« 地球観測センター一般公開 | トップページ | 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 »

NHK放送技術研究所 技研公開2008

2008053101
ここ数年、東京は世田谷区砧にある「NHK放送技術研究所」施設公開に行っています。
今年は、月からあの映像が届いていますからねいやでも期待が高まります。

この公開に連動して「サイエンスZERO」でも「より身近に テレビ新技術」で超高速カメラの映像なんかも放送されました。(「ごんざぶログ」さんの記事で番組知りました)

これはいつもより楽しめそうだと行ってきました。色々展示されていましたけど、全部はとても無理なので私の興味を引いたもの(笑)だけ写真で紹介です。

2008053102
いつ見てもでかい研究所だなと見上げながら中に入るといきなりこれです。
月周回衛星「かぐや」の映像! でもここが一番の大きい映像でした……。

2008053103
「3300万画素3板式カラー撮像実験」
映し出されたものは、画面ののっぺり感を除けばもう現物と区別がつかないくらいになっていました。

2008053104
放送といっても、もうサーバの塊みたいですね。
いかに高画質で記録して、どれだけ圧縮して転送するかの世界でテレビ技術だかネット技術なんだか素人には分かりません。

2008053105
「スーパーハイビジョンシアター」
毎年楽しみしている企画。今年はねえ、と思ったら日本の四季を特集したシリーズで北海道の冬でした。

2008053106
シアターに入る前こんな映像が流れていたんですけど……。
スーパーハイビジョンシアター自体は、毎年見ても度肝を抜かれる映像と音です。まだ一般化はむりなんでしょうけどこのためだけに技研公開に来ているようなものです。もう一つの現実がそこにあるように体験できます。

2008053107
スーパーハイビジョン伝送実験の紹介
広域帯伝送技術に超高速インターネット衛星「きずな」を利用して実験するそうです。

2008053108
「21GHz帯放送衛星用給電アレー部モデル」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で研究を進めているそうです。

2008053109
「超高速度カメラ~超スローモーション映像の撮影記録時間をより長く~」
公開されていた映像関係は、……撮影禁止。
一通り見ていまいしたが、スペースデブリ衝突実験は流れませんでしたね。タイミングが悪かったのでしょうか?

2008053110
「技術成果の活用案内および実用化開発の紹介」
このタイトルだけだとなんだか分かりませんけど……。

2008053111
こういうことです。
月周回衛星「かぐや」に搭載されている高精細映像取得システム(HDTV)とハイビジョン映像の紹介。

2008053112
かぐやの模型もおかれており、HDTVの位置が紹介されていました。

2008053113
HDTVを望遠レンズ側から見たところ。
これは熱構造モデル(NHK提供)だそうです。

2008053114
ちなみにコーナー的にはこんな感じでした。
他の展示と一緒に一角だけでした。見るなり「これだけ!?」と思ってしまいましたよ。
ちなみに、この周りをうろちょろしていたらテラキンさんが係の方と話し込んでいました(笑)。さすがですね。

2008053115
コーナーでは2種類のポストカードを配布していました。
こういうのがあるなら事前に情報を“公開”してくれれば良いのに……。しっかり貰ってきましたけどね(笑)


半分「かぐや」目当てで行きましたけど思っていたほどありませんでしたね。
かぐやが撮影したハイビジョン映像はあちらこちらで流れていたんですけどね。コンテンツとして使うのは放送に関係するところだから当たり前ですか。
技術研究所としては他にも数々の研究をしているわけで、今すぐにはお目にかかれないけどいずれ知らないうちに身の回りにあったりするんでしょうね。
形は違えどもかぐやのハイビジョンでの活躍もその中に入ってくれれば嬉しいですね。

|

« 地球観測センター一般公開 | トップページ | 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/41376244

この記事へのトラックバック一覧です: NHK放送技術研究所 技研公開2008:

« 地球観測センター一般公開 | トップページ | 東京大学工学部航空宇宙工学科 08年度五月祭企画 空宙Walker ‘08 »