« JAXAの寄附金募集が始まる | トップページ | 『人工衛星の“なぜ”を科学する』 »

JAMSTEC横須賀本部施設公開見学

2012051201

2012年5月12日に開催された海洋研究開発機構(JAMSTEC)横須賀本部の施設公開を見てきました。

この日はちょうど、東京・阿佐ヶ谷ロフトAで「ロケットまつり52」、埼玉・鳩山町のJAXA地球観測センターで特別公開、と行きたいイベントが3つも重なっています。こりゃー距離的にも時間的に先に予約を入れた「ロケットまつり52」一本だよなと考えていました。

しかし、今年のJAMSTEC横須賀本部の公開は、改造後の有人潜水艇「しんかい6500」の初公開と有人潜水艇「しんかい200」との同時公開。「しんかい2000」は、この後新江ノ島水族館で余生を過ごすことが決まっています。

阿佐ヶ谷までの移動時間を計算すると開場と当時に横須賀本部に乗り込んで最初の追浜行きの無料バスに乗れば「ロケットまつり」に間に合うことが分かりました。
それならば、と「しんかい6500」「しんかい200」見学だけに絞り行ってきました。

2012051202
午前9時過ぎに京急追浜駅に到着。駅から無料バス乗り場へ向かってみると「なんじゃこりゃ!?」状態です。行列が出来てます。それもどんどん伸びている……。朝一番に乗り込んでタッチアンドゴーで離脱する計画が早くも破綻。

2012051203
結局バスに乗れたのが9時40分頃。乗るまでに3本のバスを見送りました。
写真は、車内から撮影したバス待ちの列。来た時とは比較にならないくらい列が伸びています。JAMSTECの人気っぷりを見ました。

2012051204
バスに乗れて一安心、と思っていたら横須賀本部へ到着したバスはそのままロータリーを巡って元来た道を戻ります。受付渋滞で待ちの列が施設の外まで伸びていました。バスは列の最後尾辺りで停車。また行列に並ぶことに。

2012051205
受付できたのが午前10時頃。とりあえず施設見学は涙をのんで、潜水調査船整備場へまっしぐらに向かいます。
写真は、岸壁に停泊中の海洋調査船「かいよう」

2012051206
潜水調査船整備場に到着するとなにやら聞こえてきます。

2012051207
しんかい6500の船上にパイロットたちが立っていてなにやらアナウンスされています。
これからマニピュレータの実演が始まるそうです。もちろん見てみました。

2012051208
めったに見られない実演なのでこの人だかり。2本のマニピュレータをさきほどのパイロットたちが操作しています。
バケットからおもりを取り出したりと無骨に見えるマニピュレータからは想像できないスムーズな動きが拝見できました。


こちらの動画は、その一部始終です。手持ちなのであまり見やすくないかもしれませんけどマニピュレータの動きやその解説を聞くことができます。

2012051209
実演後は時間もないので本命のしんかい6500の見学。
2012年3月に大改造を行っています。船尾の推進器を大型1台から中型1台に変更。同じく船尾に水平スラスタを追加。海中での運動性のが格段と向上しています。(詳細はJAMSTECのページ<有人潜水調査船「しんかい6500」の改造について>)

2012051210
こちらは、追加された水平スラスタ。内部は思いの外何もありません。プロペラによる水流が抜けるわけですからシンプルなものです。船首のスラスタと組み合わせてその場でくるっと回頭できるようになったそうです。

2012051211
こちらは、固定式中型推進器。カバーとかなくてむき出し状態。前の旋回式推進器に比べて小さく見えます。でも、推進器自体の数が増えたので操縦性。運動性が向上したそうです。

2012051212
しんかい6500を後ろから見たところ。中型推進器が船尾左右に配置されています。大型の推進器がなくなった分すっきりとした船体に見えました。

うろ覚えですけど確か『深海のパイロット』(光文社新書)の中で、次の潜水調査船は大型主機を持つのではなく多くのスラスターを搭載してより調査をしやすくした方がよい、という内容の文章がありました。それを実現したのがこの改造なんですね。

2012051213
船首側に回って先ほどまで実演を行っていたマニピュレータを見てみました。
遠目で見るよりもやっぱりごっつい。これくらい出ないと海底から岩石など回収できないでしょう。

2012051214
こちらはデモの時にマニピュレータで持ち上げたり蓋を開け閉めしていた機材。マニピュレータの先は爪しかりません。それなのにサンプルを回収するパイロットは器用です。

2012051215
改造後のしんかい6500の全体を写真に収めようとしたんですがこの人の多さで諦めました。写真は開場約20分後です。今回の目玉ですからね。またいつの日かゆっくりと。

2012051216
こちらは、同時公開されていた「しんかい2000」 しんかい6500ほどではないですけど人気者でした。

2012051217
岸壁に停泊していた船舶は「かいよう」の他に海洋調査船「なつしま」もいました。「なつしま」は船内公開をしていました。でも、時間がなかったので外から見ただけ。

2012051218
「かいよう」はちょうど体験乗船に出発するところでした。

2012051219
横須賀本部に来たらこれを見ないと。警備員さんの敬礼。バスの出入り時はかならず敬礼されております。毎回見ていますけどすがすがしい。

2012051220
追浜駅まで戻ってきたらバス乗り場がさらに大変なことに。列がデッキの2階まで伸びていました。凄い人気だな。

このあと電車に飛び乗り無事阿佐ヶ谷で行われた「ロケットまつり」に間に合いました。
正直もっとゆっくり見たかった。でも見ないで諦めていたよりはずいぶん良かったです。この目で「しんかい6500」の変わりっぷりを見られました。

でも、今度はゆっくり見学したいと思います。

|

« JAXAの寄附金募集が始まる | トップページ | 『人工衛星の“なぜ”を科学する』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/55253727

この記事へのトラックバック一覧です: JAMSTEC横須賀本部施設公開見学 :

« JAXAの寄附金募集が始まる | トップページ | 『人工衛星の“なぜ”を科学する』 »