« 平成21年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開 | トップページ | 『宙のまにまに』 »

ARES 1-X 試験打ち上げ成功

29日0時30分(日本時間)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新型ロケット「ARES 1」の試験機、「ARES 1-X」の打ち上げが成功しました。
ネットの中継を見ていましたけど、悪天候等で延期や打ち上げ時間の変更など待ち時間が長かったですね。
打ち上がってしまえばあっという間の飛行でした。
スペースシャトルの補助ブースタがほぼそのまま使用されているのにしっかりと飛ぶもんです。


Ares I-X Flight Test HD

ロールアウトした時はちょっと笑ってしまいました。あれで補助ブースターでもくっついていれば見栄えが良かったような気がします。発射台もスペースシャトルのそのままで、据え付け位置は間違っていないけど……でした。
でも、あの格好で飛ばしたんですからNASAの技術は侮れません。その技術の使われ方が良いかはおいといて(笑)

2度ほどひやっとしたのは、打ち上げ直後に姿勢制御した時と、第1段を分離した時。
タワーをクリアしないうちから姿勢が変わったので一瞬倒れだしたかと思いましたよ。でも、あれだけ細長いとさっさと飛行方向に姿勢を取らないとそれこそ“ぽっきり”いってしまうんでしょう。
それから、第1段分離時。切り離した途端に上段がぶつかりそうに見えたところで映像が落ちたのでどうなったか焦りましたよ。あとから映像を見ましたけど思ったより切り離し時の距離が取れていないみたいでした。実機で2段目の着火が少しでも遅れたら危ないのでは?
やっぱり、言われている通り“筋の悪い”ロケットなんでしょうか?

方針転換か、米有人月探査構想(1) 不格好なロケット「アレスI」

このまま突き進むのか何らかの方向転換があるのかは分かりません。
でも、何にせよ新しいロケットは見たいですよね。

|

« 平成21年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開 | トップページ | 『宙のまにまに』 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

発射直後に1度傾けたのは、噴射炎がタワーを直撃して損傷することを防ぐマヌーバ、2段目が分離時に回転したのは本物の燃料のかわりに搭載したバラストのために重心が後方にあったためで、事前のシミュレーションで予測されていたとのことです。詳細は私のつぶやきのリンク先をご覧ください。

http://twitter.com/5thstar/status/5300699215

投稿: 5thstar管理人 | 2009/10/31 21:03

5thstar管理人さん、コメントありがとうございます。
つぶやき・リンク先を拝見させていただきました。

発射直後の姿勢や第1段分離時の上段の挙動も織り込み済みと知りませんでした。
初物だったのでちょっとどきどきし過ぎました。

パラシュートがうまく開かなかったことが残念ですけど、試験機としては満足な飛行なんですね。次のAres 1-Yが安心して楽しめそうです。

情報ありがとうございました。

投稿: 山本 | 2009/11/02 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/46619155

この記事へのトラックバック一覧です: ARES 1-X 試験打ち上げ成功:

« 平成21年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開 | トップページ | 『宙のまにまに』 »