« iPhone購入 | トップページ | 『数学ガール』 »

2月6日5時過ぎの国際宇宙ステーション

このところ、野口宇宙飛行士が滞在している国際宇宙ステーション(ISS)が朝方に見えます。
2月6日5時過ぎのパスがちょうど自宅から見えやすい条件です。
ロシアのプログレスM-04M補給船を打ち上がってドッキングしています。これまた少しは見やすくなっているでしょうから写真撮影がてら見てみることにしました。

前日の天気予報では6日は晴れ。見るにも撮影するにも問題なさそうです。
前回の経験を活かして撮影目標物をこと座あたりに定めて可視時間の午前5時4分を待ちました。

2010020601

2010020602

2010020603

2010020604

2010020605

いずれも以下の条件で撮影。
Canon EOS Kiss Digital X + EF-S17-55mm F2.8 IS USM(17mm)
F4.0 ISO400 10秒間露光
画像データはRAWからJPEGに変換して縮小しています。
撮影時間は、タイムスタンプからだと5時4分14秒から5時5分5秒まで。
肉眼では、5時6分すぎまで見えていました。

今回は、前回の経験があったので割と余裕でISSを見つけてシャッターを切っていました。
野口さんからは見えないでしょうけどこちらからはばっちりです、とか思いながら(笑)


都会がいくら明るいとはいえどうも写真が白っぽくなるのは前回から気になっていました。ホワイトバランスを調整しないといけないか、でも下手にいじくって撮影失敗するのもやだなと思案していました。
意外なところでその理由が分かりました。北側に道路があるのですがそこの街路灯がけっこう明るい。お前か!でした。

一応、住宅街だから仕方がないですが、こうなると北側へ抜けるパスの時は注意しないと。
肉眼では、こと座のベガの下を通過してはくちょう座を横切るなかなかのコースだったんですけどね。はくちょう座は街路灯に負けていました。この5枚の後もカメラを北側に向けて撮影していたのですが最後の写真になると真っ白にすっ飛んでいました……。


動画も撮ってみたのですが今回も1ドットしか写っていませんでした。
撮影をもっと奇麗に撮影できるように挑戦しながら、動画もなんとかしたいですね。デジカメ買い換えるか?

今回も楽しいISS“見学”でした。

|

« iPhone購入 | トップページ | 『数学ガール』 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47497242

この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日5時過ぎの国際宇宙ステーション:

« iPhone購入 | トップページ | 『数学ガール』 »