« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

いろいろ

いわゆる年度末という奴で身動き取れなくなりつつあります。
まだ、先日行った「衛星まつり3」も記事にしてません……。
でも、いろいろあるのでちょっとだけ。

H-IIA ロケット14号機 による超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の打上げ日について
打ち上げ期間が2月一杯でしたから良かったですね。
それにしても初めての(?)不具合です。
気になるのが打ち上げ前に行われそうなアメリカの偵察衛星迎撃。
破片は短期間で大気圏に突入するとはいえ、その直後の打ち上げ。何事もなければよいですけど。

打ち上げ予定日の23日と言えば「ロケットまつり」
そもそも仕事がつまって行けるか分かりません。どなたが司会されるのでしょうか。
司会陣は種子島からの出演ですかね?


ポニーキャニオン、月探査機「かぐや」のHD DVDを発売中止
HD DVD事業の終息について
メディアがHD DVDの段階であきらめていましたけど。
東芝のHDDレコーダーを持っている人間としては今後の東芝の方針が分かるまで“待ち”ですかね。

ところで天文雑誌「星ナビ」2008年3月号を読んでいたこんなDVDが発売されるとありました。
すばる望遠鏡と日本の宇宙観測最前線
「すばる望遠鏡」の観測成果や日本の天文観測衛星で得られた画像をふんだんに使って宇宙の姿を紹介しているそうです。
監修が「国立天文台教授 次世代超大型望遠鏡プロジェクト長 理学博士 家 正則・宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター長 工学博士 的川泰宣」とありますから期待できそうです。
「かぐや」の月面動画もあるそうなのでこちらに期待しましょう。


世界初の「宇宙ウエディング事業部」の誕生
これ読んで思わず大笑いしてしまったのは私だけですね。
だって、これは独立行政法人宇宙航空研究開発機構がやると思っていましたから(笑)
(このエイプリールフールネタですけど、「関西サテライトオフィスの若手職員が現地で鍛えられた漫才を披露」というネタも入れられたなと後から思いつきました。まさかこんなチャンスで書けるとは)

あちらは軌道上で結婚式ですか。負けていられませんね、JAXA!
“予算”と“機会”あれば(けっこう難しいですが……)“需要”はありそうですから、年2~3回日本でもH-IIAに「ふじ」でも打ち上げて国際宇宙ステーションで1週間ハネムーン企画とか出来れば話題と元取れそう……とか一瞬思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「昭和のロケット屋さん」発売記念トークセッション

2008021701

相変わらず今頃ですが東京は池袋の「ジュンク堂書店」で行われた「昭和のロケット屋さん」発売記念トークセッションに行ってきました。

『昭和のロケット屋さん』が発売されてのイベント。
出版にまつわる裏話や失敗話など“のどかな”イベントになるのかと思っていったら大間違い(笑)
全速力の「ロケットまつり」でした。

続きを読む "「昭和のロケット屋さん」発売記念トークセッション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この日にこの1冊

2008021101

先週の土曜日は出勤しておりました。
その腹いせ(笑)に帰宅途中に下車して本屋に寄りました。
ここの本屋は規模が大きく夜10時までやっているので重宝しています。

そこで見たものは……。

続きを読む "この日にこの1冊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「異星の踏査」再び

2008020201

去年の11月に東京大学総合研究博物館で開催されている『異星の踏査―「アポロ」から「はやぶさ」へ』展を見に行ってきました
その直後にネット上で流れた情報にびっくりしました。館内撮影禁止だけど「異星の踏査」は撮影可だったそうです……。

展示は内容を一部変えて延長されました。しかし、今度は完全に平日のみの開催……。
行けないような~と思っていたら、捨てる神あれば拾う神あり。今年の1月がちょうど自動車免許の更新時期でした。平日にどうどうと休みが取れる!
どうせ休みを取るとなると1日がかり。だから余った時間でちょっとでも行ってみるか。……誰かが行けと言っているような気がする(笑)

と、いうわけで「異星の踏査」再びです。

続きを読む "「異星の踏査」再び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナハトイェーガー』

本屋で見かけた本に記憶のある名前が。
調べてみたらやっぱりそうでした。それで買ってみました。
うん、やっぱり面白かったです。

『ナハトイェーガー ~菩提樹荘の闇狩姫~』
(涼元 悠一著 ISBN4-7973-3781-8 ソフトバンククリエイティブ株式会社)

作者の名前だけで探したので表紙を見たときはちょっとびっくりしました。電車の中で読むには勇気がいります(笑)
でも、読んでみるとそんなことを忘れていました。

続きを読む "『ナハトイェーガー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »