3本の「はやぶさ」映画

2011年10月から2012年3月にかけて小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画が3本制作されました。
公開順に以下の3本です。

「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス)
映画「はやぶさ/HAYABUSA」公式サイト

「はやぶさ 遥かなる帰還」(東映株式会社)
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』公式サイト

「おかえり、はやぶさ」(松竹株式会社)
『おかえり、はやぶさ』映画オフィシャルサイト

宇宙開発ファンとしては3本も映画化されて単純にうれしい。もちろん見てきました。ブログにはそれぞれの映画についての感想など記事にしました。一応、他社の映画と比較しないで書いてみましたがやっぱりある程度比較しないと3本の特徴などが分かりにくいと思ったのでざっくりまとめてみることにしました。

続きを読む "3本の「はやぶさ」映画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おかえり、はやぶさ」見てきました

小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画第3弾、松竹「おかえり、はやぶさ」見てきました。

『おかえり、はやぶさ』映画オフィシャルサイト


初日朝イチを狙っていましたが用事があり午後一番で見てきました。
もともと、映画のストーリーを知った時「これはちょっと……」と思いました。

主人公の父親が火星探査機「のぞみ」のプロジェクトマネージャー。「のぞみ」の火星投入失敗からほとんど隠退生活している、とかですからね~。これは、まったくの創作です。

「のぞみ」は確かに火星の大気を調べるというミッションは失敗に終わりましたが、そのときの復旧の運用や技術は「はやぶさ」などに活かされています。宇宙開発ファンとしてはやれ宇宙のゴミだとか税金の無駄遣いだとかと十把一絡げにしてほしくはないんですけど……。

そんなことでこれは別物だという感じで見ていました。

続きを読む "「おかえり、はやぶさ」見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました

小惑星探査機「はやぶさ」映画第2弾、東映「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました。

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』公式サイト

封切りと同時に見に行く予定がいろいろあって1週間遅れ。この間ネットに上がってくる映画の情報を見ないようにしていましたけどちらちら入ってきました。全般的になかなか良さそうな感じです。
一応全部頭の中の情報をリセットして見てきました。

続きを読む "映画「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「はやぶさ/HAYABUSA」見てきました

10月1日に20世紀フォックスの映画「はやぶさ/HAYABUSA」を見てきました。

映画『はやぶさ/HAYABUSA』公式サイト

小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画が3本製作されています。
その第1弾が20世紀フォックスの映画「はやぶさ/HAYABUSA」です。
映画化を発表された時に「完全コピーをめざした」とありました。ただのドキュメンタリーのコピー版を作られてもな~とか思っていました。

10月1日の封切り近くになってくると評判がとてもよいとあちらこちらから聞こえてきます。決定打はSF作家笹本祐一さんの「みんな、大丈夫だ」でした。

もともと見る予定でしたけど、初日にはやぶさ関係者のサインが入ったクリアファイルがもらえるともあって、1日の初回を狙って見てきました。
封切り早々なのでネタバレはしない方向で感想をいくつか。

続きを読む "映画「はやぶさ/HAYABUSA」見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

何度も映画化の話しはありましたがやっとの映画化でDVD&BD化です。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

映画館で2回も見ました。もちろん「特攻野郎Aチーム THE MOVIE <無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕」買ってしまいました。


単純にテレビドラマの映画化や当時のドラマを忠実に再現したものではなく、あの4人組が現代に存在したらこんなことになっていただろうという仕上がりになっています。
映画でも過去にさかのぼって「エピソード0」的な作品があります。この「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」はエピソード1というよりも「エピソード0」の要素が盛りだくさんでした。

でも、テレビドラマ版の雰囲気を壊すことなく新しい「Aチーム」が映画館のスクリーンで大暴れしていました。
リーアム・ニーソンがハンニバル役でしたけど、ジョージ・ペパードのハンニバルによく似ていながら精悍さが増していて見応えがありました。
フェイスもボスコもマードックも、ハンニバルに負けず劣らず雰囲気全開で、でも似ているだけではない映画ならわでの“味”が出ていました。
もちろん、テレビドラマのことを知らなくても十分楽しめる内容でこの設定はこれでありですね。

映画では続編が作られそうな終わり方でしたけど、実際はどうなるんでしょう?
これからやっと本来の「Aチーム」の活躍が見ることが出来れば最高です。
いずれにせよ、あのテーマ曲が聞こえてきてあの4人組に再び会えることを楽しみにしたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版"文学少女"

原作は、すでに完結したライトノベル(長編8作品)です。ライトノベルとかかって読むとえらい目に遭う良品。読んであっという間にはまりました。
小説だけで完結しているこの作品がどのように映像化されるか楽しみでした。

劇場版"文学少女"

原作が完結した後でドラマCDを買ってしまったので映画も違和感なく世界に入れました。声優さんは凄いですね。小説を読んでいた時の声とは全然違う声だったんですけど、物語が進むにつれなんの違和感もなくなりました。
映画もしかりで“文学少女”の世界を描ききっていました。

