« 4月12日18時40分頃の国際宇宙ステーション | トップページ | 東京大学五月祭「2012年空宙(そら)の旅」 »

太陽を撮影してみた

5月21日は日本のかなりの部分で金環日食を見ることが出来ます。
平日ですがなんとか見てやろうと計画中。出来れば写真撮影もしてみたい。
それで13日の昼間に予行演習がてらに太陽を撮影してみました。

2012051301
Canon EOS 7D + SIGMA 150-500mm F5-6.3 OS(439.0)
F6.3 ISO100 露出1/125

撮影には「月刊星ナビ5月号増刊 金環日食を見る」付録の日食観察プレートを用いて「マルチホルダー100」+「マルチホルダー100用アダプターリング」をレンズに取りつけました。
7Dのライブビュー機能のみで撮影してみました。ピントがあまくてぼんやりとした写真ばかりでした。
もうすこし練習してデータを集めないとしっかりとした撮影は難しそうですね。


当日の21日に、私のように金環日食を見てみよう、撮影してみようという方は、ぜひ以下のホームページをご覧になって参考にしてください。

国立天文台<2012年5月21日 金環日食 | 観察方法

アストロアーツ<「金環日食2012」:どうすれば見られるの?安全に観察するための必須事項と観察方法

Gecko's Eyes<太陽を見る時に覚えておいてほしいこと


いずれも金環日食を見るに当たっての大事な注意点が挙げられています。

・とにかく肉眼で太陽を見ない。
・太陽を直接観測する「日食観測プレート」や「日食グラス」以外のもので太陽を見ない。
・「日食観測プレート」や「日食グラス」などを用いても、光をあつめるもの(望遠鏡、双眼鏡、一眼レフカメラなどなど)と合わせて太陽を見ない。


日食は月が太陽を隠す現象ですけど、今回は太陽の全てが隠れるわけではありません。金環日食時でも太陽の明るさはさほど変わりません。
目を痛める、失明する、という危険性を十分に頭に置いて対策しておけば安心して金環日食を見ることが出来ます。

ちゃんと準備して、体感できる天文現象を楽しみましょう。

|

« 4月12日18時40分頃の国際宇宙ステーション | トップページ | 東京大学五月祭「2012年空宙(そら)の旅」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/54705177

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽を撮影してみた:

« 4月12日18時40分頃の国際宇宙ステーション | トップページ | 東京大学五月祭「2012年空宙(そら)の旅」 »