« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

「はやぶさ」の書籍たち

今年2010年は、私にとって6月13日を境に世界が変わったような年でした。

通常、ロケットや人工衛星の書籍は年1~2冊発売されれば良い方でした。そうでなければ、天文関係の書籍に観測装置として探査機や人工衛星が紹介されれば御の字でした。

小惑星探査機「はやぶさ」が帰還してからものすごい勢いで書籍が発売されています。
7月下旬に山根一眞さんの書籍を皮切りになんですかこの数は。
うれしい悲鳴とはこのことですね。
この半年でこれだけ出版されていました。
(リンク先はすべてamazonです)

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)

小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡

小惑星探査機「はやぶさ」宇宙の旅

小惑星探査機 はやぶさ物語 (生活人新書 330)

大人のプラモランドVOL.3小惑星探査機はやぶさ(夜光バージョン)(ロマンアルバム) [ムック]

はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話

帰ってきた「はやぶさ」-小惑星探査機 7年60億キロの旅

はやぶさLOVE講座(ロマンアルバム)

カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)


雑誌の特集などや天文関係で「はやぶさ」に取り上げた書籍など入れたらまだまだあります。
主なものでこれだけありました。

太陽系大紀行 (岩波新書)

いのちの絆を宇宙に求めて -喜・怒・哀・楽の宇宙日記3-

宇宙をつかう くらしが変わる (日本の宇宙産業)

宇宙と地球を視る人工衛星100 スプートニク1号からひまわり、ハッブル、COBE、WMAP、はやぶさ、みちびきまで (サイエンス・アイ新書)

日経サイエンス 2010年 09月号 [雑誌]

宇宙大航海 日本の天文学と惑星探査のいま(別冊日経サイエンス175) (別冊日経サイエンス 175)


すでに2011年も数冊出版されることが分かっています。どこまで行くんでしょうね、このフィーバーというかブームは?

子供の頃、図書館などで繰り返しアポロ11号の月着陸の書籍を読んでいました。たしか3~4冊ほどあったと思います。そういう本を読むことで宇宙開発への興奮や興味がどんどん深くなっていったのを覚えています。
今は、インターネットを使えばかなり精度の高い情報を得ることが出来ます。でも、手元に置いてどこでも手軽に読むことの出来る書籍の存在は今でも侮れないものです。

「はやぶさ」の書籍たちを読んでいて、あの頃の興奮を思い出しましたよ。
これらの本が後どれだけ発売され続けるか分かりませんけど数冊は生き残るはず。それを手にした人が「はやぶさ」を通してロケットや人工衛星・探査機から宇宙開発に興味を持ってくれる人が現れるでしょう。「はやぶさ」の書籍たちがその良いきっかけになると良いですね。

これから「はやぶさ」の書籍たちを契機に他の人工衛星や探査機、ロケットなどの書籍も発売されたら嬉しいですね。
日本の宇宙開発は、こんなに面白いこと凄いことをやっている、それに携わっている人たちにもさらに輪をかけて凄くて愉快な話しがあること、その話しがもっと世間に広まって宇宙開発の関心が深く広くなればこの上ないですね。


そうなることを期待しつつ今年最後のブログ更新です。
来年もいろいろ見聞きして体験してブログの更新(ぼちぼちですけど(笑))をしていきたいと思います。
それでは良い年末年始をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAXAi閉鎖に思うこと

2010122801

12月28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の広報施設「JAXAi」が閉鎖となりました。
ご存じ事業仕分けによる廃止判定を受けての閉鎖です。

JAXA i 閉館 今までありがとうございました
「JAXA i」が6年の歴史に幕 - ファンに惜しまれながらも仕分けで閉館に

なんだかんだでこまめに足を運んだ施設だったのでこの閉鎖は悲しいものでした。
28日は、クロージング特別イベントにこそ参加出来ませんでしたけど、会社の仕事納めが早く終わったので夕方から小一時間ほど立ち寄ってきました。

続きを読む "JAXAi閉鎖に思うこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ゴーストハント1 旧校舎怪談』

『ゴーストハント』漫画版の最終刊が発売され、これでもうこの作品ともお別れかと思ったら。
小野不由美さん関連情報>経由<WEB 幽 - ゴーストハント>で知りました。

あのゴーストハントが完全版として単行本化!
もう、うれしくて仕方がありません!!

