« サービスを切り替える | トップページ | 地球観測センター施設一般公開 »

7月2日20時過ぎの国際宇宙ステーション

古川宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を始めて約3週間後の7月2日20時過ぎにうちからもISSを見られるチャンスが巡ってきました。

いつものようにデジカメを用意してその時を待ちました。

2011070201

2011070202

2011070203

2011070204

2011070205

いずれも以下の条件で撮影。
Canon EOS Kiss Digital X + EF-S17-55mm F2.8 IS USM(17mm)
F5.6 ISO400 10秒間露光
画像データはRAWからJPEGに変換して縮小しています。
撮影時間帯は20時8分から9分です。


晴れていれば安定感のISS撮影です。
あの光の中に古川宇宙飛行士たちがいるんですよね。長い時間見られるとそんなことを考える余裕があります。

肉眼ではさっぱり見えなかったの星が画像上ではけっこう見えています。
星もISSと合わせてきれいに撮れるよう精進しないと。

|

« サービスを切り替える | トップページ | 地球観測センター施設一般公開 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/52295235

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日20時過ぎの国際宇宙ステーション:

« サービスを切り替える | トップページ | 地球観測センター施設一般公開 »