« 「はやぶさ」地球帰還秒読み段階 | トップページ | 平成22年度「科学技術週間」筑波宇宙センター特別公開 »

映画『シャーロック・ホームズ』

見てきたのはだいぶ前ですけどこれは書いておかないと。
映画化されるとは聞いていました。でも、なかなか進行していないようでこれはないと踏んでいたらいつの間にかに公開開始でした。

映画『シャーロック・ホームズ』オフィシャルサイト

ホームズの映画を見るのは「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」以来です。
見に行く前に色々評判が聞こえてきました。真っ二つというか原作から見ればあれはなんだ!?と別物としてみれば良くできている、でした。

実際に見た感想は、パスティーシュとして研究されているし良く出来た作品。原作がどうのこうのはあるけれどそれでも楽しめた、です。
多分そんな風に楽しめたのはアニメ「名探偵ホームズ」が好きだからでしょう。登場人物がすべて犬になっているけどホームズ物としてしっかり作られている。ドタバタコメディやりながら推理物としてストーリーが良くできている。原作のネタもあちらこちらにあってファンの楽しめます。(レストレード警部の「お前、原作読まなかったのか!」とかありました)

今回の映画・アニメに共通しているのは、ホームズ・ワトスンの“コンビ”が原作を彷彿させます。
世界最初の諮問探偵ホームズと医師でホームズの手伝いをするワトスン。ただの探偵と助手ではありません。各々なんだかんだで助け合って事件を解決していくかけがえのない二人です。
ホームズ物は、推理小説だけど史上最強・最高のコンビを描いた物語ともいえます。

この特徴を崩さずに原作の持っている記号的な部分を現代風に解釈するとこの映画になると思います。
ホームズ・ワトスンをここまで対等に描いた作品って少ないと思います。その方針が映画の端々にあって心躍るってやつを久々に堪能しました。

19世紀のロンドンもよく再現されています。この忠実度も映画の楽しみでした。それでいて二人が肉体的に走り回り拳を交わずことに根拠を持たせています。いや、ワトスン格好良い。
ホームズが泥臭すぎたと思いました。あとあと考えるとあの時代にあらゆる階級に入り込んでいく探偵にはあれくらいでないとだめだったのかもしれません。そう考えるとあの映画版のキャラクター設定も楽しめます。

モリアーティー教授やアイリーン・アドラーも出てきたりしています。原作的にはちょっと無理があるんでしょうけどファンとしては喜んで見られました。
オープニングでベーカー街221Bが映し出されるシーンなんか「グラナダテレビ版」のオープニングに引っかけていますよね。なかなか凝っています。

続編も作られそうですね。
行動的で肉体的なホームズも良いですけど推理シーンを事件の中で増やしてほしいな。やっぱり「シャーロック・ホームズ」ですからね。

ホームズ・ワトスンのコンビの格好良さ、二人の友情を改めて思い出した映画でした。

|

« 「はやぶさ」地球帰還秒読み段階 | トップページ | 平成22年度「科学技術週間」筑波宇宙センター特別公開 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/48270805

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『シャーロック・ホームズ』:

« 「はやぶさ」地球帰還秒読み段階 | トップページ | 平成22年度「科学技術週間」筑波宇宙センター特別公開 »