« 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還 | トップページ | 「STS-131記念カバー」のスペースカバーが届く »

「はやぶさ」の先へ

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還後に出張が入り1週間近くネットが自由に使えませんでした。
帰ってみるとまあすごいこと。ちょっとした“情報爆発”みたいですね。
内容の善し悪しは置いておいて、「はやぶさ」や日本の宇宙開発に関する情報が色々読めるなんて想像していませんでした。

そんな中で「はやぶさ2」の話しがあがっています。何度も出ては消えかかりそうになったプロジェクトですけど今度はどうなるのでしょうか。

「はやぶさ2」を打ち上げることに賛成です。というかさっさとやっていれば……という思いの方が強いです。
それはさておき、「はやぶさ2」をやるべきメリットをいろいろあります。それらの意見以外にも自分なりに考えるとこんなことでしょうか?


・「はやぶさ2」にお手本に必要なミッションが立ち上がった時に「緊急発進」出来る体制を作るチャンスである。
探査機・衛星を作るのに5年ほどかかりますから何かあってすぐに打ち上げることは無理です。でも、急に立ち上がったミッションを行える体制や枠組みを作れれば日本の宇宙開発の強みになるんでないかと。


・既存のミッションを繰り返して行える前例が作れる。
「はやぶさ」と同じことやってどうすんだ?とありますけど、新しいことやらないと予算がつかない状況もどうかと思います。宇宙科学ですから常に最先端や世界で一番狙うのに新しいことに挑戦することは分かります。でも、分かったことの蓄積の意味で同型機を打ち上げることも必要だと思います。
「はやぶさ2」には、「はやぶさ」が探査を行った種類とは別の種類の小惑星に向かいます。ちょっとこの意見は的外れかもしれません。

日本の衛星・探査機は、総じてミッション達成後寿命が尽きた後しばらくしてから後続のミッションが立ち上がります。この空白期はなんとももったいない。こういうことが起きているから新しいことしか出来なくなる足かせになっていると思います。


メリットを書いてばかりでもなんなのでデメリットをひとつ。

・2014年まで時間が少ないこと。そんなこと気にしない政治利用される可能性があるのでは?
帰還直後の彼らの発言を見てると、あの人たちは逞しくて嗅覚だけは鋭いとつくづく思いました(笑) これは怖い。
例えば、今年度だめでも来年度大臣折衝みたいな形で復活したからやれ!とかなって、無理やり作ってミッションが失敗、とかならないかと心配です。
これだと、「はやぶさ2」賛成派・反対派両方にとって不幸なことです。チャンスをものに出来なかったから総じて削減とか喰らいたくないです。


「はやぶさ2」の話しは、ひとつのミッションが持ち上がったことに終わらせるのではなく、小惑星探査シリーズ以外にも「次へ」をもたらす話しだと思います。「はやぶさ2」だけで終わらせるのはもったいない。日本の宇宙科学・宇宙開発を支える柱は何本でもあることに超したことはないですから。

衛星・探査機をばんばん(でもないか……)打ち上げてもそれを利用できる人が少ない、そもそもいないとかあります。でも、利用する人の枠組みを広げる、そうなる環境作りの一歩として「はやぶさ2」は有効ではないかと思います。

「はやぶさ」が残してくれたことを大切にして次へ向かいましょう。

|

« 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還 | トップページ | 「STS-131記念カバー」のスペースカバーが届く »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/48738797

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」の先へ:

« 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還 | トップページ | 「STS-131記念カバー」のスペースカバーが届く »