映画の主な題材として選ばれたのが「“文学少女”と慟哭の巡礼者」
2時間だったら1作分だよな、と見ていたらそこまでやってしまうのという内容でした。ええ、そこまで話しを進めてしまうの。う~ん、見たくなかったような見たかったよな。
でも、このレベルで製作されるんだったら3部作くらいで再構成して映画化出来たのでは。ちょっともったいない……。

映像を見ていると遠子先輩や心葉くんが見ていた世界を垣間見たようでした。ちょっとファンタジー過ぎるところもありますが遠子先輩はうれしそうに文学を事件を妄想で話すシーンはなかなかでした。映像表現において“文学少女”の世界を堪能してきました。

小説では読み手の想像力がかき立てられるものです。映画では、映像・音声・音楽とある程度固定化される部分があります。文学少女はそんな枠を想像を飛び越えていたと思います。
文学をこういう形で見られたひとときと、遠子先輩と心葉くんのコンビは最高の一言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時をかける少女

この題材が映画化されると知ったのは公開直前。ぜんぜん知りませんでした。
主人公がアニメ「時をかける少女」の真琴を演じた仲里依紗。これまた凄いことしたと興味が出てきたので見てきました。
2010年の「時をかける少女」は、正統な「時かけ」の番外編でした。

映画『時をかける少女』オフィシャルサイト

タイムリープと殉恋と走る少女は健在でした。主人公がアニメ版に出演していたなんて冒頭のシーンですっ飛んでいました。
1970年代と2010年代の若者と恋愛事情のギャップが今回の映画をうまく成立させています。恋愛感覚が70年代は奥手で10年代は友達感覚。そんな掛け合いの中で70年代を走り抜けた主人公あかりが「時かけ」していました。そういう意味で安心してみられる映画です。しかし、過去に行った理由を解決できるのか、再び現代に戻れるのか、頭に引っかかりながら最後で見事にやられた映画でもありました。

でも、あえて番外編と書いたのは、私の結末の解釈が今までの「時かけ」と違うんですよね。ネタバレになるからかけませんけど。殉恋だけど希望もある。それがちょっとなかったようにも思えます。ただ、あかりの母、芳山和子(原作での主人公)が今回は脇役として重要な役を演じています。その中で一瞬だけ「時かけ」したのでやっぱり正統な作品と位置づけられると思います。

ちょっと残念だったのが主題歌と挿入歌。上手下手という問題でなくて映画の中の“音”と合わない。うまいからなんでしょうけど違和感を感じます。これは邦画全般に言えるんでしょうけど何でもかんでも歌を入れるのはどうかと。作品が持っている音の世界が途切れてしまう感じです。映画自体はとてもよかったので逆にちょっとしたことが気になってしまいました。

「時かけ」に対するアニメの新しい解釈が良かったです。もちろん、2010年版の解釈も“あり”でした。続編とは言いませんが、この設定・主人公がこれだけで終わってしまうのはもったいない。再びどこかで会えたらと思った映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『シャーロック・ホームズ』

見てきたのはだいぶ前ですけどこれは書いておかないと。
映画化されるとは聞いていました。でも、なかなか進行していないようでこれはないと踏んでいたらいつの間にかに公開開始でした。

映画『シャーロック・ホームズ』オフィシャルサイト

ホームズの映画を見るのは「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」以来です。
見に行く前に色々評判が聞こえてきました。真っ二つというか原作から見ればあれはなんだ!?と別物としてみれば良くできている、でした。

実際に見た感想は、パスティーシュとして研究されているし良く出来た作品。原作がどうのこうのはあるけれどそれでも楽しめた、です。
多分そんな風に楽しめたのはアニメ「名探偵ホームズ」が好きだからでしょう。登場人物がすべて犬になっているけどホームズ物としてしっかり作られている。ドタバタコメディやりながら推理物としてストーリーが良くできている。原作のネタもあちらこちらにあってファンの楽しめます。(レストレード警部の「お前、原作読まなかったのか!」とかありました)

今回の映画・アニメに共通しているのは、ホームズ・ワトスンの“コンビ”が原作を彷彿させます。
世界最初の諮問探偵ホームズと医師でホームズの手伝いをするワトスン。ただの探偵と助手ではありません。各々なんだかんだで助け合って事件を解決していくかけがえのない二人です。
ホームズ物は、推理小説だけど史上最強・最高のコンビを描いた物語ともいえます。

この特徴を崩さずに原作の持っている記号的な部分を現代風に解釈するとこの映画になると思います。
ホームズ・ワトスンをここまで対等に描いた作品って少ないと思います。その方針が映画の端々にあって心躍るってやつを久々に堪能しました。

19世紀のロンドンもよく再現されています。この忠実度も映画の楽しみでした。それでいて二人が肉体的に走り回り拳を交わずことに根拠を持たせています。いや、ワトスン格好良い。
ホームズが泥臭すぎたと思いました。あとあと考えるとあの時代にあらゆる階級に入り込んでいく探偵にはあれくらいでないとだめだったのかもしれません。そう考えるとあの映画版のキャラクター設定も楽しめます。

