« ロケットまつり23「糸川英夫まつり」 | トップページ | 『やっぱりおおきくなりません』 »

あれこれ

ここをほったらかしにしてだいぶ経ってしまいました。
年度末の大きな山が一つ片付いてちょっとだけ時間が出来たので。


・土井宇宙飛行士「きぼう」建設へ
 <きぼう」日本実験棟 船内保管室搭載及び土井宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「エンデバー号」(STS-123/国際宇宙ステーション組立ミッション(1J/A))の打上げについて
 <「きぼう」日本実験棟 船内保管室の国際宇宙ステーション(ISS)への取り付けについて
 <土井宇宙飛行士らクルーが船内保管室へ入室!

 打ち上がってみれば順調な飛行と任務遂行ですね。ネットの中継でちょくちょく見ております。
 日本の実験施設「きぼう」については良い点・悪い点といろいろ取り上げられています。
 今までの流れに行くとぱっとしないままアメリカの都合でなし崩し的に振り回されるような気がします。
 でも、そこに日本独自の実験室があるということは、ここでの成果が出ればその手の政治的都合などどうにでもなるような気がします。当初の目的からは離れてしまっても実験施設として成果をたたき出せば良いことで。
 この一点に集中して「きぼう」を実りあるものにしてもらいたいです。

 インターネット中継が動画配信されていますけど、ポッドキャストやブログでも配信してもらえないかと思っています。大きなイベントには動画は向いていますけど、小さなイベントやちょっとした出来事などは小回りのきく方法で配信してほしいですね。「きぼう」組立はあと2回あります。それまでには検討してほしいですね。


・お楽しみの「スペースカバー」
 ロケットの打ち上げが終われば次の楽しみはこれですね。
 「銀座わたなべ」さんから「超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)」打上記念 スペースカバー」と「STS-123(1J/A)打上記念 スペースカバー」の予約が始まっていますね。


・「きずな」の到着
 <超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の静止軌道投入について
 こちらも不具合が見つかったり解決したりとちょっとしたトラブルはあるものの、静止軌道にたどり着きましたね。
 この衛星もいろいろありますけど、なんか良い運用方法で利用価値が高まって次につなげるなり計画を見直すなりしてほしいですね。


・平成20年度科学技術週間
 さて、4~5月の楽しみですね。
 全部ではないですけどいくつか情報が出ていますね。
 <平成20年度科学技術週間 筑波宇宙センター特別公開のお知らせ
 <「科学技術週間」施設一般公開のお知らせ(航空宇宙技術研究センター)

 日程によっては無理かもしれませんけど出来るだけ行ってみようと考えています。


 あれこれあって目が離せないです。これからも自分なりに見たり行ったりで楽しみです。

|

« ロケットまつり23「糸川英夫まつり」 | トップページ | 『やっぱりおおきくなりません』 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/40511074

この記事へのトラックバック一覧です: あれこれ:

« ロケットまつり23「糸川英夫まつり」 | トップページ | 『やっぱりおおきくなりません』 »