« Yuri's Night 2010 | トップページ | 映画『シャーロック・ホームズ』 »

「はやぶさ」地球帰還秒読み段階

Bnr_243_130

紹介が遅くなりました。待ってました、こういうのを!

4月15日に小惑星探査機「はやぶさ」地球帰還カウントダウンページがオープンしました。
はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン

同時に、はやぶさライブblogは再開、はやぶさプロジェクトチームのTwitterは開始となっています。

また、4月21日には、はやぶさ地球帰還日が公開されました。
「はやぶさ」カプセル再突入予定時刻を公表 6月13日23時頃(日本時間)、豪州ウーメラへ

6月までまだ一月以上ありますが気分的にはもう「秒読み」段階ですね。
川口プロジェクトマネージャーの気持ちの入りまくった言葉や「はやぶさ」が刻々と地球に近づいてる情報、Twitter上で繰り広げられる“どうしてこうなった”距離換算に、はやぶさくんとイカロス君の漫才(!?)にと、ファンにとっても最近「はやぶさ」を知った方にもうれしい情報公開の数々。

「はやぶさ」自体は、相変わらず予断の揺るさない状態での運用です。でも、そんな中でここまでしていただける関係者のみなさまに大感謝です。


「はやぶさ」帰還時はネット中継とかあったら良いですね。行ければカプセル着陸地点のウーメラで、といきたいところです。
でも、仮に現地で行けたとして何らかのトラブル巻き込まれた場合、それが全く関係ないことでも現地の関係者に余計な気を遣わすことになりかねない可能性があります。海外に旅慣れている人は問題ないのかもしれませんけど、そこまでして見に行く覚悟も経験値も残念ながらありません。
何が良い方法か分かりませんけど各自最適の判断を、でしょうね。そんな風に考えています。


ところで、帰還時「はやぶさ」は日本近辺の軌道を通りますけど、可視光では無理でも赤外線で見えませんかね? 惑星軌道から飛び込んでくるわけですから高い軌道でもわずかな大気との摩擦で「はやぶさ」の温度が上昇するはず(たぶんですけど) それをとらえて各地の天文台などが協力して「はやぶさ」帰還・凱旋飛行観測などあったらそこで“見たい”です。どっか企画しないかな。


それから「はやぶさ」のプラモデル発売。<アオシマBLOG:はやぶさ予約開始しました。
6月4日発売予定。とりあえず3機注文した(笑)


静かに熱く「はやぶさ」の帰還を待ちたいと思います。
待っているぞ「はやぶさ」!

|

« Yuri's Night 2010 | トップページ | 映画『シャーロック・ホームズ』 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/48183041

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」地球帰還秒読み段階:

« Yuri's Night 2010 | トップページ | 映画『シャーロック・ホームズ』 »