モリアーティー教授やアイリーン・アドラーも出てきたりしています。原作的にはちょっと無理があるんでしょうけどファンとしては喜んで見られました。
オープニングでベーカー街221Bが映し出されるシーンなんか「グラナダテレビ版」のオープニングに引っかけていますよね。なかなか凝っています。

続編も作られそうですね。
行動的で肉体的なホームズも良いですけど推理シーンを事件の中で増やしてほしいな。やっぱり「シャーロック・ホームズ」ですからね。

ホームズ・ワトスンのコンビの格好良さ、二人の友情を改めて思い出した映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「冒険野郎マクガイバー」シーズン7

2009120611

今年4月24日に発売された「冒険野郎マクガイバー」シーズン7。
このシーズンがファイナルです。
いつもは発売直後に書いていましたが今回は全シーズン見終わってから書くことにしました。

シーズン6が出てから約5ヶ月後というペースの速い発売した。シーズン1が発売されたのが2005年11月。全シリーズ発売が危ぶまれた時もありました。こうして完結してみると短いものです。
ファイナルシーズンなのに収録順番が本放送と違います。ちょっとそこが興ざめですけど、主人公マクガイバーの冒険が続いていると思えば納得できるもの。

当時、科学と勇気で困難に立ち向かうヒーローはめずらしいものでした。銃器を使わない設定や人間の持つ弱みをありのまま表現する手法は今でも斬新だと思います。
こういう人物がテレビの中の活躍しているのを見ていると、自分が持っていた今までヒーロー像を一気に塗り替えてくれました。
ある意味待ちに待っていたテレビドラマがやって来た、と興奮したのを思い出します。

マクガイバーの吹き替えを担当した石丸さんの声もよく合っていました。人なつっこい笑顔はあの声以外考えられません。DVD化にあたってカット部分も再アフレコして全シリーズ完全版として発売されたんですから拍手喝采です。

シーズン6までは深夜枠などでけっこう見ていたようです。シーズン7からは初見の回が多くて楽しかったですね。
ここまでシーズンが続いていると遊びの部分も多くなっています。でも、マクガイバーはあくまでもマクガイバー。
お節介のお人好しが事件を呼び込むけどそれに臆することなく自分の力だけで立ち向かっていくのは何度見ても胸がすく思いです。

このシーズンでファイルなのが本当に残念。スマートとは言えないけど格好良い人間ドラマとアクションの組み合わせ。この素敵な融合はマクガイバーの活躍でまだまだ見たいし見られるとシーズン7を味わいながらつくづく思いました。
テレビ映画としてまだ見ていない2作もいずれDVD化を希望です。聞こえては消えてしまう映画化も実現して欲しい!

全シーズン見られたことに感謝です。ちょっとおおげさですが全エピソード期待を裏切らないテレビドラマでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマーウォーズ

「時をかける少女」の細田監督作品です。見に行かないわけにはいけません。
見に行く直前に映画の中で小惑星探査機「はやぶさ」をモデルした探査機「あらわし」が出てくると知りました。別の意味でも楽しみな映画になりました。

映画「サマーウォーズ」公式サイト

息がつまりそうになる都会の夏と違った田舎の夏がありました。
誰にでも平等にやってくる夏休み。でも、誰一人として同じにならないのも夏休み。そんな夏休みのバイトの最中にまさしく現実と仮想の世界を騒がす事件が起きてしまいます。

やっぱり家族や親戚は心強いですね。総勢30人近い家族・親戚が出てきます。映画の中で誰一人こぼれ落ちていないところがこの映画の面白さを支えている。現実とか仮想とか関係なく大きな力ですね。

実際には映画の主人公、この一族の家族でも親戚でもないんですよね。でも、そのコミュニティに受け入れられたというところが本当の見せ場なんでしょう。事件が起きて活躍しての結果ですが、たぶん事件のような大きなことがなくても何かイベントが起きていたら受け入れられたと思います。それをさっさと見抜いた陣内家16代目の当主のおばあちゃんはいろんな意味で凄かった。

それから小惑星探査機の扱いはちょっと……と思いますけど、でもそれだけ認知度が上がった証拠なんでしょうね。個人的にはまあ許容範囲でした。


それからもう一つ、CMで一瞬見たコンピュータ。なぜと思いながら映画のどこで出てくるか楽しみでした。
で、登場シーンで心の中で大爆笑。これで勝ったと思いましたね。さすが舞台が教育県だけあってこんなもんがある。
でも、これがどんだけすごいか説明も紹介もなかったのが残念。あの形からすればNEC製スーパーコンピュータSX-9ですよね。国立天文台や地球シミュレータ(こちらはSX-9/E)にも使われている世界でもトップクラスのベクトルスーパーコンピュータですよ。これで勝てなくてどうする!

こまかいギミックはあくまでギミックでストーリーをよりよく表すものです。そういう意味では、スーパーコンピュータの凄さを知らなくても登場人物達の心強い味方であることは十分理解でき、ゲームのルールは知らなくてもゲームを楽しむことができるようにこの映画も十分楽しめました。

夏の暑さも巻き込んで楽しめる傑作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)