« 『卒業前小景』 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパス特別公開 »

「スペースカバーで振り返る宇宙開発の歩み」展

2008110901

10月4日(土)~10月24日(金)にかけてJAXA情報センターJAXAiにて「スペースカバーで振り返る宇宙開発の歩み」展が開催されていました。
スペースカバーと言えば、私もちょくちょく購入させていただいている宇宙開発の記念品のひとつ。
国内外の貴重な「スペースカバー」が見られるということで、東京に出かける用事に合わせて見てきました。

2008110902
東京は丸の内「OAZO」内にあるJAXAi。たびたび行っていますがいつもそれなりの見学者が来ているようですね。
その奥にある企画展コーナーに今回の展示がありました。

2008110903
展示スペースは壁一面だけでしたが、量より質の企画でした。
スペースカバーの説明や日本でのあゆみなど解説されていました。
郵便の世界でいうところの「初日カバー」が宇宙開発でいうところの「スペースカバー」にあたるそうです。日本では「銀座わたなべ」で製作されています。

2008110904
JAXAの施設などにも展示されている「スペースカバー」ですけどこれは珍しい。
向井宇宙飛行士2度目の飛行「STS-95」のスペースカバーにはご本人のサイン入り。

2008110905
H-IIロケット初号機打ち上げ記念のスペースカバー。
各スペースカバーは図柄になっているミッションの説明付きでした。

2008110906
スペースシャトルミッションでのスペースカバー。
日米のスペースカバーが比較されて展示されていました。これは良いですね。
こう見てみると、日本の方がよく出来ていますね。

2008110907
各国の「スペースカバー」
アリアンロケット打ち上げや神舟3号打ち上げなどお目にかかったことのないものが見られました。


2008110908
スペースカバー展を見た後は、通常展示も見学しました。
月探査衛星「かぐや」のハイビジョン映像。いまや目玉のひとつですね。

2008110909
H-IIAロケット第1段目エンジン「LE-7A」
このエンジンがJAXAiに来た時にこのエンジンを見て「ロングスカート」と言ったところ、「これが通常サイズでロングという表現はない」とたしなめられました(笑) 確かにそうです。

2008110910
なぜか販売されていた「王立科学博物館」のセット。


数は少なかったですがいろいろなスペースカバーが見ることが出来ました。
今回は企画展でしたけど、出来れば常設展示にまでなってくれるとうれしいですね。

|

« 『卒業前小景』 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパス特別公開 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/43059840

この記事へのトラックバック一覧です: 「スペースカバーで振り返る宇宙開発の歩み」展:

« 『卒業前小景』 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパス特別公開 »