« ただいま奮闘中 | トップページ | 「いぶき」のスペースカバーが届く »

ロケットまつり30「衛星まつり6」

2009031501

2月22日に東京は新宿「ロフトプラスワン」で行われたロケットまつり30「衛星まつり6」に行ってきました。
前回の「衛星まつり5」で最終回後編と予告されていた回です。
本当に最後なのかどうかわかりませんが時間がうまく取れたので行ってきました。
今回は海洋観測衛星「もも1号」の話し。いつも通りに(笑)たっぷり聞けました。

定刻通りに始まって司会陣登場。
松浦さん笹本さんあさりさんのお三方。予定だった笹本さんか来られて会場から拍手でした(笑)
そういえば初めて来たお客さんもいつもより多かったのですね。
久々に完全オフレコの話しもちょっとあり、これまたいつも通りすべては書けませんがこんな話しが聞けました。


ゲストの小野さんはびしっと背広を着ての登場でした。
用意してきた「まくら」は、先ほど亡くなられた宇宙研の平尾先生の話から始まりました。
「さきがけ」「すいせい」のプロマネと紹介されることが多い先生ですが宿泊する時はなぜか的川先生と部屋が一緒だったとか、なかなか表に出てこない人柄が聞くことが出来ました。
その他、初の衛星同士の衝突やかぐやが撮影した「ダイヤモンドリング」にあんな話しやこんな話しで盛り上がりました。

本題の「もも1号」。
言われてみれば確かにそうでした。えらい衛星作ったんですよね、小野さんはじめ当時の皆さん。
重量で130キロまでの人工衛星しか実績がないのに「もも1号」は、重量750キロ。トークライブ中にこのような数字が出てきました。「重量にして約5倍、電力出力約6倍というとんでもない化け物」
「なんで出来たのか?」を開発前段階から話しは始まりました。

いつものようにこっそりと録音していたのですが、なぜか途中途中でノイズがひどくと聞き取れない部分があるのでうろ覚えですがこんなことが聞けました。

・なんで日本電気が呼ばれなかった、とか?(追記をご覧ください)
・3軸のシミュレータの仕組み、とか。
・本気の営業で作った“もの”、とか。
・プロマネの多忙さ、とか(1ヶ月で54回!)
・日米両国からの難問、とか。
・アメリカ東海岸の宇宙開発メーカーの気風、とか。
・なぜ“海洋”観測衛星なのか、とか。
・いくら実験を中心としてもかならず2機は作らないといけない、とか。

「もも1号」プロマネだった小野さんから技術的なことや思い出交えてたっぷりの3時間でした。
話しの組み立てとか用意してきている資料や写真の質や量などなるほどこれがプロマネを勤めてきた人なのかと今回も感心させられました。


さて、一応今回で小野さんの回は終了となっています。
小野さん自身も、これからの話しになると思い出ではなくなるので、と言っておられました。管理者側になってしまったので技術的な話しを聞きたいとなると……ということだそうです。そのために服装もいつもと違ってしっかりしてきた物を着たそうです。

しかし、あっという間に「番外編」として続行決定!
アマチュア無線衛星「ふじ」や伸展展開機能実験ペイロード「DEBUT(おりづる)」にも関わっておられたということでそちらのお話しを聞かせてもらうことになりました。日時は即決定しました。
連休最後の5月6日です。

いやーよかった。
毎回これだけ面白い話しを聞かせてもらっています。まだまだ聞かせてもらいたいですよ!!
小野さん、司会陣・ロフトプラスワンのみなさま楽しい時間ありがとうございました。
次回も楽しみにしています。


トークライブ終了後には、笹本さんより3月20日に行われる「東京とびもの学会」の告知がありました。こちらも楽しみですね。

------------
3月19日追記
Space Fighter Nowさんの3月17日のコメントの中で指摘がありました。
録音が音飛びしていた個所なので記憶だけで書きました。さきほど聞き直しましたがやっぱり音飛びしていて分かりません。となると、どうも私の記憶違いのようです。

確実に分からない以上、あたかもそういう話しがあったと書いておくのはどうかと思いこのようにしました。

恥の上乗りついでで覚えていることを書いてみると……。
確かプロポーザル前の話で、当時の日本電気は「スピン安定方式」が主で、今回の「もも1号」は「三軸姿勢安定方式」だから……という辺りで出てきたと記憶しています(と書いている自体まったく自信がありませんが……)
だから(当時のNASDAから)呼ばれなかったと記憶したようです。でも、恐らくそれだから(日本電気が)断った、というところを勘違いしたようです。

う~ん、未だに思い出せません。うろ覚え過ぎてすみません。
チャンスがあったら何とかして確認してみようと思います。

|

« ただいま奮闘中 | トップページ | 「いぶき」のスペースカバーが届く »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

私の記憶違いかも知れませんが、NECはヒューズからスピン安定方式を導入したため、上層部の中で三軸に否定的である空気が流れ、小野氏のあずかり知らないところでNASDAに断りを入れたような話をされていたように思うのです。

この辺り、他の方々の証言が欲しいところだと思います。私の間違いである可能性も大いにあるわけですから。

投稿: bn2islander | 2009/03/20 01:15

bn2islanderさん、はじめまして。

うろ覚えで書いていたのであのコメントは大変助かりました。誤った情報になるところでした。

あれからネットで調べてみてもその辺りは今のところ見つかりません……。なんとかして確認しようと思っています。

本当にありがとうございました。

投稿: 山本 | 2009/03/20 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/44356251

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットまつり30「衛星まつり6」:

« ただいま奮闘中 | トップページ | 「いぶき」のスペースカバーが届く »