« ARIA The NATURAL DVD-BOX | トップページ | ロケットまつり37 »

さよならメモリーズ

supercell ryoさんのシングル2曲目です。予約して購入した甲斐がありました。

supercell 2nd single 「さよならメモリーズ」

歌詞はちょっと物悲しいけどメロディは気持ちがよいですね。階段を一段抜かし駆け上がる、なだらかな坂道を走り抜けたくなる疾走感です。そう、聞いてきて窮屈じゃない歌です。繰り返し聴けば聴くほどそう感じます。

歌われている言葉は、とってもシンプルで素直な組み合わせです。でも、それが聞く人の想像を巡らす幅と記憶を呼び起こすキーワードを持っています。

タイトル通り別れの曲でけじめを歌っています。それがただのゴールでなくて誰もが通る道で中間点だと言えます。どこのゴールに向かっているかはそれぞれの人生。そこにいたるまでには必ずある中間点を一区切りとしてこの曲はまっすぐに歌い上げているんでしょう。

卒業シーズンと限らず、節目節目に聞き返したくなる曲のひとつになりそうです。


|

« ARIA The NATURAL DVD-BOX | トップページ | ロケットまつり37 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47893632

この記事へのトラックバック一覧です: さよならメモリーズ:

« ARIA The NATURAL DVD-BOX | トップページ | ロケットまつり37 »