« ロボフェスタ2009 | トップページ | 野口宇宙飛行士、二度目の宇宙へ »

宙博2009

2009122011

12月5日、東京は有楽町にある「東京国際フォーラム」で開催された「宙博2009」に行ってきました。
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 国立天文台(NAOJ) 高エネルギー加速器研究機構(KEK)など、どれをとっても単独開催しておかしくない組織がまとまっての開催。それにしてはこの規模には狭く感じる東京国際フォーラムという会場。開催を知ってから行こうか行くまいか考えておりました。
運良く、この日はちょっと早い忘年会が御徒町であって、ついでに会社の買い物で秋葉原に行く予定が入っていました。
それならばと、あいにくの雨でしたが行ってきました。

2009122012
どんなイベントになっているのかと行ってみたらものすごい人が来ていました。開催中には入場規制が出たほどとか。
子供がものすごく多く(そういうイベントです)後ろから見ることしか出来ないのでさくさくと回る羽目に。

2009122013
JAXAの<宇宙ステーション補給機(HTV)の模型>
9月のH-IIBロケット試験機打ち上げ、HTV技術実証機のミッション紹介ビデオを流していました。
H-IIBロケットと温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の模型などもありました。

2009122014
KEKの<小林・益川理論>
2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林・益川理論などを紹介していました。ノーベル賞のメダル(レプリカ)や賞状(複製)など展示していました。

2009122015
とにかく子供たちが多いこと(笑)
会場中央では、こんな風船で思いっきり遊んでいました。

2009122016
JAXAの<月探査ロボット>
「探査ロボットに、どんな夢を託すのか」というお題目にJAXAの他にもロボット研究している大学などのロボット大集合。近づけません。
会場外から見るとこんな状態でした。

2009122017
宇宙科学研究本部の<世界初の小惑星探査ロボット「ミネルバ」>
モニターで小惑星探査機「はやぶさ」と「ミネルバ」の紹介をした後で、なんとミネルバのエンジニアリングモデルを見学者に回してくれました!
ミネルバにさわるとは思っていなかったのでいやびっくり。次々と回すのでほんのしばしの間でしたけど幸せな時間でした。

2009122018
的川泰宣先生の<宇宙の学校>
見に行った時は「大気圧を感じよう」をやっていました。
サイエンストークライブで次世代を担う子供たちに楽しい教室を開催しています。その間に展示を見て回るコンセプトですね。展示の少なさに思わず納得。

2009122019
国立天文台の「超大型望遠鏡の模型>
TMT(超大型地上望遠鏡計画)の模型と紹介ビデオが流されていました。ここも展示物が少なかったですね。

2009122020
大人の超合金<アポロ11号&サターンV型ロケット>
グッヅコーナーにあったのがこれ。いやでかい。2010年3月発売予定だそうです。
日本のロケットだったら躊躇なく購入するんでしょうけど、この大きさと値段は考えてしまいます。見てると欲しくなるんですけどね~。

2009122021
「宇宙の流れを感じられる場とは?」
こんなコーナーもありました。ストーンヘンジやテオティワカンなど紹介したパネルがありました。

2009122022
一番びっくりとしたものです。
見に行かれた方たちの感想でもこれはインパクトがあったようです。
“誰”がどんな気持ちで“誰”に向かってこれを掲げたんでしょうか?


内容盛りだくさんで見どころがあったんですけど回って見終わるとちょっと物足りない。資料関係が全然なかったのは不思議でしたね。せっかくイベント後もそれぞれの組織についてピーアールできるチャンスなのに……。(単に私が欲しかっただけでもありますが)
会場が倍以上あればもっと見どころ楽しみどころがあったのではと思います。
「宙博2009」は、世界天文年2009日本委員会公認イベントでした。こういうイベントだけでなく定期的に集まってやってほしいですね。もっと有意義な展示が出来るみなさんなんですから難しくないと思います。

|

« ロボフェスタ2009 | トップページ | 野口宇宙飛行士、二度目の宇宙へ »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47073316

この記事へのトラックバック一覧です: 宙博2009:

« ロボフェスタ2009 | トップページ | 野口宇宙飛行士、二度目の宇宙へ »