« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

長く続けること

総選挙も終わっていろいろ変わるみたいです。
常々思っていたことがあります。今の状況変えるには何をすれば良いか。何かひとつあげるとすれば次のことやれば良いと思います。

「国家公務員・地方公務員の人事異動間隔を最低8年、出来れば10年以上にすること」

これを真っ先にやれば、やれ人を減らすだ、給料を減らすだ、ということもなくなるのにと考えています。


よく霞ヶ関など2~3年で部署が変わるとか聞きますけど、国の仕事を行うのにたった2~3年やれば出来るものなのか?
仕事を覚えるだけだったら2~3年あれば出来る場合もあるんでしょうけど、仕事を続ける、ということにおいて数年やっただけで次の人に変わることが出来る仕事なのでしょうか?
大企業の上の方々も似たようなサイクルで異動しているようですけど、実際どうなのでしょうか?
もし、仮に2~3年で国の仕事が出来てしまうのなら、学生のアルバイトで国造りを経験させるとかやれば良いのにと思います。


昔聞いた話しですが、あるソフトウェア会社ではノウハウを人につけないようにするため、数年で強制的に部署を変えるそうです。そのため、文書化したりなど大変だと言われていました。
組織を維持するためには、確かにそういう側面はあると思います。「トラックナンバー」という言葉があるとおり、その人に頼らなくても組織を回していけるようにしておかなくてはいけない。

でも、それでうまくいっているのでしょうか? 難しいところですよね。人に技術がつくのであって組織そのものにつくわけではない。でも、その人がいなくなったら失ってしまうのでは立ち行かなくなるのは困る。相反するせめぎ合いがあると思います。


個人的な話しですが、私が参加しているクラブは割と広域にメンバーがいます。地域が異なれば考え方が違うので、まあもめ事やトラブルになるわけです。(向こうから見れば、こっちもトラブルのたねなんでしょうけど)
趣味のクラブだし毎回毎回面倒なことになるんだから切り捨ててしまえ、と私はここ数年主張しておりました。
しかし、主催者はそういう考えではありません。なのでいつまで経っても平行線です。

こんなことをやっていると、他のメンバーから意見が出てくるものです。別に切り捨てなくてもざっくりとした分割でお互いにうまくやっていけばよいのでは、と。
言われてみればそうですよね。私は、なんで趣味でやっていることでトラブルばかり起こす、それでみんなで頭を抱えるなら切り捨ててしまえ、とばかり思い込んでいました。でも、別にお互い嫌いで集まっただけではなく、それぞれ理由があるわけですから、なにもそれがいきなり切り捨てなければならない理由ではないわけです。

私は自分の主張が必ずしも正しいとも思っていませんけど、言い続けていました。その結果、言い続けていたことでどこからか別のアイディアや意見が出てきて、少しはましな方向が見えてくるのかなと目から鱗が落ちた状態です。ある意味長くこだわっていたおかげで、「残す」「残さない」だけではない「その他」が出てきたわけです。


時間をかけられれば、ゆっくりと思いを巡らすことが出来ます。短期間で結果を出さないといけない、みたいな取りあえず形にしたけど後から使えませんでした、のようなことも少なくなると思います。
趣味のクラブの話しと国家の行く末を同じ土俵で考えるのもなんですが、とりあえずひとつのことを長くやってみません?


1年に1回、いつものやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月1日17時25分過ぎの国際宇宙ステーション

年末年始と国際宇宙ステーション(ISS)が見える好条件でした。
年末は天候が悪く観測が出来ませんでした。年明けの1月1日は天候もそこそこ良く見ることが出来ました。

1日のISSのパスは西から南へでした。いつもISSを見ている東の窓からは見えません。
家のベランダは障害物があるものの南側が見えます。深夜や早朝のパスだと近所迷惑で普段は使っていません。今回は夕方のパスだったのでちょっとばたばたしても大丈夫だろうとカメラを用意してISSの通過を待ちました。


20130101
Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM(17mm)
F4.5 ISO100 1秒間露光 139枚を比較明コンポジット

いつもは東側のみで見ていましたが今回は肉眼で西側のマンションから出てきて南側を抜けて南東へ消えていくのを見ることが出来ました。

写真は、カメラを南を向けていたので南南西から南南東の間を行くISSが撮影出来ました。
今年もJAXA<ISSを見よう>と<ToriSat - 国際宇宙ステーションを見よう>などを頼りにISSを見上げてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
正月も過ぎましたので今年のブログはじめです。

去年は思うように記事を書く時間が取れませんでした。
今年はもう少し時間の使い方を気をつけてブログ更新に時間を割いていこうと思います。


今年2013年で気になることといえば最近こんなニュースがありました。
NHKニュース<新型ロケットイプシロン 夏に打ち上げへ
NHK NEWS WEB<イプシロンに注目! 新年の宇宙


まずは、固体燃料ロケット「イプシロン」の初打ち上げがあります。久々の内之浦からの打ち上げでもあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

JAXA、新型ロケット「イプシロン」の開発状況を説明 -打上げは来夏に(前編)
JAXA、新型ロケット「イプシロン」の開発状況を説明 -打上げは来夏に(後編)
2012/10/29 記者説明会(PDF:2.2MB)


それから、日本の若田宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)への再び長期滞在を行います。長期滞在中には、日本人初のISSのコマンダーとして指揮を取ります。
詳しくはこちらをご覧ください。

若田光一宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について


もちろん、この他にも人工衛星打ち上げやISSの補給物資運搬などもあります。
そして、「はやぶさ2」打ち上げの行方も気になるところです。(と、いうかさっさと予算つけて打ち上げましょうよ)

今年も世界の、そして日本の宇宙開発に期待しつつ見ていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »