« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

写真展「大道芸 この空の下で」始まる

ご案内の葉書を頂いていたのに仕事がばたばたして書くのが遅くなりました。
以前、記事で紹介した写真集「大道芸」の彼が東京は新宿区四谷で写真展を開催しております。

「梅野邦彦写真展 大 道 芸 この空の下で」
4月23日(木)~ 4月29日(水) 10:00~18:00(最終日14:00まで)
ポートレートギャラリー(日本写真会館5階 JR四ッ谷駅徒歩3分)

写真が好きな方、大道芸に興味がある方、四ッ谷近辺を通りかかる方、よろしければ足を運んでみてください。
私もなんとか時間を作って顔を出すように計画中。


ちなみに雑誌「フォトコン」2009年2月号に彼の大道芸の写真やインタビューが掲載されております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アポロ計画40周年記念講演会(Yuri's Night 2009 Japan)

2009050111

4月12日は、東京は本郷の武田先端知ビルで行われた「アポロ計画40周年記念講演会」に行ってきました。
毎年この時期に行われている「Yuri's Night」。月着陸40周年の今年に記念講演会を開催しました。その講演内容が的川先生松浦さん寺薗さんと豪華なこと。これは行くしかないとなりました。

続きを読む "アポロ計画40周年記念講演会(Yuri's Night 2009 Japan)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第28回 宇宙科学講演と映画の会

2009050101

4月11日に東京は新宿の新宿明治安田生命ホールで行われた「第28回宇宙科学講演と映画の会」に行ってきました。
年度末をなんとか乗り切り、4月から幸先の良いスタートです。

例年ホールには入れきれずロビーにまで椅子が用意されるほどの講演会です。毎年早く出かけているつもりですけど、いつ来てもほぼ満員状態です……。
今年は、開場時間を狙っていったらすでに開場して焦りました。それでもなんとか座ることが出来ました。

続きを読む "第28回 宇宙科学講演と映画の会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺の喫茶店

2009041511

この前、調布航空宇宙センターに行ったのはもう一つ理由がありました。
吉祥寺にある喫茶店に行ってみたかったからです。

パン屋のないベイカーストリートにて」で紹介されていてちょっと興味がわいていました。吉祥寺の街自体もしばらくぶりだったのでこれ幸いとなった訳です。
展示室見学後、バスで吉祥寺まで行ってぶらぶらと街を流しながら訪ねてみました。吉祥寺の駅から歩くこと約15分弱。街の北側にある吉祥寺本町郵便局前の喫茶プチです。

続きを読む "吉祥寺の喫茶店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみやげ

2009041501

それは3月後半のこと。
いつもは社内にいるはずの他部署の後輩から外線が入りました。
なにか起きたのかと電話に出てみれば開口一番こんなこと言ってきました。
「いま筑波の宇宙センターにいるんですけど、おみやげなにがいいですか?」

なんですと!?

続きを読む "おみやげ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傍迷惑

北朝鮮による飛翔体事案関連情報
朝鮮中央通信「人工衛星の軌道進入に成功」
「何も軌道に入らず」=北の打ち上げ失敗か-米防衛司令部

半分くらい「やるやる詐欺」でブラフかと思っていました。日が経つにつれて現実味を帯びてこんな日を迎えるなんて。打ち上げを諦める名誉よりも打ち上げる面子を選んだのでしょうか?
情報があまりにもないし、出てくる情報は信憑性がないので想像しか出来ません。
ちょっと詳しい人・とっても理解している人の感想を読んでいると「傍迷惑」の一言に尽きていますね。


いわゆる空襲警報なんでしょうね、この騒ぎ。日本政府が一番落ち着け!だったような気がします。
なんでこんなことになったのか。よく分からないけど騒いでしまった人はこちらを読んでみるとよいと思います。

近づく「テポドン2」打ち上げ
杞憂のような事態に備える


いくらロケット・人工衛星好きでもこれはダメです、アウトです。
日本のロケットが打ち上げられるからといって他国が撃墜する準備を実際にするなどありません。
しかるべき関係機関に情報を流して、あらゆる危険を回避すべく準備した上で打ち上げる。打ち上げ直後も他国の上空を横切らないように追跡管制する安全措置を講ずる。

