好の機会なのにホームページの情報がまだみたいですね。
一家に1枚」のポスターでも見て情報があがるのを待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月・5月といえば……(2017年版)

例年通り今月来月とイベントがあります。


4月22日(土)
「はやぶさ2」トークライブVol.8
今回は「はやぶさ2」の分離カメラのお話しです。
トークライブも順調に回を重ねていて、参加出来る時はなるべく行くようにしています。ああ、でも今回は予定が入っていてだめです。
でも、後日トークライブの内容をYouTubeで公開してくれるのでありがたい限りです。


4月23日(日)
調布航空宇宙センター 一般公開
今回も、4研究所合同スタンプラリー(JAXA、海上技術安全研究所、電子航法研究所、交通安全環境研究所)がありますね。
最近あまり見に行ってませんけど、「仮設事務所」とかそっけない展示場所にけっこうお宝があったんですよね。(2013年当時)


5月3日(水・祝)
宇宙学校・さがみはら
第36回 宇宙科学講演と映画の会
「宇宙学校・さがみはら」と「第36回 宇宙科学講演と映画の会」が同日に「相模女子大学グリーンホール」にて行われます。午前が宇宙学校、午後が宇宙科学講演と映画の会になっていて贅沢な一日になりそうです。


4月17日~23日
平成29年度(第58回)科学技術週間
こちらも例年の行事。どんなイベントがあるか調べにくいのが難点です。PDF方式も併用で昔のようにWeb上で調べられると良いんですけどね。

今年はなんだかイベント情報が少ないですけど、行けそうだったら見学してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月からといえば……(2015年版)

例年通り今月からいろいろあります。
行けるかどうかは別にして今年ももりだくさんですね。


まずは、JAXA関係から。

4月11日(土)
第34回 宇宙科学講演と映画の会
今年は事前申し込みでだめかと思っていたら参加出来ることになりました。これから打ち上げられる人工衛星・探査機の話しがあるので楽しみ。


4月18日(土)
筑波宇宙センター特別公開
去年は1回しか特別公開されなかった筑波宇宙センター。今年はどうなるんでしょうか? この週はすでに予定が入っていて行けない…

これとは別に4月末まで筑波宇宙センターで開催している<プラネットキューブ企画展『ちいさな人工衛星の、ちいさな展覧会。』>を見に行こうかと考えています。


4月19日(日)
調布航空宇宙センター一般公開
こちらは、近隣の研究所も合わせて公開するので楽しんですけどね~。この日も予定があってだめでした……


4月29日(水・祝日)
沖縄宇宙通信所 「科学技術週間」施設一般公開
NASDAからJAXAになる直前に一回だけ訪れたことがあります。もう1度行ってみたいですね。


5月16日(土)
地球観測センター春の一般公開
なんだか、みんなご無沙汰です。今年は多分行けるかな?


あと、早々と「宇宙研特別公開」の日付が発表されています。

7月24日(金)・25日(土)
JAXA相模原キャンパスの特別公開
詳細はこれからみたいです。今年はどんな内容になるのか今から待ち遠しくなってきました。


今年の<平成27年度科学技術週間>は、4月13日(月)~4月19日(日)となっています。
せっかくの機会なんですからそろそろ「科学技術“月間”」にして幅広く見られるようにしてほしいですね。


東京都国分寺市では<ペンシルロケット発射60周年「企画展」「水平発射水ロケット大会」「記念講演会」>が開催されます。

ペンシルロケットの実物展示(4月11日(土)~4月19日(日))や記念講演会(4月12日(日)があります。


あと、個人的に足を運ぼうと考えているのは……

4月12日(日)
ロケットまつり63 in 国分寺~ペンシルロケット発祥の地での夕べ~
これは外せませんね。チケット買いました(笑)


第50期駿台天文講座
こちらは、月刊「星ナビ」2015年4月号で知りました。
詳しくはこちら→<駿台学園・駿台天文講座ホームページ><駿台学園天文講座,記録・資料