『ゴーストハント1 旧校舎怪談』
(小野 不由美著 ISBN978-4-8401-3594-8 メディアファクトリー)

親本(『悪霊がいっぱい!?』)が出版されてから20年以上経っているんですけど全然気になりません。
今だとライトノベルのジャンルに相当するんでしょうけど、この作品はその域に収まるものではないのは親本も完全版も同じことです。
完全版は、なんだか読みやすいですね。ストーリーは若干肉付けされている程度で同じはずなのに完成度があがったというか、少女小説の枠が取り外されたことで話しの内容に厚みが出たからでしょう。

ホラー小説はあまり読んでいないのでジャンル的に詳しいことを知りません。でも、この作品は単純なホラー作品でないことが分かります。
超心理現象が「ある」「ない」という観点ではなく、科学として超心理現象を捉えるために科学的手法でこの現象を調査するいう姿勢は何度読んでいて心地よいですね。
ミステリー小説としてもこの作品を読むことが出来ます。超心理現象を事件としてゴーストハントの面々が探偵役として推理・解決していく。ホラー小説を読んでいるのに奇麗に解決されていく件はミステリーそのもの。

もちろん、それだけではないのがこの作品の凄いところです。それは読んでのお楽しみです。最初から最後まで順番に読んで最終巻でなにが起きるか自分の目で確かめてください。

親本も漫画版も持っていますけど、再度この完全版を読んでいきます。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ゴーストハント』12巻

大団円の完結編です。
足かけ12年ですか。でも、待った甲斐がありました。

『ゴーストハント』12巻
(小野 不由美原作 いなだ 志穂漫画 ISBN978-4-06-358329-8)

漫画は発売直後に読みましたがドラマCDは最近聴く時間が出来たのでやっと“読了”です。
いや、見事な漫画化とドラマCD化です。
最後の謎解きを原作の雰囲気を崩すことなく描かれています。原作を読んだのはだいぶ昔だけどあのときの衝撃が甦りました。

ドラマCDは、限られたの時間の中でホラーとミステリーパートをドラマ化しています。活字から想像された世界が声優さんたちの名演技で新たな形で浮かび上がってきます。ぼーさん格好良すぎです。

良いミステリーは筋が分かってもトリックを知ってしまってもそれでも何度でも楽しめるものです。
この漫画もその仲間入りですね。


この作品を漫画化という形で読めることを改めてかみしめることの出来た最終刊でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日17時過ぎの国際宇宙ステーション

クリスマス・イブに続いて26日も国際宇宙ステーション(ISS)を見るには絶好の条件がそろっていました。
しかし、うちからISSが見える方角がマンションが建っている西側。マンションの廊下側が見えるので電灯が煌々としていて最悪。

関東地方では今年最後のパスになるのでぜひ撮影した。夕方だったのでベランダにカメラ一式出して撮影してみました。西側はマンションの明かりがどうにもならなかったので諦めて、西北~北方向にカメラを向けて撮影に挑戦してみました。

続きを読む "12月26日17時過ぎの国際宇宙ステーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月24日18時過ぎの国際宇宙ステーション

クリスマスイブの24日18時17分すぎから国際宇宙ステーションが見られるとありました。
仕事の休憩時間に手持ちのデジカメで撮影してみました。

2010122411

2010122412

いずれも以下の条件で撮影。
FUJIFILE FinePix F10 8.0mm~24.0mm(8.0mm)
ISO100 15秒間露光

デジタル一眼レフと違って方向や角度がうまく出せないのでおおよその位置で待ち構えていました。
見えた段階でそちらに慌ててカメラを向けて撮影してみたら、予想時間中4枚撮れていました。
そのうちまともな2枚がアップしたものです。
ISSってやっぱり明るいんですね。コンパクトデジタルカメラでもここまで写るんですから。

それにしてもクリスマスの時期に粋な計らいですよね。
では、改めてメリークリスマス!
みなさま良い週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千羽あかつき

12月17日、JAXAから金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入失敗について経過報告がありました。

JAXAプレスリリースより
「あかつき」の金星周回軌道投入失敗の状況について

松浦晋也のL/Dより
12月17日午後6時からのあかつき事故原因究明の記者会見

Imamuraの日記より
あかつき記者説明会「金星周回軌道投入失敗の状況について」

「あかつき」から得られたデータに基づいて、軌道投入失敗の原因の絞り込みが始まった段階です。考えられる項目を洗い出し、最初の取っかかりの整理が出来はじめているようです。
並行してこれから6年間の金星周回軌道再投入に向けての健全性の確認もしているようです。


そんな中「JAXAi」では「千のあかつき」キャンペーンが12月28日まで行われています。
あかつきの再挑戦を祈って千羽鶴ならぬ「千羽あかつき」をペーパークラフトで作ろうという企画です。

ペーパークラフトはこちらからダウンロード出来ます。
あかつき特設サイト 壁紙&ペーパークラフト

あかつきくんバージョンはこちらからダウンロードできます。
月探査情報ステーション 「千のあかつき」キャンペーン

私もさっそく作ってみました。

続きを読む "千羽あかつき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あかつき」金星周回軌道投入失敗の続報

