« サマーウォーズ | トップページ | 「白鳳丸」就航20周年記念一般公開@Y150よこはま »

『リトルホラーズ』

お姉さまの卒業からはや数ヶ月。思いのほか早くの出版でした。長編ではなく短編ですけど。

『リトルホラーズ』
(今野 緒雪著 ISBN978-4-08-601305-5 集英社コバルト文庫)

正直、祐巳ちゃんというか祐巳様が3年生でロサ・キネンシスという違和感はあります。けれどそれはそれで読んでいて楽しい。初々しいというかすっかり薔薇の館のまとめ役ですね。
短編は学園内のちょっとした怖い話でまとめられています。お嬢様学校とはいえそういう話はそこら辺の高校と変わらないんですかね。

タイトルに「ホラー」とありますが、短編すべてが怖い話しというわけではありません。得体の知れない話しとか結末がはっきりしていない話しなどもあります。その辺りが推理小説読みとしては居心地の悪さを覚えます。
この短編の「恐怖」が“非日常”を指しているのではなく“感情”のひとつとして考えれば、短編に出てくる登場人物たちが感じていることの違和感がちょっと怖い要因かもしれません。淡々とした内容の短編ほどそれを感じました。

短編と短編の間に祐巳様たちのエピソードが描かれています。
3年生になってりっぱになっていますけど、あの学年らしさはちゃんと残っている終わり方でした。そこでほっとしましたね。ああ、最上級生になったけどみんな変わっていない、と。

この先どうなるんですかね、このシリーズ。
森ミステリィの「犀川&萌絵シリーズ」では本編10作で一応の終わりをみせます。その後の二人の行方はいくつかの短編の中で描かれています。「マリア様もみてる」もそのような形になるんでしょうか?
出来ればそのうちで良いから長編で登場してほしいですね。先代の薔薇様たちのような後輩がぞくぞくと登場してきたりしたらなお嬉しい(笑)

とりあえず一安心の一冊です。


ところで、Webラジオ「マリア様がみてる」は、第13回(9月30日)の放送で重大な発表がありました。
えー、ではありますけど、プレミアムCDとか出るから別の意味でしばらく安泰なのでしょうか?
ドラマCDも続編が出ました。「レイニーブルー」からかよ! 買いましたけどね、聞いていてこれは辛い。
かならず、「パラソルをさして」以降も出してください。必ず購入しますから。

……何はともあれしばらく楽しめそうです。

|

« サマーウォーズ | トップページ | 「白鳳丸」就航20周年記念一般公開@Y150よこはま »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/46397494

この記事へのトラックバック一覧です: 『リトルホラーズ』:

« サマーウォーズ | トップページ | 「白鳳丸」就航20周年記念一般公開@Y150よこはま »