日本でも打ち上げ個所が2個所あります。どちらも地球を縦回りで周回する極軌道に乗せる場合は、一度東から南東へ向けて打ち上げて他国上空へ飛行しないように方向を変えてから南へ向かいます。(打ち上げ場所のひとつである内之浦からだと、単純に南へ打ち上げると同じ鹿児島県・種子島上空を飛ぶことになります。これもちゃんと回避して人工衛星を打ち上げています)

ロケットにしろ人工衛星にしろ打ち上げれば他国というものを無視することは出来ません。
このことを踏まえて上でロケットは打ち上げ計画が立てられ実行されています。
日本だとこの様にインターネット上に情報があり、誰でもその計画書を読むことが出来ます。いずれも南へ打ち上げるロケットの計画書です。

H-IIAロケット15号機の場合
平成20年度冬期ロケット打上げ及び追跡管制計画書(PDF 2.01MB)

M-Vロケット7号機の場合
M-Vロケット7号機(SOLAR-B)実験計画(PDF 1.93MB)


ただでさえ問題だらけの国がやった行為です。「ロケット」なのか「ミサイル」なのか関係ないことですよ、今回にしろ以前にしろ。本当に「通信衛星」を積んでいてもだめですね……。

こんなことが2度と起きないようにしてもらいたい。
と、同時に単に流れてくる情報だけに惑わされず、本当の「ロケット」と「人工衛星」の理解を深めるきっかけになって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月・5月といえば……

4月・5月といえば、いろいろあります。
楽しかったエイプリルフール(拾っていただきありがとうございます)は、さておき今月来月はいろいろあります。

4月13~19日は「科学技術週間
それにちなんで施設・研究所で一般公開・特別公開が行われています。
それ以外のものもまとめてピックアップしてみました。


4月11日 第28回 宇宙科学講演と映画の会
4月12日 アポロ計画40周年記念講演会(Yuri's Night 2009 Japan)
4月17・19日 科学技術週間KEK施設公開
4月18日 筑波宇宙センター特別公開
4月18日 第94回 地球情報館公開セミナー
4月19日 調布航空宇宙センター一般公開
4月19日 角田宇宙センター「科学技術週間」一般公開
4月26日 春のキッズデー2009 (JAXA i)

5月16日 地球観測センター「科学技術週間」施設一般公開
5月23日 沖縄宇宙通信所「科学技術週間」施設一般公開
5月30日 勝浦宇宙通信所「科学技術週間」施設一般公開
5月31日 増田宇宙通信所「科学技術週間」施設一般公開


試しに書き出してみましたが一杯あること。
今年は、なぜかことごとく用事やらが入ってほとんど行けない……(その前にやたらにかぶっているし)
でも、何とかして行けるものは足を運びましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月といえば……

今日から4月です。
4月といえばいろいろあります。

当事務所の調査により以下の情報を入手しました。

2009040101

JAXA、南米チリに追跡管制局設置を計画

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国立天文台の協力の下南米チリに人工衛星用の追跡管制局を設置する模様。
計画によると、すでに国立天文台によって行われている大型電波望遠鏡プロジェクトのアンテナを利用することで人工衛星の打ち上げ時などの追跡管制業務を行う予定。
使用するアンテナは、80台のパラボラ・アンテナで深宇宙を探査するALMA観測所用の1台(12メートル級)。

専用台車(トランスポーター)によって山麓施設内を移動することになっているが、この度日本の優れたロボット技術を応用することで、施設内の移動はもとより深宇宙を探査からJAXAの追跡管制を行えるようになったとのこと。

当面1台のアンテナによる追跡管制の実験・調整が行われるが、将来は8台から16台のアンテナをフレキシブルに運用することによって、直径30~70メートル級の追跡管制用のアンテナとして活動させる予定。

国外に専用の追跡管制局を運用させたかったJAXAの熱意が国立天文台を動かした模様である。
問い合わせ等は、宇宙航空研究開発機構統合追跡ネットワーク技術部トランスフォーム課まで。

(写真は、今回発表されたアンテナ移動時固定時の外観図予想図)

この情報は、“4月1日”にある筋よりもたらされました。

続きを読む "4月といえば……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »