« 『“文学少女”と神に臨む作家』 | トップページ | ロケットまつり28 »

高エネルギー加速器研究機構一般公開

2008090701

先日、「社会科見学に行こう!」のトークライブに参加した時「高エネルギー加速器研究機構」の見学の話しがありました。残念ながらその日は予定が入っていたので行けませんでした。ロフトプラスワンなどで「加速器」の魅力をちらりと聞いていたので見てみたいなとは思っていたんですけど……。

そんなとき「高エネルギー加速器研究機構」のホームページを見たら、8月31日に一般公開があるではないですか!
ちょうどその日は、「ロケットまつり」開催日でスケジュールは一日空けるべく万全の準備で臨んでおりました。午前中頑張って筑波まで出かけてきてさくっと回ってこようと考えました。
行ってみたところいやー半日ぐらいで回るところではありませんでした(笑)

実に面白い見応え十分の施設でした。

2008090702
案内通りにつくばエクスプレス「つくば駅」の出口で無料バスを待ちました。係の方から案内図など一式もらってバスへ。20分ほど北に向かって到着です。
案内図は「ミウラ折り」なっていてけっこう大きなものでした。ずいぶんこっているなと思っていたらこれが正解。
やたらに広い施設を回るのに何度も案内図を広げました。こういう時片手で広げられる「ミウラ折り」の案内図は重宝しました。

2008090703
「電子陽電子入射器」
構内は無料バスが巡回しているのでそれを利用して移動しました。バスの中では停留所こと施設の名称と紹介のアナウンスが流れていました。「……宇宙の謎を解き明かす……」とか車内に流れるんですからたまりませんね(笑)
それで最初に訪れたのがここ。
地下に潜るなりこれですから。延々と歩くのですが飽きません(笑)

2008090704
「フォトンファクトリ」
楕円形の加速器を利用した施設です。
通称「光の工場」で物質構造の解明に利用されているそうです。

2008090705
通常はヘルメットをかぶらないといけないようです。これならかぶります(笑)

2008090706
「KEK Bファクトリー加速器」
世界最強の加速器だそうです。読み方は“けっく、びー”と係の方が言っていました。
周囲3キロの一部と紹介がありました。

2008090707
途中で遠くまで見渡せる場所があったので撮影。「おおー」の一言です。
延々とこんな感じですが、要所要所に機器の説明があってのぞき込んでいたらあっという間に時間が過ぎていました。

2008090708
「Bファクトリー筑波実験棟」
写っている巨大なブツは「Bell測定器」
素粒子ひとつひとつ見ることが出来るそうです。数々の発見がなされている装置です。

2008090709
反対側から見たところ。
回廊沿いに見学出来ました。間近で見てみたかったですね。

2008090710
巡回中のバスから。
加速器のリングに沿った道沿いに歩くこともできるそうです。ところがこのところの集中豪雨で道が所々冠水中。バスによる移動を勧めていました。

2008090711
「超伝導リニアック試験施設棟」
ニオブという金属で作られた超伝導加速空洞。世界でもっとも性能の良い超伝導加速空洞を開発しているそうです。
この材質が超伝導になりやすく加工しやすいので選ばれたそうです。

2008090712
「先端加速器試験棟」
国際リニアコライダー計画に用いられる加速器技術開発の研究を行うための試験装置です。
超伝導リニアック試験施設棟とペアで「夢の加速器」の実現に向かっているそうです。

2008090713
展望台からの眺め。
とても広くて全容が掴めません。

2008090714
「研究本館」パネル展示
時間切れで眺めることしか出来ませんでした。次回はぜひゆっくり見て回りたいものです。


次の予定があったのですべての施設を回ることが出来ませんでした。「日本初のWWWサーバ」も見忘れてしまいました……。

帰り際に国際交流センター内の書店で何か加速器関係の本でも購入しようとしたらちゃんと平積みしていました。でも、思ったより一般向けのチョイスなのか少なかったです。
目についたのが『社会科見学に行こう! 』(笑)・『加速器がわかる本―小さな素粒子を“見る”巨大な装置 (ニュートンムック)』・『図解入門 よくわかる素粒子の基本と仕組み―高エネルギー物理学と巨大研究プロジェクト』・『図解入門 よくわかる最新宇宙論の基本と仕組み―宇宙137億年を旅する』の4冊。
とりあえず『加速器がわかる本』と『図解入門 よくわかる素粒子の基本と仕組み』を記念購入(笑)

帰りの電車内で読んでいくと、おおさっき見てきた加速器の話しがわんさか出てきます。
施設を見学する前に読むよりも、実物をこの目で見た後で読むとよく頭に入ります。もうただの単語ではないですからね。


半日で見て回るには実にもったいない施設でした。
次の一般見学の機会があったら日程を合わせて1日中回りたいと思いました。

------------
追記

実は、この日現地に帽子を忘れてきました(笑)

半分あきらめていたらKEKホームページに忘れ物のお知らせが。
メールで連絡を取ったら、それらしい帽子があるとのこと。
係長さん自らメールを頂きましてどうするか相談させてもらいました。その結果ちょうど千葉方面に用事がある日に筑波まで足をのばして取りに行くことになりました。
インフォメーションセンターにて無事帽子を受け取ることが出来ました。

どうもありがとうございました。

|

« 『“文学少女”と神に臨む作家』 | トップページ | ロケットまつり28 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/42401305

この記事へのトラックバック一覧です: 高エネルギー加速器研究機構一般公開:

« 『“文学少女”と神に臨む作家』 | トップページ | ロケットまつり28 »