出来れば毎月通いたいくらいの内容ですね。「はやぶさ2」「こうのとり(HTV)」「インフレーション宇宙の観測的検証」は参加してみたい。


目白押しで何に参加出来るか分かりませんけど、行けば絶対楽しいですからね。機会があれば足を運んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超小型人工衛星「つくし」(QSAT-EOS)見学

2014081201

去年の8月12日、九州大学伊都キャンパスにて超小型人工衛星「つくし」(QSAT-EOS)を見学させていただきました。
この見学は、超小型人工衛星QSAT-EOS愛称当選者の記念行事の一環でした。

九州発 地球観測超小型衛星 QSAT-EOSの愛称が「つくし」に決定>(PDF)


宇宙開発ファンとしては、ありがたい名誉とめったにない機会を与えていただきました。これは見学すべきだと九州大学伊都キャンパスまで行って参りました。

「つくし」の応援兼ねて見学記を記事にしてみましたのでどうぞ。

続きを読む "超小型人工衛星「つくし」(QSAT-EOS)見学"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「だいち2号」打ち上げパブリックビューイング見に行きました

2014052401

5月24日、神奈川県は横浜市にある「三菱みなとみらい技術館」で開催されたH-IIAロケット24号機による「だいち2号」打ち上げパブリックビューイングを見に行ってきました。

土曜日と言うこともあって、ネット中継よりもどこかのパブリックビューイングでH-IIAロケットの打ち上げを見ようと考え、三菱のロケットだからと本社(横浜)ビル内にある「三菱みなとみらい技術館」へ行ってきました。

続きを読む "「だいち2号」打ち上げパブリックビューイング見に行きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月・5月といえば……

例年通り今月来月といろいろあります。
(いろいろ予定がたて込んでいて、自分の備忘録も兼ねています)


4月12日(土)
第33回 宇宙科学講演と映画の会
今年は、宇宙研所長の講演が入っています。これはちょっと楽しみ。

4月19日(土)
「科学技術週間」の筑波宇宙センター特別公開
最近、企画が盛りだくさんで1日では見て回れないくらいです。今年は会社の行事で行けなくて残念。

4月20日(日)
調布航空宇宙センター 一般公開
角田宇宙センターの一般公開
角田宇宙センターは、新型基幹ロケットのエンジン試験に対応するため、現在の設備での公開はこれが最後とか。ぜひ行きたいんですが予定が……

4月26日(土)
沖縄宇宙通信所 「科学技術週間」施設一般公開


5月10日(土)
地球観測センター春の一般公開


ちなみに、今年の科学技術週間は、4月18日を含む1週間だそうです。
第55回科学技術週間


今年も裳華房のホームページで<2014年 研究所等の一般公開>がまとめられています。


今年はちょっと宇宙開発関係が怪しいですがどこかの施設公開には足を運んでみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若田宇宙飛行士、国際宇宙ステーション船長に就任

2013年11月7日から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している日本の若田光一宇宙飛行士が、2014年3月8日に第39次長期滞在のコマンダー(船長)に就任しました。

JAXAプレスリリース
若田宇宙飛行士のISS船長(ISSコマンダー)就任について
若田宇宙飛行士がISSのコマンダーに就任!(2014年03月09日)

日本人で初めてのISS船長。この船長の役割については<ISS第38次/第39次長期滞在概要>の「長期滞在中における若田宇宙飛行士の主な任務」に書かれています。
単なるISSの乗組員ではなく、ISSにおける責任者という重責を果たすことになります。


こちらの<若田宇宙飛行士2度目の国際宇宙ステーション長期滞在とISSコマンダー(船長)就任 [PDF: 4.37MB]>によるとアメリカ・ロシアの宇宙飛行士以外では、ヨーロッパ1名カナダ1名の宇宙飛行士がISS船長を務めています。

