« 野田昌宏さんのご逝去について | トップページ | 『高校生のための批評入門』 »

ロケットまつり in 阿佐ヶ谷

2008061401

6月7日は、東京は杉並にある「Asagaya/Loft A」で「ロケットまつり in 阿佐ヶ谷〜日本初のロケットエンジンを開発した技術者」に行ってきました。
いつもの「ロケットまつり」ではまだ語られていない話があると聞いては行かないわけにはいけません(笑)
開催が土曜日だったのでなんとか行くことが出来ました。

今回は、諸般の都合(笑)で詳しくは書けません。それにしてもちょっと違った「ロケットまつり」でした。

ゲストは垣見さんと固体燃料の大家こと永岡さんのお二人。
司会は、松浦さんとあさりさんの予定があさりさんは所用があるとかで参加できずに松浦さんのお一人でした。

19時スタートでまずはロフトプラスワンの斉藤さんから先日亡くなられた野田大元帥のことを紹介され、参加者全員で黙祷から始まりました。この時、松浦さんより野田大元帥のご遺族から「軍」は外してくれ、とあったそうです。(私は、そのサークルについては詳しくないのでどうしたらよいかちょっと分かりません。私としては表現される方は、それなりの方法でというのが良いと思います)


さて、前半は垣見さんの「ゼロから物を作るときの“あれこれ”」とか永岡さんの「ドイツのロケット資料!?」とかありました。これだけいろいろ話しを聞いているのに、たびたびこんな会話は交わされました。
垣見さん:「この話し、したことあるんじゃない?」
松浦さん:「いや、ないない!」

後半は、主に垣見さんと永岡さんが会社の学生募集で全国を回ったときの話しでした。
ロケットにはほとんど関係ない話しでした。でも、人と共感すると色々なことが出来るような「ロケットまつり」らしい話しが聞けました。(ひさびさに来た孫におじいちゃんが昔話しているパターン。でもロケットまつり!ってやつです)

定刻の22時でいったんお開きとなりました。、それからお店側の計らいで垣見さんと永岡さんと松浦さんを囲んでの「懇親会」が一時間ほど開かれました。ざっくばらんにゲストと参加者が話しできようにとお三方を囲んでの会となりました。
まあ、そのときの内容は……なので書けませんが、なるほど参加者の気になることがよく分かりました。


このような「ロケットまつり」もたまには良いですね。
「Asagaya/Loft A」での定番になると変化が出てきて面白い方向になるんでしょうね。
今後の「ロケットまつり」も楽しみですね。ゲストをはじめお店の皆様どうもありがとうございました。


ちなみに、会場での予告はなかったと思いますが、今度はロフトプラスワンで6月28日(土)にロケットまつり24「衛星まつり4」、7月5日(土)に「ロケットまつり25」が予定されています。

|

« 野田昌宏さんのご逝去について | トップページ | 『高校生のための批評入門』 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/41528104

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットまつり in 阿佐ヶ谷:

« 野田昌宏さんのご逝去について | トップページ | 『高校生のための批評入門』 »