10日の午前10時から金星探査機「あかつき」軌道投入失敗の記者会見がありました。
投入失敗の原因はまだ分かっていませんがそのきっかけとなった現象が分かってきました。
また、9日の記者会見で発表された情報に間違いがあったことも分かりました。

松浦晋也のL/Dより
あかつき金星周回軌道投入失敗、12月10日午前11時からの記者会見

Togetter - <あかつき #akatsuki 金星軌道投入にかかる記者会見の中継 2010-12-10 11:00

9日の段階でスラスターの損傷が原因ではと頭によぎっていました。しかし、10日の発表内容を見る限りその線は薄いようです。
では、軌道制御エンジンが予定の時間より短い時間で停止してしまった要因である「なぜ燃料タンクの圧力がさがったか?」は、これからの解析を待たないと分かりません。
原因究明の確かな手がかりがひとつ見つかった。でも、それだけではすべてを説明出来ない。まだまだ調べないと、いうところです。

さらに、噴射後にX軸周りに5秒で1周するということはなく、角度にして42度の変化があったことが分かりました。
いずれにせよなんでこんなことが起きたかもまだ分かっていません。
軌道制御エンジン噴射時の姿勢制御エンジンの異常噴射でも起きてないとあり得ない現象です。

10日に分かった燃料タンクの圧力低下から無理矢理考えて見るとこんなことが起きたんでしょうかね?
圧力低下で燃料燃焼が正常状態でなくなる。→酸化剤が供給過多状態のまま燃焼噴射。→燃焼に使われなかった酸化剤がLITVC(*)の役割を果たしてしまった。→その結果推力偏向が起きてX軸周りに運動してしまった……?
(* LITVC:ノズル内部への液体噴射による推力方向制御<Liquid Injection Thrust Vector Control>はなんと説明すれば良いのだろう? 調べてみても分かりやすい説明が見つからなかった。噴射しているガスに一方方向から液体吹きかけると推力に偏りが起きるのでノズルが固定されていても推力方向を変えられる装置、と思ってください)

ただし、ネットを見ているとすでに同じようなことを専門的に考察されている方がおられて、この説だと運動量を説明出来ないようです。Togetter - <あかつきトラブルの原因考察


それから、あかつきはひとまず去りゆく金星を撮影してくれました。
宇宙科学研究所トピックスより
「あかつき」の機能確認作業において金星を撮影!
本当に探査機本体に問題はないようです。金星周回時の画像が楽しみです。


金星探査機「あかつき」は6年後に再度の金星周回を目指しています。
ひとりで飛んでいるけど独りぼっちではない探査機です。プロジェクトは続行中です。
そのうち、今回の投入失敗の原因・現象の特定がされて発表があるでしょう。
それを待ちつつ、当事務所は6年後の金星到着、2年間の観測終了まで応援していきます!

続きを読む "「あかつき」金星周回軌道投入失敗の続報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都民じゃないけど他人事ではないこと

最近の東京都青少年育成条例の騒ぎを見ているとこの二つのことが頭に浮かびました。

続きを読む "都民じゃないけど他人事ではないこと"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「あかつき」金星周回軌道投入ならず

12月7日に金星周回軌道に入るべく軌道制御エンジンを使用して金星周回軌道投入マヌーバ(VOI-1)をおこなった金星探査機「あかつき」は、計画通りの軌道に入らずに金星周回に到りませんでした。

JAXA公式プレスリリース
金星探査機「あかつき」の金星周回観測軌道投入(VOI-1)の結果について
金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入結果について

詳細は記者会見や記者レクチャーで語られています。こちらが参考になります。
Togetter - <金星探査機「あかつき」軌道投入失敗・記者会見
Togetter - <金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入失敗に関する記者会見まとめ


午前11時の記者会見に宇宙研所長自ら姿を見せられると分かった段階でいやな予感はしました。外れてほしかった。
前日の段階では、アンテナ追跡の予報値とそれほどずれていないところを「あかつき」が飛行しているように解釈できたので1周4日よりも遙かに日数が増えた軌道に入れたものだと思っていました。

実際は、軌道制御エンジン噴射開始2分30秒後に、X軸周りに探査機が回転している状態になり、探査機が自律的にセーフホールドモードに入ったことが判明。そのため減速が十分でなく「あかつき」は金星周回軌道に入れず太陽を周回する軌道に入ってしまいました。
車で走っていて加速(本当は減速ですけど)しだしたら、いきなりスピンが始まってしまった。事故らないように安全を確保したらコースアウトしてしまった、という感じですかね。

しかし、6年後に金星と再接近するチャンスがあり、再び金星軌道に投入を検討しているそうです。
現在は、探査機自身の健全性の確認が最優先。その後で金星投入・観測への道筋が示されると思われます。
「あかつき」プロジェクトチームがまだまだあきらめていないのが頼もしいではないですか!


