« 地球観測センター施設一般公開 | トップページ | 2008年国際航空宇宙展(航空編) »

2008年国際航空宇宙展(宇宙編)

2008102701
10月5日に神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜展示ホールで開催された「2008年国際航空宇宙展」に行ってきました。
4年に一度開催される大規模な航空宇宙展です。関係する団体はもとより普段目にかかることが少ない航空宇宙関係メーカーの展示まであります。ある意味とっても貴重な展示会です。
今回は、航空系の友人と行きましたのでそちらがメインになりました。でも、当事務所としてはやっぱり宇宙は外さないで見て回りました。

2008102702
まずは我らが宇宙航空研究開発機構(JAXA)の温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」
なぜかJAXAの展示スペース自体がが会場一番奥……。
それにしても、GOSATの実物大を見るのはこれが初めてでした。思っていたよりも大きかったですね。

2008102703
CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケット。
北海道大学の永田先生と植松電機が中心となって開発が進められている小型ロケット。実機です。

2008102704
IHIの「M-Vロケット」
2006年に運用中止になった大型固体ロケット。
周りには、「ペンシルロケット」や「GXロケット」の模型やパネルなど展示されていました。

2008102705
香川大学の小型衛星「STARS」
来年打ち上げの「GOSAT」に相乗りする衛星です。テザー方式の宇宙ロボット機能を備えています。面白いミッションになりそうですね。ちなみにこれは原寸模型です。

2008102706
三菱電機の「小型衛星機能モデルダイナミクスシミュレータ」
スーパーバード7号機関係の横にありました。三菱も小型衛星に取り組んでいるんですね~。

2008102707
同じく三菱電機の「衛星通信用フェーズドアンテナ」
駆け抜けていたので詳しいことが分からずじまい(笑)

2008102708
三菱重工の「LE-X」
次世代ロケットエンジンです。4年前に展示されていた模型と同じに見えました。まだ具体化していないからでしょうか?

2008102709
同じく三菱重工の「H-IIB」と「H-IIA」の模型
JAXAにあった「H-IIB」とフェアリングの形が少し違いました。(三菱版にはぽっちみたいに飛び出ている部分がありました)

2008102710
NECの「新開発標準バス採用小型衛星」
直前にネットで知ったのでちょっと楽しみにしていました。
係の方にお話しを聞いたら、これは凄い。
ちなみにこの模型は、実物大です。確かに小型です。

2008102711
衛星の基本的な部分を標準バスとして、ミッションに合わせたペイロードと組み合わせて様々なニーズに応えるそうです。この模型は光学センサーを積んだバージョンとか。
3年後の打ち上げを目指しているそうです。ということは、次期固体ロケットで打ち上げられる予定のTOPSですね、たぶん。

2008102712_2
一緒に展示されていたパネルには、この小型衛星のミッションに合わせた予想図がありました。
天体観測・太陽観測/磁気圏観測・惑星探査とありました。これは楽しみ。
低コスト・短納期を実現して、ばんばん打ち上げてほしいですね。
なんでも標準バスもイオンエンジン(!)でも3軸制御でもなんでもござれなそうなので頼もしい限りです。


と、いうわけで駆け抜けた今回の国際航空宇宙展(宇宙編)でした。だいぶおいしいものを見逃したのではと思っています。
前回もそうでしたが、やっぱり宇宙ものが少ないですね。航空と違ってお客さんは限られているし商売する規模も小さいしでそうなるとわざわざ部品レベルで展示するまでいかないんでしょうかね?
でも、こういうこそ部品レベルモジュールレベルでも展示・資料の配付につとめてほしいですね。
4年後には、いろいろとこちらの業界も変わっているでしょうから(出来れば良い方向に(笑))それに期待しましょう!

|

« 地球観測センター施設一般公開 | トップページ | 2008年国際航空宇宙展(航空編) »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/42917045

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年国際航空宇宙展(宇宙編):

« 地球観測センター施設一般公開 | トップページ | 2008年国際航空宇宙展(航空編) »