« ロケットまつり29「衛星まつり5」 | トップページ | 『ARIA』 »

Make: Tokyo Meeting 02

2008112411

11月8日は、東京は八王子にある多摩美術大学八王子キャンパスで行われた「Make: Tokyo Meeting 02」に行ってきました。
前回は、つくばの特別公開日とぶつかったので行けませんでした。今回は運の良いことに他の公開等とぶつかっていません。これ幸いと出かけてきました。

現地に着くまで、鉄道の人身事故やら何やらでえらい遠回りと時間が掛かってしまいました。(同じ目に遭った人がいたらしく、「神が行くなといっているのでは!?」とかぼやいていました(笑))
やっとたどり着いて会場に入ってみるとこれはとても楽しいイベントでした。

こちら方面は好きですがそこまで詳しくないので、いつものように写真で紹介。

2008112412
会場を2階から見たところ。この他にも展示会場がありました。

2008112413
伊藤技術研究所。「全加算器物理モデル」
モータ・電磁石・スイッチなど半導体なしで計算(足し算)出来る機械。
ロジックICで全加算器作ったことありますけど、どうやっているんだかさっぱりでした。

2008112414
「ニコニコ技術部」コーナー。
今回のお目当てのひとつ。いつも動画で見ていたものが“目の前”で見ることが出来ました。

2008112415
「リズムボット・鼓ドラム」
これもお目当ての一つ。「先生何やってんすか」で有名な実践するSF作家野尻抱介先生の作品。

2008112416
「101匹はちゅね」
ネギ振りの精度に驚きましたが箱にもびっくり。後でホームページを見させてもらったら納得(笑)

2008112417
「自転車に乗る初音ミク」
動画見た時はびっくりしましたが、この後外で走行しているのを見てさらにびっくり。
どう見てもこびとさんが運転しているようにしか見えませんでした。

2008112418
「FPGA技術」
どっかで見たような表紙ですが(笑)思わず「表紙買い」しました。

2008112419
「作ってみた業者」の製品。
目の前で見ても完成度が高い……って当たり前か!

2008112420
「受付嬢」
これもお目当てでした。お二人来られていましたね。でもブースの後ろにおられたのがちょっと残念。

2008112421
Hacker's Cafeの「自走式webサーバ」
「何で動くんですか?」「TCP/IPプロトコルです」「わっはっは」
カメラをつければどこへでも行けるとか!?

2008112422
井上泰一さんの「雪風」(浮動粒子式スペクトラムアナライザ)
曲に合わせてパウダービーズが舞い踊るのは見ていて飽きませんでした。

2008112423
GOの「スパーク2008」
テラスコイルの放電で音が出るのを利用して演奏していました。「残酷な天使のテーゼ」は最高でした。

2008112424
b-labの「不時着したい影」
隣の会場にて。吸い込まれそうな雰囲気でした。

2008112425
同じくb-labの「folklore / internet / recording」
世界中の音源を地図とレコードのターンテーブルで操作する装置(?)
操作方法が不思議な感覚で装置の雰囲気とマッチしていました。

2008112426
メカロボショップ」の商品。
いろいろあるもんですね。あれこれ考えるよりもこういう製品でとにかく手足を動かせるのは良いですね。

2008112427
Ouch!の「iPhoneラジコン」
ご存じiPhoneを傾けるとそれでラジコンを操作できます。体験させてもらいましたけど慣れると面白い。
写真を撮る時にわざわざ手伝ってくれました。ありがとうございます。

2008112428
日本工業大学の「多目的理科教育振興実験戦車」
理科離れを阻止するために作られた“理科教育機器”だそうです。
でも、こいつが動く時に「戦車通りまーす」で周りは大爆笑。
発射実験では手こずっていましたが最後に見事成功!

2008112429
実験後に多摩美術大学の“坂”を制覇していました(笑)

2008112430
なぜか、「ゆっくりロボ」と戦っていたりもしていました。

2008112431
でも最後には“仲良く”行進していました。あとで写真を見返したら後ろに野尻先生が写っていました。


他の展示・企画も大盛況でいくつか取りこぼしました。「面白そう~」と指をくわえて後ろから眺めていました。
写真もけっこう撮ったのですが、“動き”が面白すぎでけっこうデジカメの動画撮影もしてみました(ココログだとアップする方法(@niftyビデオ共有はちょっとな~)がイマイチ分からないので考え中……)

こういう電子工作というか機械工作というか、発想次第でいくらでも壁や敷居が低くなるんですね。そのための環境や部品もけっこう簡単に手に入る。これはちょっと手を出してみようかなと思ってしまいました。
でも、見ている最中はそんなこと考えずに理屈抜きで楽しんでいる自分がおりましたよ。
次回見に行けるようでしたら、かなり気合いを入れて見に行こうと思います。

|

« ロケットまつり29「衛星まつり5」 | トップページ | 『ARIA』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/43216285

この記事へのトラックバック一覧です: Make: Tokyo Meeting 02:

« ロケットまつり29「衛星まつり5」 | トップページ | 『ARIA』 »