これには、ISSに巨額の投資をしているのに今頃日本人がISS船長になって、などの意見があるようです。
しかし、アメリカ・ロシア共に有人宇宙船を所有、もしくはその経験があり、ISSの建設前にそれぞれ宇宙ステーションを打ち上げ運用していた国です。それに引き替え日本は、独自の宇宙ステーションはもとより有人宇宙船を持ったことすらありません。その大きなハンディキャップの中で、若田宇宙飛行士がISS船長に就任したこと自体大きな意義があります。


前々から、日本は有人宇宙飛行をどうしていくべきか、という問題があります。
若田ISS船長は、宇宙飛行士として今までに約18年間の経験があります。現場はもちろん、NASAの宇宙飛行士室ISSブランチチーフ就任の実績など、いろいろな意味で「有人宇宙飛行」というものに携わっておられます。

長きに渡って有人宇宙飛行に携わり、そして、単なる乗組員ではない役割を担った飛行士からの経験や意見を取り込んでいくことは、この問題を有益に取り組んでいく大きな要素になると思います。
そういう意味でも、若田宇宙飛行士のISS船長就任は大きな節目になると思います。


第39次長期滞在ミッションの成功を祈りつつ、若田ISS船長の活躍に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H-IIAロケット23号機打ち上げ成功

2月28日午前3時37分、種子島宇宙センターより全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)や小型副衛星(ピギーバック衛星)7機を搭載したH-IIAロケット23号機は打ち上げられ、約15分57秒後にGPM主衛星を軌道に投入し打ち上げは無事成功しました。また、一緒に搭載されていた超小型人工衛星7機も順次ロケットより分離され、こちらも軌道投入が確認されています。

JAXAプレスリリース
H-IIA ロケット 23号機による全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)の打上げ結果について
全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)の打上げについて


宇宙作家クラブ
ニュース掲示板

sorae.jp
H-IIAロケット、全球降水観測計画主衛星の打ち上げに成功
宇宙へ旅立ったGPM主衛星と、7機の小型衛星たち
GPM主衛星、姿勢制御の問題は解決 観測に向け準備着々


hamlife.jp
<430MHz帯のビーコンも受信成功!>H2Aロケット23号機打ち上げ、超小型衛星7基の分離を確認


今回の衛星は、本体がアメリカ航空宇宙局(NASA)製とあってNASAのホームページなどにも打ち上げ含めていろいろ取り上げられています。
NASA
Global Precipitation Measurement (GPM) | NASA
GPM Mission - a set on Flickr

特に、上記のFlickrでは今まで見たことない設備の写真や種子島の日常が公開されていて見物です。海外の人たちから他国の人工衛星打ち上げ、ロケット打ち上げ運用はこんな風に見えているんだ、と興味深い写真ばかり。日本でもやってく来れば良いのにと思う内容です。

このスタンの違いは、日本と比べて広報に力を入れているお国柄もひとつの理由だと思います。
それよりも自分の国で人工衛星打ち上げられるのにわざわざ税金使って他国のロケット打ち上げに来ているのだから大いに元を取らねば、それよりもやっぱりロケット打ち上げは打ち上げ国関係なしに記録や記憶に残しておくものだという行動の表れだと思います。

日本は、変に規則を作るので動きたくても動けない、やりたくても間に合わない、という一面があります。今回のNASAの公開をどう思っているか知りませんけど、内心拍手していたり、自分たちもああすれば出来るんだ、となればよいです。


しかし、今回は日本でもちゃくちゃくと情報を公開しているページがあります。
GPM/DPRスペシャルサイト>の<コラム
スペシャルサイト自体、いろんな意味で力が入っているので見応えがあります。

こちらの情報によると、GPM主衛星は、軌道投入後、姿勢や通信の確保を行い観測機器の立ち上げを無事終わらせています。各機器の性能確認を行っている最中です。

約2ヶ月後から本格運用。3時間ごとに地球全体をカバーする降水マップを作成していきます。宇宙から地球の雨と雲の動きを観測することによって、これからの地球環境の基礎データを築き上げていきます。その成果がどんな風に出てくるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