« 締め切り間近 | トップページ | 宙博2009 »

ロボフェスタ2009

2009122001

どこで見たのかうろ覚えなのですがJAXAの阪本先生のスケジュールが凄いことになっているとありました。どれどれと見に行ったら本当でした。
その中に「ロボフェスタ2009<お知らせ(PDF)> <当日の様子>」があるではないですか。ちょうど外出する予定があったのでさくっと見てくるかと出かけました。

2009122002
会場は、以前訪れた時と同じ「神奈川県立青少年センター
JR桜木町駅から紅葉坂を登っていく途中です。振り返るとランドマークタワーがよく見えました。
ロボフェスタ2009は、1階から3階まで使って行われていました。

2009122003
県立神奈川工業高等学校「金太郎ロボット」
なんだか見かけと違って凄い勢いで動いていました。

2009122004
県立川崎工業高校「ラバライト」
こちらは学校案内がメインでした。なかなか奇麗で奇妙な動きをしていました。「ラバライト」自体はウィキペディアによると一種の照明器具みたいです。

2009122005
県立平塚工科高等学校「課題作品」
課題とは「第9回高校生ものづくりコンテスト全国大会電子回路組立部門」に出題されたものでした。

2009122006
海洋研究開発機構「水中探査機」
神奈川県内にある研究機関などもロボフェスタに参加していました。
こちらでは、パソコンを使って水中探査機の操縦体験を行っていました。一緒に「しんかい6500」や「無人探査機」のパネル展示も行っていました。

2009122007
湘南工科大学「ロボットと遊ぼう」
箱形のロボットが景気よく走っていました。

2009122008
JAXA宇宙科学研究本部「月惑星探査ロボット」
お目当てのコーナー。以前は一フロアー使っていたが今回は4団体と同じ部屋。
狭いのでちょっと展示関係が悲しかったですが、ローバーをじっくり見られたのでまずまず。
阪本先生ともうお一方がおられました。見覚えのあるお名前だと思っていたら阪本先生の当日のブログで分かりました。なんて贅沢な布陣(笑)

2009122009
ちなみに、ブース全体はこんな感じ。
参加団体が多くなったことは喜ばしいことですが宇宙開発ファンとしてはちょっとがっかり(規模的に)
でも、試作機持ち込んで第一人者の説明の元、月探査ローバーを操作できるわけですから体験出来た子供たちが羨ましかった(笑)

いつものようにデジカメで動画撮影。
相模原キャンパスの公開でもここまで間近で見られることはなかなかないですね。


子供たちが多くて遠くから見るの多かったですね。まあ、そういう目的のイベントですから仕方がない(笑)
ちょっと気になったのは、内容は立派なんだけど一部の展示であまり説明している光景が見られなかった点です。
施設公開などでは、展示などを見ている人がいると「説明しましょうか」と担当者がわざわざ声をかけてくれます。自分たちのおしゃべりにいそがしくてせっかく見に来ている人たちに気がついていないブースが見受けられました。部活の延長で来ているのだからそうなってしまうのは分からんでもないです(笑)
せっかくの“チャンス”なんですから、他の人から見たらどうなのか自分たちのやっていることを説明できるかに気を配ったら得るものが多いのでは、と思いました。

いずれにしても県内のそれぞれの団体がこうやって交流を深めていって将来につながるとよいですね。
またチャンスがあったら見に行きたいと思います。

--追記
動画を管理していた「@niftyビデオ共有」サービスが終了するため、YouTubeへアップした動画に変更しました。

|

« 締め切り間近 | トップページ | 宙博2009 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/47064548

この記事へのトラックバック一覧です: ロボフェスタ2009:

« 締め切り間近 | トップページ | 宙博2009 »