« 日食に備えてみる | トップページ | 雨のち曇りときどき小雨 »

Fly me to the Moon in AKIBA

2009080201

7月19日は、東京は秋葉原で開催された「Fly me to the Moon in AKIBA」に行ってきました。
月周回衛星「かぐや」のラストイベントと紹介されては行かないわけにはいけません。でも、イベント内容を見てみるとなんだか全方位的なイベントでちょっとどうかなと思うところもありました。
講演で何か面白い話しが聴ければ程度で出かけましたけど意外なところで貴重なお話しを聞くことが出来ました。

2009080202
秋葉原にはちょくちょく出かけますけど、「UDXギャラリー」はおろか「UDX」に入るのも初めて。
展示会場に入ると、ミッションマークと宇宙飛行士がお出迎えしてくれました。

2009080203
今回の主役、月周回衛星「かぐや」の模型。
反対側にはちゃんと子衛星「おきな」と「おうな」もいました。

2009080204
「かぐや」の20Nスラスタ。
「かぐやを制御落下させたエンジン」と紹介がありました。隣には500Nスラスタも展示されていました。

2009080205
展示会の様子はこんな感じです。
「かぐや」に関わったメーカーなどがパネル展示などしていました。

2009080206
SELENE-2用「ローバー」模型
他にも新大型ロケット「H-IIB」や金星探査機「PLANET-C」などの模型も展示されていました。

2009080207
「よい子に読み聞かせ隊 特別公演」
なぜか直木賞作家が絵本を朗読していました。私が見ていた時はちょうど朗読中でした。

2009080208
「かぐや」のレーザー高度計。
プライムコントラクターのNECのブースにて。

ここで、係の方に声をかけられたので「打ち上げ見に行く予定だったんですよ。延期になったんで見に行けなかったんですけど」と何気なく答えました。
そうしたら、係の方が腕時計を見てこう言われました。
「今日は、特別な日なんですよ。何の日だか分かりますか?」

イベントに出かけたのが7月19日。何の日か全然思い当たりません。アポロ11号月面着陸は20日ですし……と考えあぐねていると“答え”を教えていただけました。
「かぐやのコンデンサ不具合が見つかった日」だそうです。
(帰ってから調べてみたら確かに、次の日にあたる2007年7月20日に公式発表が出ています)

「かぐや」打ち上げ延期の原因はこれです。とんでもないこと言ってしまったと「コンデンサ小さいのによく見つかりましたね」「きずなで見つかった不具合を水平展開したんですねよ」とかあわててフォロー(笑)
この係の方実際に関わった方でして「よくご存じですね」と笑いながらこの件についてお話ししてくれました。

・打ち上げ前にさんざん検査したのに不具合が見つかった時は目の前が真っ暗になったこと。
・不具合のあったコンデンサの大きさはこれくらい、とご自身の腕時計のベルトから出ているピンの頭を指して説明してくれました。
・きずなで不具合が見つかったらすぐにそちらの作業を止めて、「かぐや」の基板を撮影していた写真をすべて調べたとのこと。「かぐや」の不具合が見つかった2週間ほど前のことだたそうです。
・このまま打ち上げると、数ヶ月で子衛星が機能停止に陥るのでミッションがダメになることが分かったので打ち上げ延期を決定したこと。
・交換したコンデンサは4つ。1枚の基板に2個ずつだそうです。
・でも、あのタイミングで見つかったことはとても幸運だったこと。
・「かぐや」が打ち上がって1ヶ月2ヶ月……と、どきどきだったそうです。1年1ヶ月経過して本当にほっとしたそうです。(この1年1ヶ月という数字を調べてみたら、打ち上げから定常運用終了までの期間ですね)

実際に関わった方なので「目の前が真っ暗」「本当にほっとした」という言葉に実感がものすごくありました。
不謹慎かもしれませんけど、お話しが聞けて大変光栄です。貴重なお話しありがとうございました。
これからの衛星・探査機も期待しています!


2009080209
良い話しが聞けたし講演の時間が迫っていたので「ベルサール秋葉原」に移動。
ビルの前では宇宙飛行士が案内をしていました。

2009080210
「月探査プログラム特別講演会」
3つの講演で「かぐや」の開発から運用、未来の月探査についてと幅広かったですね。一般向きだったのですでに聞いた話しも多かったです。でも、定常運用中の「かぐや」の高度についてや制御落下の内容とか聞けました。


2009080211
講演会が終わった後、行くかどうか迷ったんですけどとりあえずお店の前まで行ってみました。
秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」にて行われている「宇宙七衛星物語 パネル展
ちょっと外から覗いてみたら凄く雰囲気が良いので入ってしまいました。

2009080212
メイドさんに案内されて席に着くと目の前のスクリーンがこんな感じ。
写真撮影について尋ねたところ「お客様とメイドさんが写っていなければOK」だそうです。
落ち着いた喫茶店という雰囲気で、お店のあちらこちらに書籍が図書館のように置かれています。いわゆる「メイド喫茶」初体験だったんですけど、良い意味で予想を外されました。
30分500円で“紅茶”が飲み放題というのも紅茶派としてはうれしかったですね。

スクリーンには「H-II初号機」大型ロケット発射塔から撮影された記録映像が流れているし、メイドさんは「氷が落ちるところが格好良いですね」「オネアミスの翼が……」とかお客様と話しているし、なんて居心地の良い空間だ(笑) このお店でパネル展が開催されたのがちょっと分かったような気がしました。

2009080213
オリジナルの人工衛星お菓子「はやぶさ」
どこから食べて良いのかしばし悩みました。おいしく頂戴しましたけど。

2009080214
お店で大人気だった「かぐや」
商品化されたら絶対購入するくらい良く出来ていました。

2009080215
お店にはひっきりなしにお客さんが来られていたので最初の30分で引き上げることにしました。
他のメイド喫茶は知りませんけど、ここならまた来ても良いですね。


月周回衛星「かぐや」としてのミッションは終了しました。単体の大きなイベントもこれが最後なんですかね。
でも、観測結果やそれから発見される成果はまだまだこれからです。
まだまだ楽しみが待っている「かぐや」を実感した1日でした。

|

« 日食に備えてみる | トップページ | 雨のち曇りときどき小雨 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/45713778

この記事へのトラックバック一覧です: Fly me to the Moon in AKIBA:

« 日食に備えてみる | トップページ | 雨のち曇りときどき小雨 »