« 郵便貯金キャッシュカードが破損したら | トップページ | 手作り紙飛行機 »

ロケットまつり26「衛星まつり4」

2008070701

6月28日(土)は、東京は新宿「ロフトプラスワン」で行われたロケットまつり26「衛星まつり4」に行ってきました。
久々の小野さんの登場です。松浦さんのブログによる告知によるとどうやら一筋ならぬトークライブになりそうな雰囲気です。
行ってみたら案の定というか、いつもと全然違うロケットまつりでした。
今回もどんな内容だったかなかなか紹介しにくい(笑)がちょっと書いてみようと思います。

司会はいつものお三方久々にそろっての、松浦さんあさりさん笹本さん。
ゲストの小野さんを囲んでのトークライブで、あんな衛星のことやこんな衛星のこととなるかと思ったら全然違う方向に。

なんでも小野さんが前々から話すといっていて話していなかった内容をどうしても話しておきたい、ということだそうです。「1回やっておかないと男が廃る」とか。
そういえば小野さん初登場の時もちょっとこだわっていましたがその理由が今回分かりました。なるほど小野さんがこだわるわけですね。

まあ、衛星の話しもロケットの話しも出てきましたけど、ほとんどは「ちょっといろいろあるお隣の国」の話しがメインでした。
トークライブ中、色々小野さんの体験談や旅行談など聞けて別の意味で大盛り上がりでした。
その中には、今まで聞いてきた内容と違う点もあるので一概にうなずけないところもありました。でも、その時代や空間を生きてきた人の言葉として受け止めたりしていく部分もあるんでしょうね。
しかし、最後に松浦さんの一言でただ笑って聞くだけの内容ではないと思わず引いてしまいましたよ。なにやってんですかね、どっかの国は(笑)

さて、あれがロケットなのかどうなのかとありました。私としては小野さんの説明を聞くとなるほどとうなずくところも多かったです。
転じて反対の意見はとなると今まであまり具体的なことを聞いたことがありませんでした。

最近、比較的それなりの意見を読んだので、ちょっと抜粋して引用するとこんな感じです。
その根拠がイージス艦「みょうこう」関係者から軍規に関わる以外ということで、発射1分半後で1段目切り離し、約4分後2段目切り離し。3段目分離は「みょうこう」のレーダー覆息域外とみられる。2段目分離時点の対地速度は秒速3.7キロ。地球の自転速度を加えても4.1キロ。人工衛星の軌道に乗せる秒速7.8キロにはとうてい満たない。推力がそこまでないのなら初めからロケットではない、と。(『後藤田正晴と十二人の総理たち(佐々淳行著)』より)

まあ、この数字がどこまで本当のことを言っているか分かりません。佐々さんをスピーカーとして偽情報を流したのか(笑)、それともまともにこんな解析をしていたのか?
ロケットだけって打ち上げ後に問題があれば推力足らずになって失敗することあるんですけどね~。


衛星屋さんの小野さんから見た点が聞けたのは今回の収穫でしょうか。
なんでもあの時は起きているときはずっとワッチ(無線機で受信)していたと言うのですから小野さんは無線家の鑑ですね。

ロケットまつりらしからぬ「ロケットまつり」でした。ぜひ次回はじっくりたっぷりの人工衛星の話しを期待します!

|

« 郵便貯金キャッシュカードが破損したら | トップページ | 手作り紙飛行機 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/41758056

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットまつり26「衛星まつり4」:

« 郵便貯金キャッシュカードが破損したら | トップページ | 手作り紙飛行機 »