« 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 | トップページ | 打ち上げ後のJAXAiに行く »

スペースシャトル「ディスカバリー号」打上げ成功

6月1日6時2分、日本の星出宇宙飛行士と「きぼう」船内実験室・ロボットアームがアメリカ・フロリダのケネディ宇宙センターからスペースシャトル「ディスカバリー号」によって打ち上げられ無事地球周回軌道に乗りました。

詳しくはこちらをご覧ください。
「きぼう」日本実験棟 船内実験室搭載及び星出宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-124/国際宇宙ステーション組立ミッション(1J))の打上げについて


インターネットの実況中継を見ようと頑張って起きてみましたがパソコンを準備したところで力尽き、気がついたら打ち上がっていました(笑) まだ固体燃料ブースター切り離し前だったのでまるまる見逃すことだけは避けられましたけど。

今回の打ち上げは、予定通りのスケジュールでした。日本人宇宙飛行士の飛行の場合大抵オンタイムですね。
打ち上げ時間と太陽の位置が良かったのか打ち上げ光景がきれいでしたね。インターネット越しでもよかったですから現地で見たらさぞ見応えがあったんでしょうね。isanaさん「嘘のような、本当の話」を読んで感動した一人としてそのこともなんだか嬉しくなってしまいますね。おめでとうございます。

今回のミッションは、実験棟の中心部分の取り付け起動です。順調にいけば8月頃から実験が始まる予定です。
「きぼう」については、いろいろありますがとにかくうまく実験まで結びついて凄い結果を残してほしいですね。

それから忘れていけないのは「ロボットアーム」。今回のミッションにはこちらの起動実験や試験も含まれています。
日本の宇宙開発がどのように進むか分かりません。しかし、これから先無人だろうが有人だろうが、地球周回だろうが惑星・小惑星探査にしろ、日本の宇宙開発に「ロボットアーム」は絶対外せない必要な技術になると思います。
この技術確認やノウハウ構築なども「きぼう」を通じて思う存分出来るんだから「壊れたらHTVにくくりつけてでも国際宇宙ステーションに持って行ってやるからどんどん行け!」というくらい活躍してほしいと思います。

星出宇宙飛行士の活躍とミッションの成功をお祈り申し上げます。

|

« 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 | トップページ | 打ち上げ後のJAXAiに行く »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/41397664

この記事へのトラックバック一覧です: スペースシャトル「ディスカバリー号」打上げ成功:

« 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 | トップページ | 打ち上げ後のJAXAiに行く »