« 2015年1月 | トップページ | 2016年1月 »

4月からといえば……(2015年版)

例年通り今月からいろいろあります。
行けるかどうかは別にして今年ももりだくさんですね。


まずは、JAXA関係から。

4月11日(土)
第34回 宇宙科学講演と映画の会
今年は事前申し込みでだめかと思っていたら参加出来ることになりました。これから打ち上げられる人工衛星・探査機の話しがあるので楽しみ。


4月18日(土)
筑波宇宙センター特別公開
去年は1回しか特別公開されなかった筑波宇宙センター。今年はどうなるんでしょうか? この週はすでに予定が入っていて行けない…

これとは別に4月末まで筑波宇宙センターで開催している<プラネットキューブ企画展『ちいさな人工衛星の、ちいさな展覧会。』>を見に行こうかと考えています。


4月19日(日)
調布航空宇宙センター一般公開
こちらは、近隣の研究所も合わせて公開するので楽しんですけどね~。この日も予定があってだめでした……


4月29日(水・祝日)
沖縄宇宙通信所 「科学技術週間」施設一般公開
NASDAからJAXAになる直前に一回だけ訪れたことがあります。もう1度行ってみたいですね。


5月16日(土)
地球観測センター春の一般公開
なんだか、みんなご無沙汰です。今年は多分行けるかな?


あと、早々と「宇宙研特別公開」の日付が発表されています。

7月24日(金)・25日(土)
JAXA相模原キャンパスの特別公開
詳細はこれからみたいです。今年はどんな内容になるのか今から待ち遠しくなってきました。


今年の<平成27年度科学技術週間>は、4月13日(月)~4月19日(日)となっています。
せっかくの機会なんですからそろそろ「科学技術“月間”」にして幅広く見られるようにしてほしいですね。


東京都国分寺市では<ペンシルロケット発射60周年「企画展」「水平発射水ロケット大会」「記念講演会」>が開催されます。

ペンシルロケットの実物展示(4月11日(土)~4月19日(日))や記念講演会(4月12日(日)があります。


あと、個人的に足を運ぼうと考えているのは……

4月12日(日)
ロケットまつり63 in 国分寺~ペンシルロケット発祥の地での夕べ~
これは外せませんね。チケット買いました(笑)


第50期駿台天文講座
こちらは、月刊「星ナビ」2015年4月号で知りました。
詳しくはこちら→<駿台学園・駿台天文講座ホームページ><駿台学園天文講座,記録・資料

出来れば毎月通いたいくらいの内容ですね。「はやぶさ2」「こうのとり(HTV)」「インフレーション宇宙の観測的検証」は参加してみたい。


目白押しで何に参加出来るか分かりませんけど、行けば絶対楽しいですからね。機会があれば足を運んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月といえば……

今日から4月です。
4月といえばいろいろあります。
当事務所の調査により以下の情報を入手しました。

2015040101

国営放送、「はやぶさ2」小惑星探査完全中継計画を発表

国営放送は、小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星での活躍を完全中継すべく大規模な計画を実行することを発表した。

この計画は、初代「はやぶさ」が地球帰還時に現地からの生中継を行わなかったことにより、ものすごい批判を浴びたことから始まった。

当時、サッカーワールドカップ中継に時間を割かれていたとはいえ、人類未到の小惑星往復飛行を実現した探査機の勇姿を国営放送が中継しないとはどういうことだと、ネットをはじめ各方面から批判や苦情があつまった。
しまいには、未だに近所の子供たちに「はやぶさを中継できなかった我が国の国営放送~」と莫迦にされたり説教を受けたりする始末。

「おじさんたち、怒ったぞー」と「はやぶさ2」では、単なる地球帰還時の中継だけではなく、「はやぶさ2」の飛行や小惑星探査そのものを完全中継する計画が立ち上がった。

そのために独自のロケットを用意し、3機の探査機を打ち上げることになった。3機とも国営放送が研究開発した試作16Kハイビジョンカメラを搭載し、地球に「はやぶさ2」と小惑星の映像を送ってくる予定である。

まず、打ち上げロケットは、国内最大のロケット「H-IIBロケット」を改良し、「H-IIBロケット増強型」(通称H-IINロケット)を開発。(Nは国営放送の略)
開発したロケットの第1段は、H-IIBロケット第1段、H-IIAロケット第1段機体にLE7-Aロケットエンジン2機を搭載した液体燃料ブースター(LRB)を2基、固体ロケットブースタ(SRB-A)を4基を装着。
第2段は、H-IIA・Bロケットの第2段を1500mm伸長し、燃料・酸化剤を約1割ほど多く搭載して軌道変更能力の強化を図った。
フェアリング内部にアッパーステージを搭載。これはイプシロンロケットの第3段モータ(KM-V2b)を小改造して使用。
およそ2トン級の小惑星探査機を外惑星軌道に直接投入出来る能力を持ったロケットとなっている。

3機の探査機は、時期をずらして打ち上げる予定。
1機目は今年の5~7月の間に打ち上げ、「はやぶさ2」よりも早く目的の小惑星に到着し、「はやぶさ2」の小惑星接近やサンプルリターンの迫力ある光景を中継。
2機目は、今年の12月に「はやぶさ2」の地球スイングバイに合わせて打ち上げられ小惑星に到着するまでランデブー飛行を行う。また、「はやぶさ2」がインパクター使用時にそのクレーター形成映像を至近距離から撮影する役割を担っている。
最後の3機目は、「はやぶさ2」が小惑星到着後に打ち上げられ、「はやぶさ2」が地球帰還開始前に小惑星に到着。ついでにサンプルリターンも行い「はやぶさ2」とランデブー飛行しながら地球帰還を目指す。「はやぶさ2」カプセル分離後は、カプセルと共に大気圏に再突入し、宇宙と地上から地球帰還の光景を「ダブル・リエントリー」中継を試みる。

総事業費は、「はやぶさ2」計画のおよそ10~15倍と見積もられている。この費用は、国民の税金や通常の受信料に加えて撮影したコンテンツの販売、イベント・施設とのタイアップ収益、画像・動画内に強制的に埋め込まれるロゴの除去費などで賄う予定。

この計画を聞かされた「はやぶさ2」をよく知る関係者は「えーと……。なんだよ、ダブル・リエントリーって!!」というコメントを残している。


(写真は、H-IINロケットの模型(1/144スケール)

この情報は、“4月1日”にある筋よりもたらされました。

続きを読む "4月といえば……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2016年1月 »