« 本を読んでいます | トップページ | 長い間続けること »

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)でラジオサーバを作ってみた

久々のブログ更新です。今回はいつもと違った内容にしてみようと思います。

ラジオサーバを使って録音した番組を通勤中に聞いています。
コロナ禍で外出や遠出もままならず、ラジオ番組の話しや情報は一息つけるいい機会になっています。

ラジオサーバを手に入れてからだいぶ経ちました。
当時こんなブログを書いていました。

<ラジオサーバー VJ-10>

ハードディスクで録音するタイプでもう販売終了。そろそろ寿命が来てもおかしくありません。
今はネットから自由にラジオ番組を聴ける時代です。
とはいえ、聞き逃しは1週間までですし、通信量もかかります。
そこで発売当時に買ったものの使いこなせなかったRaspberry Pi(ラズベリー パイ)をラジオサーバにする記事を読んで自分も作ってみました。

思っていたよりもうまく行ったので備忘録兼ねて記事にしてみました。

  1. OSのインストール、リモートデスクトップ接続の設定、IPアドレスの固定化

    今回使用したラズベリーパイは、Raspberry Pi3 Model B。SDカードは32GBを使用しました。

    OSのインストールなどは、ネットにいろいろあるのでそれを参考にしながら行いました。

    リモートデスクトップはXRDPのアプリを使いました。

    sudo apt-get install xrdp

  2. 録音に必要なパッケージをインストール

    ここからはこちらのページが大変参考になりました。

    【2020年12月改訂】Raspberry PiでRadikoのラジオ録音サーバーを作る
    Raspberry Pi4 でラジオ録音サーバーを構築する

    sudo apt-get install curl
    sudo apt-get install libxml2
    sudo apt-get install jq
    sudo apt-get install ffmpeg
     

    ちなみに私の環境だとこれだけでは動かなくて調べたところ、以下のページの情報から追加のパッケージ<libxml2-utils>が必要だと分かりました。 

    RaspberryPi(ラジコ・らじるらじる_RealTime録音)

    sudo apt-get install libxml2-utils

  3. rec_radiko_tsのインストール

    radikoのタイムフリーのパッケージをインストールします。

    git clone https://github.com/uru2/rec_radiko_ts.git

    インストールしたあとに/home/pi の直下に移動しました。その後で実行の権限を与えました。

    sudo chmod 755 rec_radiko_ts.sh

  4. 録音のテスト

    ターミナルから次のコマンドを送ってみて録音が出来るか調べます。
    最初、ここでつまずいて<libxml2-utils>を追加でインストールしてうまくいきました。

    /home/pi/rec_radiko_ts.sh -s LFR -f 202201010100 -t 202201010300 -o "/home/pi/test.m4a"

  5. 録音スケジュールの設定

    ラジオ番組が録音できるのを確認出来たら、cronに録音予約をしました。

    sudo crontab -e

    ファイルが開いたら、一番下の行にスケジュールの内容を記述して上書き保存。

    # 毎週土曜日、ラジコで17:00~17:55放送のFM Tokyoのラジオを、18:00にダウンロード
    00 18 * * 6 /home/pi/rec_radiko_ts.sh -s FMT -f `date +\%Y\%m\%d`1700 -t `date +\%Y\%m\%d`1755 -o /home/pi/Public/Wonderfuljourney_$(date "+\%Y-\%m-\%d").m4a

  6. sambaの設定

    ラジオ番組を保存したファイルをiTunesのインストールしているパソコンから見えるように、ラズベリーパイにファイルサーバ機能を持たせます。

    こちらのページを参考にしてsambaをインストールしてパソコンからラジオ番組を保存しているファイルをコピーできるようにしました。
    Raspberry Piの共有フォルダにWindowsから接続(samba install)

  7. iPhoneで保存したラジオ番組が聴けるか確認

    ラズベリーパイに共有したフォルダから保存したファイルをパソコンにコピーしてiPhoneに転送。この点は全然問題ありませんでした。すばらしい!

 いくつかつまずきましたがラズベリーパイをラジオサーバ化することが出来ました。

季節によるノイズの入らないクリアな音源でラジオ番組が聞けて快適です。

以下に気がついたこと、失敗したことを記しておきます。

  • Raspberry Pi Zero W+radi.shでは、録音できたり出来なかったりした。

    初めは、できるだけ電気代を抑えようとRaspberry Pi Zero Wをラジオサーバ化してみました。また、リアルタイム録音のradi.shを使ってみました。

    使い出すと録音出来る番組と出来ない番組が出てきて使い物になりません。Zeroも非力でリモートデスクトップ越しの操作に時間がかかりました。

    そこで、Raspberry Pi3 Model B+タイムシフト録音のrec_radiko_ts.shの組み合わせで再構築して使えるようになりました。

  •  crontabを起動できるスクリプトを用意した

    当初は、ラズベリーパイを常時起動しておこうと考えていました。
    しかし、なんだかんだで設定をいじったり、公式のプラスチックケースに入れているせいか微妙に熱も持っているので常時起動は様子を見ることにしました。

    録音する番組も今のところ週末の放送なのでiPhoneに転送する前に起動して、crontabを開いて設定を変更して録音。ファイルの転送が終わったらシャットダウンという運用にしています。

    そこでいちいちターミナルからcrontabを起動するのがめんどくさいので立ち上げ用のスクリプトを用意しました。単純に書いただけだとだめだそうで一行目のおまじないがいると知りました。

    #! /bin/bash
    sudo crontab -e

    これでラズベリーパイを起動し忘れてもすぐに設定を変更できるので重宝してます。

  • NHKらじる☆らじるの聴き逃し番組が保存できない

    番組の保存は出来るのですが再生するとなんかメッセージが流れてくるだけで録音出来ません。なにか設定が間違っているのか、らじる☆らじるは特別なのか? いまのところNHKで定期的に聞いている番組がないので暇を見つけて解決したいです。

たまにはこんな記事も書くのもよいですね。1年に1回、いつものやつでした。 

|

« 本を読んでいます | トップページ | 長い間続けること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本を読んでいます | トップページ | 長い間続けること »