« 『数学ガール』 | トップページ | 「おおすみ」40周年記念シンポジウム »

『私の巣』

新刊が出たと思えば番外編。本編の登場人物たちもちらっと出てきましたけどほとんど通行人と変わらない扱い。でも、とってもマリア様らしい本でした。

『マリア様がみてる 私の巣』
(今野 緒雪著 ISBN978-4-08-601363-5 集英社コバルト文庫)

最初の話しで謎を含んでいるのであれこれ書けません。謎といってもリリアン女学園や山百合会を揺るがす秘密とかではないです。いわゆるネタバレになる内容なのでそこを回避しつつ感想などを。

基本的は家族の話が大きな意味でメインです。私には「姉妹(スール)制度」の持つ意味を見せてもらった感じです。
この作品は、別に姉妹になるのならないのという話しではありません。家族というものを色々な形で見せてもらえる内容なんですけど、どうしてもスール制度が頭に浮かんでしまいます。

マリア様シリーズを読んでいると、高校生の登場人物たちは、山百合会の幹部に関わらずみんな大人びて見えます。もちろん年相応であってもちょっと立派。祐巳さまなんて薔薇様になる段階はすごかったもんな。
山百合会の面々なら生徒会を背負っていく内に身につけていくことなんでしょう。そうでないはずの一般生徒もそれぞれみんなしっかりして大人びています。

その一端を垣間見せるのが「スール制度」だと思っています。今までは薔薇様たちの姉妹関係が面白かったんですけど、一般生徒がどうなっているかと思っていました。この本の状況下で読んでいくとなるほどこういう関係がスール制度につながっていくんだと。それで彼女たちの立ち振る舞いはもとより大人びて見える背景が浮かび上がってきました。

主人公たちの環境がちょっと普通ではないのでそのまま一般生徒の「スール」に結びつくのかなとも思いました。でも、いわゆる普通なんてどこにあるのかは姉妹の数だけあるはずです。そう思えばこの彼女たちの話しも特例ではなくて普通の話しとして見えてきました。そういえば山百合会の面々もそうですね。
マリア様シリーズの側面が違った形で見えて新鮮ですね。

家族は、生まれた時からついてまわる場合と、赤の他人が出会って出来上がっていく場合があります。スール制度は後者に似ています。この作品は家族という言葉を巣に置き換えています。巣立つにはそもそも巣が必要で新しい環境には巣が必要です。その巣の最小単位が家族で、リリアン学園ではスール制度なんですね。

主人公の彼女たち。この先どうなるんでしょう?
そもそも本編がこれからどうなるか気になって仕方がないですけど、この彼女たちも仲間入りです。
何らかの形でその後を知ることが出来たら幸いだと思ったほどのよかった作品でした。

|

« 『数学ガール』 | トップページ | 「おおすみ」40周年記念シンポジウム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

HINAKAです。

山本様

イヤ何というか……もし、勘違いでなければ、かなり近い感想をお持ちだと思います。
あッいや、気持ち悪いとか思われると困るのですが、とにかく個人的にこの物語の要は、まさしく「スール制度」に尽きると思います。本来は、百合物語やレズや古い言い方の「S(エス)」と同じなのですが、「制度化」する事によりその暗さや行き着く先の、不幸な最後(「マリア様がみてる」では「茨の檻」が近いと思えます)を明るく回避し、健康的な日常的な物語への転化に成功したのだと、思います。

とにかく、詳しくはトラック・バックさせていただく、記事を御参照いただければ幸いです。
ただ、この調子ならば山百合会メンバーは、背景に下がった今回のように、他の生徒や先生を主人公に、「リリアン学園物語」として、成立するような期がします。

それでは、今回はこれで失礼致します。

投稿: HINAKA | 2010/02/23 23:21

HINAKAさん、コメントありがとうございます。
トラックバック先読ませてもらいました。

マリア様の著者もそのように読まれていることはあとがきに書かれていますね。

マリア様に限らず、面白い作品って必ず引っかかる事柄が“3つ”ありますよね。マリア様の場合は「お嬢様学校」「山百合会(生徒会)」「スール制度」がうまくかみ合ったのだと思っています。

私はスール制度が家族関係に近いものだと『私の巣』から読み取りましたので今回の記事を書いてみました。。
そういえば『いばらの森』ではHINAKAさんのお考えを真っ正面から取り組んだんだと思っています。というか、そういう読み方もあるんですね。

いずれにせよ、マリア様の話が末永く続く新しい事柄が見つかったようでこの続きが楽しみです。

投稿: 山本 | 2010/03/01 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47620638

この記事へのトラックバック一覧です: 『私の巣』:

» 原作小説「マリア様がみてる」シリーズ『私の巣(マイネスト)』について! [『あんのん』ブログ・HINAKAの雑記です!]
やれやれ、取り敢えず今年最初の記事は、原作小説の「マリア様はみてる」シリーズとなって、目出度い目出度い!(前項の、劇場版『エースをねらえ!』記事は越年なので、2010年の1番記事とは言えません) 固有のタイトルは『私の巣(マイネスト)』と言う事で、飽くまでも「マリみて」リリアン学園が舞台ですけど、山百合会のメンバー、つまりこれまでのレギュラーは蚊帳の外で、ウロウロしているだけの別のお話になっています。 スピン・オフと言うのだそうですが、どうも好きになれません。素直に、外伝とか、「シリーズ」でいいん... [続きを読む]

受信: 2010/02/23 23:20

« 『数学ガール』 | トップページ | 「おおすみ」40周年記念シンポジウム »