« PRISMのベリカードが届きました | トップページ | 「北限の猿」 »

「カガクするココロ」

正月休みに東京都目黒区は駒場にある「こまばアゴラ劇場」に「カガクするココロ」を見てきました。

青年団 第60回公演 『カガクするココロ』
『カガクするココロ』『北限の猿』2本立て公演
【作・演出】平田オリザ 2009年12月26日-2010年1月26日

今回の公演は「北限の猿」と二本立てです。どちらも見たかったのでニ本とも行ってしまいました。
まずは「カガクするココロ」から。

前知識で大学の実験室のたまり場が舞台と知っていました。開演前にパンフレットを読んでいると間違いはなさそうです。
同時開催の「北限の猿」との関係性が書かれていました。どちらがどちらと書かれていませんでしたが、同じ舞台の今と十年後となっているそうです。 特に気にすることはないそうです。でも、どちらから見た方がより楽しめたかちょっと気になりましたね。

開場は、開演の20分前。舞台ではすでに劇が始まっていました。
始まるまでキョロキョロしていたわけですがなぜか落ち着きません。以前見た「東京ノート」や「火宅か修羅か」のように自分の居場所というものが見つけきらなかったようです。

大学の実験室のたまり場はある意味セミパブリックな空間と言えます。でも、普通の人がふと足を立ち止めても違和感がない空間とは言い難いです。その辺りの設定が以前見た戯曲とは違うからでしょうか?
開演までの20分間という時間は、見る側が知らない空間に慣れる間合いをとるためのものなんでしょうね。
空調が止められいつのまにかに始まっている目の前でさほどイベントが起きているわけでもない現代口語劇を楽しみました。

研究員・大学院生・大学生たちがそれぞれ主人公です。理系だからカガクだから見知らないけど奇特でも風変わりでもない日常が描かれていました。登場人物たちの年齢層が若いので恋愛事情が目立ちましたね。やっぱりそういうお年頃なのがリアルというか今まで見た戯曲と違って生々しさを感じました。

会話の内容もちょっと普通とは違った感覚を皆が持っていました。理系の世界を知らないのでこれがいわゆるリアルかはどうかは分かりませんでした。見続けているうちに慣れてきているのは、目の前がやっぱり日常につながったリアルな戯曲だからですね。彼ら彼女らは観客が見ていない時もこんな風に考えて話しを繰り返しているんだと。

劇中に出てきたセリフ「人間を進化させるより……」にはハッとさせられました。でも、よくよく考えるとカガクは0と1ではないことをこの戯曲は描き切っていました。
まともに受け止めるよりもあれは科学者のちょっとしたジョークと考えるのが「カガク」なんでしょう。

最後のシーンはちょっと分かりませんでした。なぜ、女性だけだったんですかね?


自分の居場所がないとか言っておきながら90分が短かかったです。
リアルタイムな時間の流れなのに1年くらい学生たちの日常につき合ったようでした。

|

« PRISMのベリカードが届きました | トップページ | 「北限の猿」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47445340

この記事へのトラックバック一覧です: 「カガクするココロ」:

« PRISMのベリカードが届きました | トップページ | 「北限の猿」 »