« H-IIAロケット23号機打ち上げ成功 | トップページ | 4月といえば…… »

若田宇宙飛行士、国際宇宙ステーション船長に就任

2013年11月7日から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している日本の若田光一宇宙飛行士が、2014年3月8日に第39次長期滞在のコマンダー(船長)に就任しました。

JAXAプレスリリース
若田宇宙飛行士のISS船長(ISSコマンダー)就任について
若田宇宙飛行士がISSのコマンダーに就任!(2014年03月09日)

日本人で初めてのISS船長。この船長の役割については<ISS第38次/第39次長期滞在概要>の「長期滞在中における若田宇宙飛行士の主な任務」に書かれています。
単なるISSの乗組員ではなく、ISSにおける責任者という重責を果たすことになります。


こちらの<若田宇宙飛行士2度目の国際宇宙ステーション長期滞在とISSコマンダー(船長)就任 [PDF: 4.37MB]>によるとアメリカ・ロシアの宇宙飛行士以外では、ヨーロッパ1名カナダ1名の宇宙飛行士がISS船長を務めています。

これには、ISSに巨額の投資をしているのに今頃日本人がISS船長になって、などの意見があるようです。
しかし、アメリカ・ロシア共に有人宇宙船を所有、もしくはその経験があり、ISSの建設前にそれぞれ宇宙ステーションを打ち上げ運用していた国です。それに引き替え日本は、独自の宇宙ステーションはもとより有人宇宙船を持ったことすらありません。その大きなハンディキャップの中で、若田宇宙飛行士がISS船長に就任したこと自体大きな意義があります。


前々から、日本は有人宇宙飛行をどうしていくべきか、という問題があります。
若田ISS船長は、宇宙飛行士として今までに約18年間の経験があります。現場はもちろん、NASAの宇宙飛行士室ISSブランチチーフ就任の実績など、いろいろな意味で「有人宇宙飛行」というものに携わっておられます。

長きに渡って有人宇宙飛行に携わり、そして、単なる乗組員ではない役割を担った飛行士からの経験や意見を取り込んでいくことは、この問題を有益に取り組んでいく大きな要素になると思います。
そういう意味でも、若田宇宙飛行士のISS船長就任は大きな節目になると思います。


第39次長期滞在ミッションの成功を祈りつつ、若田ISS船長の活躍に期待します。

|

« H-IIAロケット23号機打ち上げ成功 | トップページ | 4月といえば…… »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/59266493

この記事へのトラックバック一覧です: 若田宇宙飛行士、国際宇宙ステーション船長に就任:

« H-IIAロケット23号機打ち上げ成功 | トップページ | 4月といえば…… »