« 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 | トップページ | はやぶさ帰還1周年記念企画展「宇宙とつながる私たち」 »

夏休みの相模原キャンパス2011

2011120101

夏休みに毎度例年恒例のJAXA「相模原キャンパス」に行ってきました。今年は運の良いことに生協が開いている週に自分が夏休み。お隣の相模原市立博物館で行われている「はやぶさ帰還1周年記念企画展「宇宙とつながる私たち」と合わせて行ってきました。

まずは、「相模原キャンパス」見学から。

2011120102
夏場はJR淵野辺駅から宇宙研までバスを利用します。この日も暑かったですね。バスの中で出発待ちをしていたら目に飛び込んできたのはこれ。てっとりばやくiPhoneで撮影。

思わずTwitterでつぶやきましたけど「神奈川県民はもよりのイトカワに行って税金収めなさい」ってことですね。
ちなみにこのポスターは、「相模原市中央区にある宇宙科学研究所と会津大学の協力で作成された」とありました。

2011120103
相模原キャンパスに到着して見学開始。M-3SIIロケットとM-Vロケットのところに団体様がいました。「はやぶさ以後」はここも観光地化しましたね。

2011120104
展示室に入るとこんなポスターが貼られていました。映画「おかえり、はやぶさ」と「はやぶさ/HAYABUSA」 映画化3本ですもんね。

2011120105
別の場所にはWOWOWの連続ドラマ「下町ロケット」のポスターも。このドラマ見たことないですけど相模原キャンパスで撮影したんでしょうか? ポスターにあるロケットは上半分M-Vロケット下半分H-IIAロケットみたいなカラーリングでした。

2011120106
小惑星探査機「はやぶさ」
来る人はたいだい「はやぶさ」をバックに記念撮影などしてました。盤石の人気者。

2011120107
「はやぶさ」のそばにあったガラスケースには写真が一枚だけ入っていました。「はやぶさ」帰還時のプロジェクトチームの記念写真です。
そのうち、いろいろなものがこのケースで展示されると良いです。

2011120108
こちらは「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」
早く打ち上げて欲しいものです。

2011120109
金星探査機「あかつき」コーナー
「千のあかつき」の一部が展示されていました。

2011120110
小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
なぜ同じものが二つあるかというと、右側のイカロスは裏面に関係者のサインが入った実物の材料(セイル部分)を用いて作られたものだからです。

2011120111
本物の「ペンシルロケット」
(詳細は、ISASニュース第359号<PDF>「ペンシルロケット26号機と嘆きの一言」をご覧下さい)
説明書きには、「飛翔番号26 Half-30s 1955年4月19日11時22分国分寺にて実射」とあります。鏡があって尾翼部分がよく見えます。

2011120112
ジオテイル
これは珍しい。現在も観測を行っている磁気圏尾部観測衛星「GEOTAIL」の模型。

2011120113
赤外線天文衛星「あかり」の後ろに見えるのは、2011年相模原キャンパス特別公開で活躍した「あかりちゃん」ではないですか。
その活躍っぷりはこちらでごらんになれます。<「あかり」ちゃん漫画配信中打ち上げ後の大ピンチ!編(PDF)

2011120114
一通り見終わったので生協に。ゆっくり見られる割には悩んでしまってTシャツくらいしか買いませんでした。
写真は、生協外にあった「ビアパーティー」の写真。クイズとかもやったらしいです。楽しそう。

2011120115
お昼ご飯は、生まれて初めて「ハーベスト」で食べてみました。
辛いもの苦手なんですけど、ここに来たらカレーを食べなくてはいけない気がして(笑)食べました。
今度は「ほっけ定食」ですかね(笑)


大きく展示は変わっていませんけど、細かいところでいろいろ展示が変わっているので定期的に行かなくては。
今年も楽しい夏休みの相模原キャンパスでした。

|

« 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 | トップページ | はやぶさ帰還1周年記念企画展「宇宙とつながる私たち」 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/53609556

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの相模原キャンパス2011:

« 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 | トップページ | はやぶさ帰還1周年記念企画展「宇宙とつながる私たち」 »