« 『ARIA』 | トップページ | 『NASA 好機をつかむ組織』 »

ハッピーフライト

友人が熱く語っていたので気になって見てきました。
実は映画の存在を知った時は他の映画とごっちゃになっていました。改めてに調べてみれば「スウィングガールズ」の矢口監督作品。外れはないなと見に行ったらこれが大当たり。

航空機好きですからね、最初に格納庫からジャンボジェットが出てくるシーンで魂を抜かれておりました(笑)
いわゆる「グランドホテル方式」でストーリーは進みます。核になる人物はおりますがみんなが主人公といった形でした。

そうそう、航空機も宇宙船もパイロットや宇宙飛行士だけが飛ばしているのではない!
地上のスタッフや整備や広報やら追跡管制やらメーカーの人やらがよってたかって飛ばしている“モノ”。
そこら辺に焦点が当たっているのでその誰かに共感できるのがこの映画の面白いところでしょう。実際に映画館でけっこうお客さんがゲラゲラ笑っておりました。

専門用語など出てきますけど、その次のシーンにその部品やらが動くシーンが出てきます。知らない人はそれがなんだか分かって、知っている人はより楽しめる、そんな演出も好印象でした。

矢口監督作品は、素人だった登場人物たちが成長していく作風です。でも、この映画は旅客機が飛んでいる間の短い時間を描いています。プロも半人前も限られた時間で物事に当たっていくというプロットで“成長”を描いているように思えました。

ストーリー的によくANAが協力したなという内容です。でも、中身はタイトル通りの「ハッピーフライト」でした。
私にとって久々の大当たりでとても良い映画でした。

|

« 『ARIA』 | トップページ | 『NASA 好機をつかむ組織』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/43353057

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーフライト:

« 『ARIA』 | トップページ | 『NASA 好機をつかむ組織』 »