« 君の知らない物語 | トップページ | 夏休みの相模原キャンパス2009 »

等々力渓谷

2009090601

夏休みといえば、普段出来ないこと平日でないと行けないところなど考えて計画を立てるのがここ数年の習わし。
今年は、初めて行ってみるところと平日でないと利用できない場所に行ってきました。

ラジオで聞いて読んでみた『東京湧水せせらぎ散歩』

これがなかなか興味深い。都内だけでも700近くの湧水地点があるとか。
夏のさなかに行ったら多分良いんじゃないかと考えました。

そこで夏休みに選んだのが「等々力渓谷」です。
同じ日に別のところも回る予定だったので、そこへ行くのに移動距離が少ないという点と、『窓ぎわのトットちゃん』に出てくる「トドロキケイコクハンゴウスイサン」の台詞が頭にあったからです。
今更ですがちょっと紹介。

2009090602
東急大井町線「等々力」駅から歩いて数分のところです。
商店街などが列ぶ道路をちょっと住宅街へ入るとすぐそこでした。

2009090603
本によりますと、「国分寺崖線の南端に位置する等々力渓谷は、谷沢川が崖線を浸食してできたもの」とあります。
都会の底に木々が覆い茂ってここが東京だと思えません。
平日でしたけどかなりの方が渓谷の遊歩道を歩いていました。

2009090604
途中で川底に降りられるところがあったのでそこから見てみました。
思ったほど涼しくはありませんでした。でも、湿度があって空気の流れがあって熱さは感じません。
入り口に渓谷の温度を表示してあり、この日は23.5度でした。

2009090605
稚児大師堂の手水
冷たいかなと思ったらそこまでではありませんでした。でも、なにも味がない自然の水はおいしかったです。

2009090606
不動の滝
地名の由来になった場所でもあります。今でも修行僧が修行しているそうです。

2009090607
等々力不動尊
渓谷から階段を上っていくと、境内の脇に出ました。
お参りする人がちらほらいます。静かでした。

2009090608
お参りして本堂を覗いてみたらこんな文字が見えました。
祈ったり願ったりしてもだめですが、諦めなかったり忘れなかったりしたら、誰かが微笑む時があると思います。
そういう意味ではこの文字の通りかもしれません。でもね、こういうところで容赦なくそんな……(笑)

2009090609
日本庭園の「書院」
渓谷から上の土地までの地形を活かして庭園が造られていました。

2009090610
等々力渓谷第3号横穴古墳
古墳時代後半から奈良時代のものと推定されているそうです。
本の中にも、湧水などの小さな流れの方が制御しやすく、湧き頭を制することは水利権を押さえることであり……とありました。

2009090611
今年は雨が多かったせいか、斜面からの水が渓谷にちょろちょろと流れ込んでいました。

2009090612
ゴルフ橋からみた等々力渓谷。
帰り際に渓谷にかかる橋から撮影。
1時間ほど遊歩道を散策しました。良い夏休みの思い出です。

|

« 君の知らない物語 | トップページ | 夏休みの相模原キャンパス2009 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/46131936

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力渓谷:

« 君の知らない物語 | トップページ | 夏休みの相模原キャンパス2009 »