« JAXA連携企画展「宇宙科学の先駆者たち~糸川英夫と小田稔~」 | トップページ | ヱヴァQ見てきました »

小さな一歩

日曜日、用事先に到着してTwitterを何気なくチェックしたら、訃報、黙祷のTLがどんどん流れています。
その内容を読んで絶句。私もしばし心の中で黙祷しました。


NASA <NASA-Neil Armstrong: 1930-2012

月探査情報ステーション <アポロ11号の船長、ニール・アームストロング氏が死去

CNN <アポロ11号のアームストロング船長、82歳で死去 人類初の月面着陸


ニール・アームストロング船長、一番好きな宇宙飛行士です。
宇宙開発が好きになったきっかけが、アポロ計画の月面着陸。
図書館などで宇宙開発関係の本を漁ればかならずアポロ11号による人類初の月面着陸の本があったものです。同様の本は3~4種類ほどあり、繰り返し繰り返し交互に何度も読んでいました。

そこにはアームストロング船長をはじめとする宇宙飛行士たちの物語がありました。38万キロ彼方の月へ着陸を挑んだ宇宙飛行士たちの活躍は何度読んでも興奮と興味を覚えたものです。

今振り返ると、月着陸に挑み一度目で成功させたのは、アームストロング船長の技量と冷静さがあったからでしょう。見た目は強いアメリカを象徴するヒーローとは結びつきにくいですけど、沈着冷静という枕詞がぴったりな宇宙飛行士だと思います。

また、あの時代に月へ人類がたどり着いていなければ、この星の宇宙開発は少し違ったものになっていたと思います。それが冷戦のあだ花であったとしても。
「あそこへ行ったことがある」という事実は大きな足かせかもしれませんが、新たな推進力でもあるからです。

アームストロング船長は、月面へ第一歩を踏み出した時こう言いました。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である (That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.)」


安らかな眠りと向こうで好きだけ空と宇宙を飛び回れることをお祈りいたします。

|

« JAXA連携企画展「宇宙科学の先駆者たち~糸川英夫と小田稔~」 | トップページ | ヱヴァQ見てきました »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/55523911

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな一歩:

« JAXA連携企画展「宇宙科学の先駆者たち~糸川英夫と小田稔~」 | トップページ | ヱヴァQ見てきました »