« 2016年4月 | トップページ | 2017年4月 »

ずっと聞いていたら……

土曜日の夕方5時から1時間ほど大人のゆったりした、それでいてちょっと背伸びをした時間を過ごしていました。正確にはラジオ番組に聞き耳をしていたわけですけど。
その聞き耳も、2013年3月30日を最後に聞くことが出来なくなってしまいました。

いつもリアルタイムで聞けないのでラジオサーバに録音していました。それなので「ピートのふしぎなガレージ」もそのままの流れで聞いていました。

N博士という謎の宇宙人(笑)に引き回されるように、主人公たちと一つの事柄について話しを聞いたりその歴史が生まれる瞬間に立ち会ったりと、興味深い内容が繰り広げられています。うん、面白いよこの番組。

N博士がちょっと馴染めないキャラだけど宇宙人だからしょうがない(笑) 便利カーとか都合の良い機会とかまあうまいこと考えたよなと思います。

嬉しいことに、番組の最後に住友林業がスポンサーの番組があった時があって懐かしい声が聞こえたりしています。うまく番組の雰囲気を繋ぎつつ、ちゃんとスポンサーの意図を汲んでいて好感が持てます。

なんだかんだでずっと聞いています。前の番組は前の番組で良かったけど、こちらもこちらで土曜日の夕方の時間を壊すことなく引き継いでくれています。
しばらくつきあえるラジオ番組で良かったです。

そうそう、最初のクリスマスの時、N博士が言ったこと聞き逃していませんよ。やたらめったら知り合いの多いN博士のことだから、あのバーでそのセリフ聞いていたんだと思いました(笑)


それから時は流れて、2016年12月31日の放送を聞いてびっくり。正確にはラジオサーバに録音して聞いていたので2017年にはいってからですけど。

このツイートを見逃して聞いたので、何も知らずに番組を聴いたら教授の声が聞こえてくるではないですか。それもなつかしいセリフをもじった内容で。

うれしいやらびっくりやらの1時間。いつかは番組で共演することがあったりしたらいいなと思っていました。それを上回って実は同じ世界の話しだったとは。
やっぱりN博士と教授はお知り合いだった。N博士の聞き耳の師匠は教授だったとは!
すなおに、ああやられた~という感じです。古書店のおじさんの正体も分かりましたし(笑)

最後にはスタンまで登場! 元気そうでなによりです。二人がそろった時は、いろいろなラジオの思い出がよみがえりましたよ。
意味深な発言をしてエンディングを迎えましたけど期待して良いのかな?

出来れば「ピートの不思議なガレージ」も続いたまま、元麻布のバーの話しもラジオで復活してくれたらうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうひとつのルーツ

2017011501

もう去年の話しですが祖母がなくなりました。97才でした。
何度か乗り越えてきたそうですけど、急変して最期は眠るように旅立ったそうです。病院では最後まで面倒見てくれるので心配しないで言ってもらえたそうです。
もう少し田舎へ帰る機会を作れば良かったかなと思っています……

ひさびさに田舎に帰ると祖母の子供たち孫たちが帰ってきていました。こちらもひさびさです。孫同士で顔に覚えがあるけど誰だっけ? 記憶と思い出を結び直すのに一苦労でした。

通夜のあいだに祖母の持ち物を整理することになりました。その中に子供や孫から送られてきた写真がありそれぞれ持ち帰ることに。その中からなぜか新聞が出てきました。1969年8月の朝日・毎日新聞の紙面。アポロ11号の特集でした。

孫たちはずいぶん古い新聞が出てきてこれは珍しいとスマホで写真を撮っており楽しんでおりました。しかし、宇宙開発好きの私にいたってはなぜ?の嵐です。

なぜ、このアポロ11号の特集紙面が残されていていたのか今となっては分かりません。私もこのとき初めて見ましたし祖母からもそちら方面の話しを聞いたことはありませんでした、たぶん。

私がロケット・人工衛星好きになったのは幼稚園でみた図鑑からだと記憶してます。ピンク色の図鑑でお昼ご飯が終わったら読める本でした。でも、ライバルがいて食事を食べるのが遅い私はいつも負けていてたまにしか読めませんでした。たまに読むことができましたけど、その中にあったアポロ宇宙船にぞっこんだったのを覚えています。

ただ、この紙面を見たとき、もしかしたら幼稚園よりも昔に田舎でこれを祖母から見せてもらっていたとすると、自分のもうひとつのルーツがこれだったのかもしれないなと思いました。
全然関係ないかのしれないけど、祖母に改めて感謝しました。ちょっと遅かったけど……

新聞の記事は、宇宙開発好きということで私が譲り受けることになりました。大事な大事な宝物が出来ました。


2017011502

葬式も終わってしばらく田舎にいる最中に伯母がスクラップブックを譲ってくれました。婦人活動やらロバート・ケネディの記事やらありました。1960年代の記事が大半でした。

そのスクラップブックの後半には、アポロ8号と11号の記事がありました。当時、相当インパクトのある出来事だったんでしょうね、人類が月を目指したことは。
好きだけど歴史としてしか知らなかったアポロ計画の当時の雰囲気を知ることが出来て面白かったですね。


それともうひとつ面白いことがありました。

久々に再開したいとこと話していて、どんなこと好きか聞かれました。まあ正直にロケットや人工衛星の話しをしたところ、すぐに「JAXA?」と返ってきました。

それでどんなところ見に行ったか聞かれたのでいとこの一番近い施設は、と考えて「鳩山」と答えたら、そこ知っていると言われました! いやびっくりJAXAの施設を知っている人なんとほぼ皆無で、まさか「アンテナとか展示室があるところでしょ?」といとこから聞くとは夢にも思っていませんでした。

お互いに「「鳩山知っている人初めてだよ!」」と言って笑いました。

なんでもお子さんの課題で地球や太陽のことを調べることがあって鳩山にあるJAXA地球観測センターの地球観測展示室に連れて行ったり、春には桜を見に来たこともあるそうです。

そんなことで2016年の地球観測センターの一般公開はいとこたちと一緒に行ってきました。普段はひとりで黙々と通っていましたから新鮮な体験でした。

施設見学そっちのけで傘袋ロケット作ったり、クイズをやったり(ちなみにクイズの答えを即答するおじさんとしていとこの子供たちの評価が高くなりました(笑))、こういう見学もたまにはよいものですね。

これも祖母がくれた思い出のひとつになりました。


1年に1回、いつものやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2017年4月 »