« 最近思っていること | トップページ | 4月といえば…… »

堀江謙一さんのヨット

去年の秋に社員旅行があって関西方面に出かけました。
ほとんど自由行動だったので趣味全開であちらこちら見て回りました。

その際に、西宮にヨット冒険家の堀江謙一さんのヨット「マーメイド号」があることを知りました。
行ってみたかったのですが他にも行きたいところがあって無理かなと考えていました。


ところが、大阪から明石へ向かう電車の中でびっくりする物を見ました。
海岸に展示されているヨットはもしかして堀江さんの「モルツマーメイド号」では?

明石での見学を済ませた後、ネットで調べたら正解でした。
それではとちょっと寄り道してみてきました。

2019011501

明石は大蔵海岸に展示されている「MALT'SマーメイドII号」でした。

子どもの頃、堀江さんのヨット世界一周の冒険記を読んでヨットの冒険記とアマチュア無線が好きになりました。
見たかった「マーメイド号」ではありませんでしたがこんな形で堀江さんの「マーメイド号」にあえるとはうれしい誤算でした。


2019011502

ヨットと一緒に堀江さんの航海の歴史が紹介されていました。内容が結構細かい。
ああ、この航海は新聞で読んだな、これは航海記買ったなとか思い出していました。


それで社員旅行後にこの記録から堀江さんのヨットが今どこにあるのか調べてみました。


MERMAID(世界初単独太平洋横断)
サンフランシスコの国立海洋博物館、木材・合板博物館(レプリカ)
MERMAID III(西回り単独無寄港世界一周)

MERMAID(世界初縦周り世界一周)
西宮貝類館(マーメイド4世と紹介されている)
SIKRINERK<ソーラーボート>(単独太平洋横断)

MERMAID<世界最小外洋ヨット>(太平洋単独横断)
新西宮ヨットハーバー
MERMAID<足漕ぎボート>(太平洋単独横断)
大阪文化館・天保山(旧サントリーミュージアム)
MALT'S MERMAID<アルミ缶リサイクルのソーラーボート>(太平洋単独横断)
金刀比羅宮
MALT'S MERMAID II<リサイクル素材の双胴型ヨット>(太平洋単独横断)
大蔵海岸(明石市・JR朝霧駅)
SUNTORY MERMAID III<ウイスキー貯蔵樽リサイクルのヨット>(太平洋単独横断)
サンフランシスコ(?)
SUNTORY MERMAID(東回り単独無寄港世界一周)
新西宮ヨットハーバー
SUNTORY MERMAID II<ウエーブパワーボート>(太平洋単独横断)
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社→関連リンク

結構展示されています。
どうしても分からなかったのが最初に世界一周した「マーメイド3世号」とソーラーボートの「シクリナーク号」です。

「マーメイド3世号」は、どうも三保の松原にある東海大の博物館にあったというネットの記事を1件だけ見つけました。しかしそれが本当に「マーメイド3世号」のことだったのかどうかは分かりませんでした。

「シクリナーク号」についてはさっぱり情報が見つかりません。当時は新聞の記事になっていましたからどこかに保管されていたらよいなと思います。

「SUNTORY MERMAID III」については、最初の太平洋横断した「マーメイド号」を調べていると国立海洋博物館の館内に展示してあるはずなのに屋外の写真がいくつかネットで見つかります。どうも屋外にあるやつが「SUNTORY MERMAID III」ではないかと密かににらんでします。

調べていてちょっとうれしかったのが最初の「マーメイド号」のレプリカが都内にあることです。時間作って見に行かなくては。

それとこの社員旅行中に「橋の科学館」を教えてくれた人がいましたのでこちらも寄り道して見学しました。

2019011503

明石海峡大橋のすぐそばです。


2019011504

科学館には100分の1サイズの風洞模型があります。全長40メートル!


2019011505

明石海峡大橋の真下も行ってみました。人間ってなんてもの作ってしまうんだろうと圧倒されました。


「マーメイド号」と「橋の科学館」どちらも寄り道して見学して良かったです。

|

« 最近思っていること | トップページ | 4月といえば…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年から「ヨットマン」の65歳〜70歳迄に瀬戸内海一周〜75歳で日本一周を目指しています。(西宮生まれ、現在北海道恵庭市在住)

投稿: マエダカズヤ | 2020/10/11 07:48

今年から「ヨットマン」の65歳〜70歳迄に瀬戸内海一周〜75歳で日本一周を目指しています。(西宮生まれ、現在北海道恵庭市在住〜「死ぬまで現役!死ぬまで挑戦!」がモットーです。)

投稿: マエダカズヤ | 2020/10/11 07:51

シクリナークは現在関西のとある廃船置き場に放置されています。
解体されるのかな?とずっと見ていますが、3年以上ずっとそのままになっています。
R3.4.18現在、まだ現存です。

投稿: WOZ | 2021/04/18 20:43

WOZさんコメントありがとうございます。
返事が大変おそくなりすみません。

シクリナーク号まだ存在してるんですね。どこか博物館などで保存してくれると良いんですけど…

投稿: やまもと | 2024/01/15 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀江謙一さんのヨット:

« 最近思っていること | トップページ | 4月といえば…… »