« ロケットまつり33 | トップページ | 日食に備えてみる »

的川泰宣展 宇宙からの伝言 ―ものづくりと冒険のこころ―

2009072011

先日、東京は江東区にある「Gallery A4」で行われている「的川泰宣展 宇宙からの伝言 ―ものづくりと冒険のこころ―」を見に行ってきました。
あの的川先生のお名前を冠する展示会。建設会社のギャラリーという珍しさも手伝って休日の時間を利用してちょっと東陽町まで足を延ばしてみました。

2009072012
東京メトロ東西線東陽町から江東運転免許試験場方向に向かって途中を曲がってすぐのところでした。試験場が見えたら行き過ぎです。近すぎて曲がるところを見逃していました(笑)

2009072013
受付の係の方に聞いたら写真撮影OKとのことです。ちなみに宇宙飛行士がお出迎えしてくれます。

2009072014
展示名に的川先生の名前がありますが、個人の展示会ではなく「宇宙教育の父」と呼ばれた先生の活動の一環が色々と展示されていました。
写真は「月に住む家」アイディアコンペの応募作品が展示です。

2009072015
月周回衛星「かぐや」のコーナー。奥では大スクリーンで「かぐや」が撮影したハイビジョン映像が流れていました。

2009072016
7月22日の皆既日食について
このギャラリーで先生による「日食ワークショップ」が行われています。

2009072017
「おしえて的川先生! 宇宙いろいろQ&A」
「月に住む家アイディアコンペ」に合わせて質問を応募したそうです。その質問の回答がものすごい数ありました。
このパネルの下には先生の著書がずらりと。

2009072018
的川泰宣先生による「宇宙開発の歴史紹介」
主に旧宇宙研時代のエピソードがパネル展示されていました。

2009072019
受付横には、今回の展示パンフレットや先生の著書が数点販売されていました。
パンフレットは100円でした。係の人が席を外していても募金箱に入れればOKとなっていました。

2009072020
ギャラリーの床には、「宇宙から見た東京」の写真がありました。「だいち」が撮影した画像です。


場所のせいなのか、日曜日は休館のせいか私以外に訪れている人を見ませんでした。
展示としては、いろいろ見て回る種類が多いのでそれなりに楽しめると思います。
ちょっと近くまで来た時などに訪ねてみると良いかもしれません。

|

« ロケットまつり33 | トップページ | 日食に備えてみる »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/45691225

この記事へのトラックバック一覧です: 的川泰宣展 宇宙からの伝言 ―ものづくりと冒険のこころ―:

« ロケットまつり33 | トップページ | 日食に備えてみる »