« イリジウムフレア | トップページ | 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 »

JAXA相模原キャンパス特別公開2011

今年も、7月30日にJAXA相模原キャンパスで開催されたJAXA相模原キャンパス特別公開「相模原から宇宙大航海へ出発しよう!」に行って来ました。

JAXA相模原キャンパス特別公開「相模原から宇宙大航海へ出発しよう!」
相模原キャンパス特別公開2011、終了

去年のはやぶさ帰還カプセル公開のような度胆を抜く特別なお宝はないのでゆっくり見られるかと思ったら大違い。なんだか今までよりも人が多くて展示などをゆっくり見ることが出来ませんでした。
最近の宇宙ブームのせいか特別公開に足を運ぶ人が確実に増えたんですね。

そういうわけでもっぱら写真撮影と講演会を聞くのがメインになってしまった特別公開でした。でも、それでも楽しいことこの上ないのが宇宙研の特別公開。

いつものように見たものを大量の写真で紹介です。

2011073001
朝一番で行きたかったのですが、会社の健康診断に引っかかって再検査。その結果(なんでもなかった……。なんだったんだ会社の健康診断)を聞いてからJR淵野辺駅へ向かいました。

淵野辺駅の改札を出てみると目の前にあったのがこのでっかいイラスト。(この写真はみかけたときに人が多かったので帰りに撮影しました) はやぶさが帰還してから世の中が(自分的に)一変したのがよく分かります。

2011073002
淵野辺駅からいつものように徒歩で相模原キャンパスへ。10時10分過ぎに到着。10時開催予定が繰り上がって9時35分には開場となっていました。受付を済ませて会場内へ。

2011073003
第1会場「はやぶさ専用入口」
そこそこの列が出来ていました。受付もそうでしたけど売店も人だかり。川口先生の講演会整理券も配布終了とこれはいろいろ諦めないと心が折れました(笑)

2011073004
第1会場「スタンプラリー」
今年は5会場まわって集めると、はやぶさのデザインが完成するスタンプになっていました。
それにしても「ス」ってみたとき思わず笑ってしまいました。もしかして平沢進ファンの仕業?

2011073005
第1会場「赤外線天文衛星あかりイメージギャラリー」
第1会場2階へ上がったところに展示されていました。イメージの横には解説があって見どころなど書かれていました。

2011073006
第1会場「赤外線天文学」
あかりに搭載されている「遠赤外線サーベイヤー」

2011073007
第1会場「赤外線天文学」
床に置かれていた次世代の赤外線天文衛星計画SPICA主鏡実物モデル(3.2メートル)。
右上の赤いはっぴを着た人の足下に「あかり」の主鏡実物モデル(71センチ)があります。でかいですな。早く打ち上げが決まると良いですね。

2011073008
第1会場「赤外線天文学」
赤外線天文衛星「あかりちゃん」の同人誌が配布されていました。(正しくは良い質問したらいただける配布物) 「観測機器が太っているだけで、私やせてるんだよっ!」というコンセプトとお見受けしました。
監修に「村上浩 紀伊恒男」のお名前が。こういうものでも手を抜かない宇宙研はやっぱり好きです。

2011073009
第1会場「太陽系脱出を目指す超長距離通信への挑戦」
やさしい文章で超長距離通信の説明が書かれていて好印象でした。

2011073010
第1会場「衛星運用」
あかつき・イカロスの通信運用スケジュールやはやぶさ帰還時の運用室の様子など流していました。

2011073011
第1会場「衛星運用」
土曜日の午前中はイカロス運用中の臼田宇宙空間観測所の様子を中継していました。
管制室の映像を見ていて思わず写真を撮り直してしまいました。みんなイカロス君の帽子かぶっている!
なんでもあの帽子はファンからの贈り物でそれをかぶって特別公開に“参加”しているとのこと。

2011073012
宇宙科学セミナー整理券待ちの列
整理券待ち開始時刻から10分ほど過ぎて行ってみたらこの列。私のところで170番台。なんとか午後のセミナーは確保しました。

2011073013
M-Vロケット前の「ひまわり作戦」
写真だと分かりにくいですけどひまわりが植えられていました。「植物による放射能土壌の除去」の実験中です。あちらこちらにひまわりが植えられているのをみました。良い成果につながることを祈るばかりです。

2011073014
M-Vロケットの「フェアリング」
第1段第2段ロケットは実機です。ただし人工衛星を覆うフェアリングは鉄板を巻いたダミーです。
でも、そこは特別公開。ちゃんと本物が展示されているところを紹介していました。

2011073015
第2会場「アジア協力推進室 STAR計画」
JAXAが提案したJAXAも含むアジア諸国の宇宙機関が実施する共同プロジェクト。人材育成やアジア太平洋地域の地球観測など目的としているそうです。

2011073016
第2会場「あかつき(2年生)の今そして未来へ」
写真は、金星到着へ再挑戦を続けている金星探査機「あかつき」に搭載されているカメラの実物大模型。
手にとって触れるので大きさなど確かめてみました。

