« 「宇宙基本計画(案)」に対するパブリックコメントが始まる | トップページ | ARIA The ANIMATION DVD-BOX »

『“文学少女”と恋する挿話集1』

大団円を迎えたと思っていました。
プロジェクト・メモワール」が始動していたんですね。

『“文学少女”と恋する挿話集1』
(野村 美月著 ISBN978-4-7577-4578-0 ファミ通文庫)

“文学少女”の登場人物たちがそれぞれ主人公として出てくる短編集です。
思わず笑える話し、心に突き刺さる話しと“文学少女”のエキスがつまった作品ばかりです。
本編が途中で本を閉じてそのまま置いておきたくなるくらい辛いパターンが多いです。というかそれを乗り越えて進んでいく登場人物たちがどうなるか気になって読み続けてしまうのも本編です。
短編なのでこの衝撃は少なく感じるとはいえ、やっぱりその鱗片をしっかり味わうことが出来ました。

「画集」に「漫画化」に「劇場アニメ化」ですか。終わってしまったと思っていた分、楽しみが増大します。
それにしても、遠子先輩卒業後の作品が出版されています。まだ読んでいませんけど。
遠子先輩が出てこない(!?)“文学少女”は成立するのでしょうか……するんでしょうね。“文学少女”シリーズですから。

|

« 「宇宙基本計画(案)」に対するパブリックコメントが始まる | トップページ | ARIA The ANIMATION DVD-BOX »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/44974264

この記事へのトラックバック一覧です: 『“文学少女”と恋する挿話集1』:

« 「宇宙基本計画(案)」に対するパブリックコメントが始まる | トップページ | ARIA The ANIMATION DVD-BOX »