「あかつき」は生きているし、通信も姿勢制御も出来ている。
これが分かっただけでも全然違います。打てる手に幅が広がったと思います。
心配なのは、セーフホールドモードに入った予想外の姿勢の乱れです。いったい何が原因なのか。
考えられる最悪の原因は、軌道制御エンジンのスラスタ部分に損傷が発生したことです。これだと6年後に金星に再接近しても金星周回軌道に投入できない、かも。

前日の段階で個人的には、軽い探査機に500N級ものでかいスラスターを積んだから、マヌーバ終了間際に姿勢擾乱が激しくなり、それが原因でセーフホールドモードに入ったのかと予想していました。予想が良い方に外れることを期待していたんですけどね。
今回の原因がスラスターの損傷でないことを祈るばかりです。

まだ、詳しいデータが「あかつき」から地上に送られてきていないのでなんの断定も出来ません。
今回は幸いなことに時間が味方です。原因を追及し策を打つ時間は充分あると思います。

6年間は長いけど待ちましょう。
これから出てくる情報は良いものばかりではないでしょう。でも。その分学ぶもの考えるものが増えるという財産が出来ると思います。

予想外の長旅になってしまいました。
なんだかんだでよい旅だったねと言えるようにみんなで応援しましょう。


がんばれ「あかつき」!
がんばれ「あかつき」に関わるすべての人たち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あかつき」金星軌道投入の経過

7日22時からの「あかつき金星周回軌道投入に関する記者会見」をニコニコ生放送で見てました。
現状は、「あかつき」の状態確認とそれに併せて軌道決定の算段というところでしょうか。
詳しくは、もうちょっと待って、というところです。

JAXA公式プレスリリースは、今のところ以下の通り。
お知らせ(9:15発表) <金星探査機「あかつき」の軌道制御エンジン(OME)噴射開始及び金星による掩蔽に伴う通信中断について>(PDF)
お知らせ(11:20発表) <金星探査機「あかつき」の状況について>(PDF)
おしらせ(23:00発表) <金星探査機「あかつき」の状況について>(PDF)


プレスリリースの情報があんまりなので詳しくはこちらを参考にしてみてださい。
Togetter - <2010年12月7日13時探査機あかつきの状況会見etc
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」16時の会見
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」19時の会見
Togetter - <「JAXA金星探査機あかつき経過説明」22時の会見と宇宙クラスタつっこみ


金星探査機「あかつき」は、予定通り午前8時49分に軌道制御エンジンを噴射して金星周回軌道投入を開始しました。
午前8時50分に「あかつき」は地球から見て金星の裏側に入り込むので通信途絶。
ここまでは予定通りでした。

しかし、通信回復するはずの午前9時12分を過ぎても通信が成立せず、午前10時28分になってやっと「あかつき」からの電波を受信にいたりました。
どうやら、通信途絶後にどのタイミングでなのかわかりませんが、「あかつき」自らの判断でセーフホールドモードに入っていたようです。

このイベントの目的である金星周回軌道投入についてはまだ分かっていない状態です。
「あかつき」は、セーフホールドモードで飛行中。3種類あるうちの一番通信しやすいがたいしたデータをやり取りできない低利得アンテナで通信。
現在、運用チームは「あかつき」の状態を取得すべく運用しているようです。

「あかつき」自体の健全性は問題ないと会見でありました。ひとまずこれは収穫ですね。探査機が生きていれば打てる手はたくさんある。
あとは、現在の軌道がどうなっているのが分かるのは、22時の段階でおよそ12時間後と言われていました。
まあ1~2日くらいは待つつもりでないと。

22時の定時記者会見を開いた「あかつき」プロジェクトチームは見事です。本来なら管制室に張り付いていないといけないのにちゃんと説明責任を果たしたと思います。本来だったら金星周回が分かって穏やかな会見だったのに、分かっていることは話されて分からないことはきっぱりと。

つい、「はやぶさ」の成功で、数年前まではこのような事態になれっこだったことを忘れていましたね。
いずれ詳細が発表されるでしょう。それまで今まで出てきている情報からあれこれ想像・予想したり、分からないことがあったら調べておいて、いざ発表があったら「なるほど、そういうこと or 作戦があったか!!」という朗報を待ちましょう。

「あかつき」でやるとは思っていませんでしたけど……。
いつものやつを。

待っているぞ「あかつき」
がんばれ「あかつき」!
がんばれ「あかつき」に関わるすべての人たち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »