« 「宇宙基本計画(案)」のパブリックコメント | トップページ | 1秒の物語 »

はやぶさ2機体公開

12月26日、JAXA相模原キャンパスにおいて一次噛み合わせ試験前の小惑星探査機「はやぶさ2」の機体が公開されました。

はやぶさ2 一次噛み合わせ試験前の機体を公開

今年の1月に開発移行が発表されてからひさびさの公式発表。それにしてもJAXAのページだと何が公開されてどんなことが発表された今ひとつ分かりません。
ありがたいことに、ネットにはこのように情報がたくさんあがっています。

宇宙作家クラブ<ニュース掲示板
ただいま村<小惑星探査機「はやぶさ2」報道公開と記者説明会
NVS<【放送予定】12月26日16:00~はやぶさ2 振動試験前の探査機報道公開にともなう記者説明会
マイナビニュース<JAXA、開発中の小惑星探査機「はやぶさ2」を初公開

「はやぶさ」と比べて「はやぶさ2」は、

・Z方向(公開時の写真からいうと高さ方向)が1.1メートルから1.25メートルに(1月の日本電気のプレスリリース<【別紙】 「はやぶさ」後継機の概要(PDF)>だと1.4メートルとなっていますから、製造中に変更があったんでしょうかね?)

・イオンエンジンの推力が8ミリニュートンから10ミリニュートンにパワーアップ。

・ミネルバ級の分離ロボットが1機から3機に。ドイツの小型ランダも搭載予定。

・姿勢制御に用いられるリアクションホイールが3機から4機に(Z軸を二重化)

・小惑星内部の物質を採取するために衝突装置を搭載。

・地球との通信用高利得アンテナは、パラボラアンテナ1機から平面アンテナ2機に。

などなど「はやぶさ2」の詳細が分かってきました。

公開された機体は、衛星バスにあたる主構造体と太陽電池パドルとサンプラーホーンが実際の飛行に使用されるもので、それ以外が試験用のダミーなどが取り付けられてある状態だそうです。

その公開時の写真がJAXAデジタルアーカイブスにアップされています。<フォトアーカイブ→人工衛星・探査機→月・惑星探査機→小惑星探査機「はやぶさ2」


こうやって形になって見えてくると、これから打ち上がるんだと実感が湧いてきます。
実際のところ今後の予算がどうなるか不安だらけです。しかし、現場は着々と進んでいますね。

今後、こういう形での「はやぶさ2」の公開はないそうです。それでもどんな形でも構わないから公開を続けてほしいです。

|

« 「宇宙基本計画(案)」のパブリックコメント | トップページ | 1秒の物語 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/56438806

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ2機体公開:

« 「宇宙基本計画(案)」のパブリックコメント | トップページ | 1秒の物語 »