« 千葉県立現代産業科学館ではやぶさ帰還カプセル見てきました | トップページ | 映画「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました »

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』公開記念展示会

2012012001
千葉県立現代産業科学館で小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセルを見た後で東京は池袋のサンシャインシティに向かいました。

こちらで「映画『はやぶさ 遥かなる帰還』公開記念展示会」が行われています。東映が映画「はやぶさ 遙かなる帰還」の撮影に使った実物大の小惑星探査機「はやぶさ」が展示されています。映画で使用された実物大の「はやぶさ」が見られるとあっては行かない理由はどこにもありません。本八幡から池袋へと「はやぶさ」のハシゴをしてきました。

2012012002
JR池袋駅が歩いてサンシャインシティに。中を歩いて行くとひとつ上の階から実物大模型が見えてきました。ネットでも写真が上がっていましたけど、確かに噴水がイオンエンジンの噴煙(!?)のように見えています。

2012012003
地下1階噴水広場のステージ部分に展示されてました。けっこう人が多いので邪魔にならないように撮影するのが一苦労。

2012012004
イオンエンジン部分。近づいてみるとねじ止めしているところが見て取れます。映画用の模型ですから、相模原キャンパルにある熱構造モデルとも武豊はやぶさ実行委員会とも微妙に違っていています。

2012012005
帰還カプセル側から。

2012012006
サンプラーホーンもしっかり作り込まれているようです。

2012012007
太陽電池パドルの裏側。

2012012008
なにげなく置かれている説明を読むと「実際の探査機「はやぶさ」と同じ素材を使用しています」とあります! それは凄い。東映の気合いの入れ方を垣間見ました。

2012012009
はやぶさ実物大模型のそばには東映の映画「はやぶさ 遙かなる帰還」の紹介がありました。

2012012010
映画の各シーンもボードで紹介。

2012012011
HPST(映画「はやぶさ 遥かなる帰還」プロジェクトサポートチーム)の紹介。
映画公開プレ事業として映画のプロジェクトマネージャー渡辺謙さんが小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトマネージャー川口淳一郎先生をはじめ小惑星探査機「はやぶさ」を支えた技術者・研究者が再集結するイベントが行われました。

2012012012
「はやぶさプロジェクトサポートチーム応援フラッグ」
渡辺謙さん川口先生をはじめ各研究所・メーカーの方々のサインが入っています。

2012012013
小惑星探査機「はやぶさ」ミッションの解説ボード
最近はこのタイプが出来たんですね。千葉県立現代産業科学館で行われたはやぶさ帰還カプセル展示でも同じものを見かけました。

2012012014
なぜか会場のそばには「仮面ライダーフォーゼ」が。
はやぶさとフォーゼの前で記念撮影大会状態でした。

2012012015
会場の噴水広場は吹き抜けなので上を見上げると「はやぶさ 遙かなる帰還」の特大ポスターがありました。
このキャスト勢揃いの写真好きです。ただ全員そろっているのでなくて背景が相模原キャンパスの「構造機能試験棟(ロケット・人工衛星の強度などを試験する施設)」です。ちゃんと考えていますよね、東映。

2月11日公開の「はやぶさ 遙かなる帰還」
前評判がだんだん聞こえ始めています。なかなか良さそうな映画のようです。封切りが待ち遠しいです。

|

« 千葉県立現代産業科学館ではやぶさ帰還カプセル見てきました | トップページ | 映画「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/53788309

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』公開記念展示会:

« 千葉県立現代産業科学館ではやぶさ帰還カプセル見てきました | トップページ | 映画「はやぶさ 遙かなる帰還」見てきました »