« トークマスターのリコール | トップページ | 「あかつき」金星周回軌道投入ならず »

「あかつき」金星軌道投入の経過

7日22時からの「あかつき金星周回軌道投入に関する記者会見」をニコニコ生放送で見てました。
現状は、「あかつき」の状態確認とそれに併せて軌道決定の算段というところでしょうか。
詳しくは、もうちょっと待って、というところです。

JAXA公式プレスリリースは、今のところ以下の通り。
お知らせ(9:15発表) <金星探査機「あかつき」の軌道制御エンジン(OME)噴射開始及び金星による掩蔽に伴う通信中断について>(PDF)
お知らせ(11:20発表) <金星探査機「あかつき」の状況について>(PDF)
おしらせ(23:00発表) <金星探査機「あかつき」の状況について>(PDF)


プレスリリースの情報があんまりなので詳しくはこちらを参考にしてみてださい。
Togetter - <2010年12月7日13時探査機あかつきの状況会見etc
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」16時の会見
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」19時の会見
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」22時の会見と宇宙クラスタつっこみ


金星探査機「あかつき」は、予定通り午前8時49分に軌道制御エンジンを噴射して金星周回軌道投入を開始しました。
午前8時50分に「あかつき」は地球から見て金星の裏側に入り込むので通信途絶。
ここまでは予定通りでした。

しかし、通信回復するはずの午前9時12分を過ぎても通信が成立せず、午前10時28分になってやっと「あかつき」からの電波を受信にいたりました。
どうやら、通信途絶後にどのタイミングでなのかわかりませんが、「あかつき」自らの判断でセーフホールドモードに入っていたようです。

このイベントの目的である金星周回軌道投入についてはまだ分かっていない状態です。
「あかつき」は、セーフホールドモードで飛行中。3種類あるうちの一番通信しやすいがたいしたデータをやり取りできない低利得アンテナで通信。
現在、運用チームは「あかつき」の状態を取得すべく運用しているようです。

「あかつき」自体の健全性は問題ないと会見でありました。ひとまずこれは収穫ですね。探査機が生きていれば打てる手はたくさんある。
あとは、現在の軌道がどうなっているのが分かるのは、22時の段階でおよそ12時間後と言われていました。
まあ1~2日くらいは待つつもりでないと。

22時の定時記者会見を開いた「あかつき」プロジェクトチームは見事です。本来なら管制室に張り付いていないといけないのにちゃんと説明責任を果たしたと思います。本来だったら金星周回が分かって穏やかな会見だったのに、分かっていることは話されて分からないことはきっぱりと。

つい、「はやぶさ」の成功で、数年前まではこのような事態になれっこだったことを忘れていましたね。
いずれ詳細が発表されるでしょう。それまで今まで出てきている情報からあれこれ想像・予想したり、分からないことがあったら調べておいて、いざ発表があったら「なるほど、そういうこと or 作戦があったか!!」という朗報を待ちましょう。

「あかつき」でやるとは思っていませんでしたけど……。
いつものやつを。

待っているぞ「あかつき」
がんばれ「あかつき」!
がんばれ「あかつき」に関わるすべての人たち!!

|

« トークマスターのリコール | トップページ | 「あかつき」金星周回軌道投入ならず »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/50241457

この記事へのトラックバック一覧です: 「あかつき」金星軌道投入の経過:

« トークマスターのリコール | トップページ | 「あかつき」金星周回軌道投入ならず »