2011073017
第2会場「あかつき(2年生)の今そして未来へ」
あかつき応援グッズの数々。すげーなの一言。左側に少し写っているのが通称「ちょこつきくん」。なるほど太陽電池パドルがチョコなんだ。

2011073018
第2会場「宙(そら)からみたプラズマの世界」
月周回衛星「かぐや」が観測した月のプラズマ環境が紹介されていました。

2011073019
中庭会場「宇宙探査ロボット大集合」
第2会場4階から中庭がよく見えました。こういうアングルからローバーを見たのは初めて。

2011073020
中庭会場「「はやぶさ」アンテナ」
同じく上から見た「はやぶさ」のカプセル着陸場所の割り出しに使用された本物の方向探査アンテナ。

2011073021
第3会場「電気推進」
イオンエンジン運転見学を待つ列。今年は「はやぶさ」とここだけ行列が出来ていました。
列に並んでいる時に壁に貼られている電気推進工学研究室の説明を読んでいまさらびっくり。
「なお「電気推進工学部門」は、文部科学省宇宙科学研究所時代の研究グループの名称で、現在の組織上は正式なものではありません。宇宙科学研究所宇宙輸送工学研究系の國中・西山らで構成する研究グループの通称です」 通称だったんだ……。

2011073022
第3会場「電気推進」
AIAA技術賞の盾の上に展示されていたイラストボード。いろんな方がサインしてあったんだけどどんな代物が質問できず。

2011073023
第3会場「電気推進」
はやぶさでも使用されたイオンエンジンμ10の運転を見ることが出来ます。1秒露光で撮影してみたらきれに撮れていました。

2011073024
第3会場「宇宙農業・ひまわり作戦」
なんでこんなものがここにあるのかと最初はぎょっとしました。

2011073025
第3会場「宇宙農業・ひまわり作戦」
神奈川県立相模原高校の食品化学班が養蚕文化に取り組んでいるそうです。30日の新聞で紹介されていました。良いコラボですね。

神奈川新聞社<「養蚕の灯を消したくない」高校生が宇宙食への可能性研究/相模原

2011073026
第3会場「宇宙農業・ひまわり作戦」
で、その宇宙農業の親分は今年も名調子で一席やっていました(笑)

2011073027
第3会場「磁気プラズマセイル」
「推進力の大きさを体験してみよう」コーナー。これはなかなかよかった。1N(ニュートン)ってけっこうな大きさなんですね。

2011073028
中庭会場「銀河連邦物産展」
いつもは宇宙研の食堂が混んでいるので昼飯抜きでうろうろしています。今年はこちらで食事が出来ました。

2011073029
中庭会場「はやぶささんとイカロス君」
コスプレイヤーの秋の『』さんが相模原市の招待で来ているとは知っていましたがイカロス君まで来ているとは知りませんでした。

2011073030
中庭会場「中央区役所」
相模原市中央区が宇宙かき氷販売やパンフレット配布などで特別公開に参加していました。写真は頂いたパンフレット一式。

2011073031
第4会場「自動販売機」
特別公開前に話題になったJAXAデザインの自動販売機。私は特別公開中第4会場内と第2会場脇で見つけました。

2011073032
第4会場「人工衛星の熱制御技術」
これはよい展示です。大型恒温槽の中の電波天文観測衛星「はるか」(熱構造モデル)

2011073033
第4会場「人工衛星の熱制御技術」
金星探査機「あかつき」の断熱材。はやぶさの断熱材と違うんですよ、と教えてもらいました。スペーサに使用されているネットだと耐熱性と接合・縫合部分で熱リークが大きいので、あかつきではネットの代わりに耐熱温度の高いフォームを使用しているそうです。

2011073034
第4会場「電波無響室」
金星探査機「あかつき」搭載低利得アンテナ。こうみるとイカロスのあれによく似てますね。

2011073035
第4会場「電波無響室」
金星探査機「あかつき」電波試験用モデル(だと思われます)

2011073036
第5会場「イプシロンロケット」
行ってみたら特別講演が始まっていた。というかいつもは午後から始まるのに今年は午前10時半から始まっていた……。これを楽しみにしていたのに~。

2011073037
第5会場「イプシロンロケット」
講演の途中から聞いたので不確かですが、<イプシロンロケット模擬射点音響環境計測試験の実施結果について(第1シリーズ)>について話されていました。
イプシロンロケットは、発射台の下を掘り抜いたりウォーターカーテンを用いるのではなく、写真にある電話ボックスみたいな(とかいっていました)台の上にロケットを配置してなんとかするらしいです。

2011073038
第5会場「イプシロンロケット」
もうひとつ聞けた講演が次世代型へつながるイプシロンロケットの話し(だと思う)
イプシロンロケットもだんだん諸元が決まってきてますます楽しみに。それからすでに次世代型まで視野に入れているとは。早く打ち上がってほしいですね。

2011073039
第5会場「火星探査航空機」
今年初めて見た展示。実物大模型だそうです。まだまだ先の計画でしょうけど火星の空を飛ぶ日が来ると良いですね。

2011073040
第5会場「はるかなる宇宙と会話する宇宙通信」
うすださんで有名な臼田宇宙空間観測所64メートルアンテナの模型。建設当時の映像が流れていてちょっと見入ってしまいました。

2011073041
宇宙科学セミナー「「あかつき」、金星への帰還」
「あかつき」プロジェクトマネージャ中村先生の講演。
金星探査の意義やあかつきの運用について、今後の予定などお話しがありました。講演の中では、特別なスライドもあって有意義な講演会でした。

セミナーの後には1936年製作の映画「黒い太陽」上映がありました。戦前の映画でも皆既日食を見事に捉えていました。白黒映画でも科学映画は面白いです。

2011073042
中庭会場「JAXAクラブエッグドロップコンテスト」
中村先生の講演後会場を歩いていたら盛り上がっている場所がありました。
中庭横の建物でエッグドロップコンテストが行われていました。

見ていたら結構楽しかったのでいくつか動画撮影してみました。
手持ちのデジカメで撮影したのでちょっと揺れていますけど当日の楽しさは伝わると思います。


2011073043
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
あちらこちら見て回っていたら残り数十分になったので慌てて第1会場へ。
今年も大人気の「はやぶさ」でした。
ブースでは10月1日公開の20世紀フォックスの映画「はやぶさ/HAYABUSA」の紹介もやっていました。

2011073044
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
はやぶさのカプセルを回収の際に着用された「安全防護服」
こういうものもちゃんと公開してくれるところがうれしいですね。

2011073045
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
これはすごい。「はやぶさ2」を応援してくれる方たちに「はやぶさ2」プロジェクトメンバーからのお礼のメッセージ。

2011073046
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
ふと足下をみるとこんな写真が貼ってありました。気分は小惑星「イトカワ」探査です。

2011073047
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
小惑星「イトカワ」サンプル分析状況。震災の影響で作業が遅れていますが少しずつ進んでいるようです。

2011073048
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
小惑星探査機「はやぶさ2」(10分の1)の模型。
よくみると初代「はやぶさ」と細かいところが違います。打ち上げが楽しみな探査機です。

2011073049
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
「はやぶさ2」が目指す小惑星「1999JU3」(6000分の1)モデル。
これは初めて見ました。しかし、だれもこの形をしているとは思っていないんだろうな(笑)

2011073050
第1会場「はやぶさ」「はやぶさ2」
「はやぶさ2」プロジェクトへ送られたファンからのメッセージ。

2011073051
第1会場「ペネトレータ」
涙なしでは見られない年表。でもまだまだチャンスはあります。

2011073052
第1会場「SELENE後継月探査計画」
月面サバイバルモジュール試作機。「全てはここから始まった…」と紹介されていました。原子力電池を使わない月面越夜を行う世界初の試みの月面観測機器。もちろん試作機なので熱構造モデルなんでしょうか。

2011073053
第1会場「宇宙帆船ソーラーセイル」
今年の「イカロス」関係の展示は、ロビー奥側に集中していました。相模原市立博物館でも展示しているからでしょう。

2011073054
第1会場「宇宙帆船ソーラーセイル」
薄膜太陽電池。帆の薄さに比べればやっぱり厚く見えます。でも、これでちゃんと宇宙で発電するんですからすごい。

2011073055
「生協販売」
ときどき覗いてみました。Tシャツがほしかったのですが売り切れていたりサイズがなかったりでがっかり。今年はいろいろ買い損ねたな。


今年もやっておりました。こっそり撮影シリーズ。
スタッフの方には比較的断ってから撮影したのですが、ファンが作られたグッズと思われるものもあってなにがなにやらの状態でした。(すみません)

2011073056
赤外線天文衛星「あかり」

2011073057
金星探査機「あかつき」
数年前に作られた物でこのデザイン好評だそうです。

2011073058
小惑星探査機「はやぶさ」
この色のバージョン初めて見ました。特別バージョン?

2011073059
ひまわり作戦

2011073060
小惑星探査機「はやぶさ」

2011073061
小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」

2011073062
月周回衛星「かぐや」


ファンが作られたグッズもいろいろありました。

2011073063
第3会場前で見かけた「イオンエンジン」
とても段ボールで作られているとは思えない出来でした。

2011073064
第4会場でみかけた「イトカワ」Tシャツ
ほかにも「イカロス」Tシャツに「おかえりはやぶさ兄さん」と書かれたTシャツを見かけました。


今年はほとんど開催時間中相模原キャンパスにいたにもかかわらず展示をゆっくり見られませんでした。水ロケットも相模原市立博物館にもいけなかった……。人が多かったせいもあるかもしれませんが展示や講演内容を考えると1日で見て回れない気がします。見学中に来年からは2日間とも行かねば、と思った次第です。いや本当に。(実際ネットやTwitterを見ていると2日間参加している人も多かったようです)

なんだかんだ言っていますけど、それでも楽しい宇宙研の1日でした。

|

« イリジウムフレア | トップページ | 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/52413462

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA相模原キャンパス特別公開2011:

« イリジウムフレア | トップページ | 企画展「さぐれ!月を 惑星を」 »