« 『光の五線譜』 | トップページ | 「火宅か修羅か」 »

ラジオサーバー VJ-10

2008010601

ラジオが好きで番組があるときに外出する際は録音しています。
テープ、MD、パソコン、語学学習用ラジオレコーダー、と巡って「ラジオサーバー VJ-10」にたどり着きました。

ハードディスクを内蔵したラジオがいつか発売されるかと期待していました。やっとですね。
スペック的にはハードディスクの容量が37GB、録音方式がWMA形式とちょっと首をかしげるところがありました。
でも、使ってみるとそんなこと気にならないですね。
音声を録音する分には、この容量で全然問題ないです。
録音方式に関しては、iPodを使用しているのでiTunesにインポートすると自動的にiTunes標準(私の場合はMP3)に変換してくれました。変換時間を気にしなければOKでした。


2008010602

ところが困ったことが一つ起きました。
AMの受信感度が良すぎて、聞きたい放送が混信まみれ。
ラジオサーバやアンテナの置き方などいろいろ変えてみたけど効果なし。

アンテナはAM・FMアンテナとも外部アンテナになっています。
AMアンテナを外すと受信が全然出来ません。
さてどうしたものか……。
ちょっと考えて答えは出ました。いざ秋葉原へ。


2008010603

秋葉原の部品屋さんで100円のAMラジオ用のバーアンテナを購入。
ちなみに、部品屋さんでアンテナを買っているときに店の親父さんに聞かれました。
「これを大量に買うお客さんがいるけど、何に使うか分かる?」
どうやらフィルタ代わりに使って性能が良いとか。
一体になにに使っているのですかね?
ぱっと思いつくのが、バンドパスフィルタかバンドエリミネーションフィルタですかね……。


2008010604

これを外部アンテナにして受信してみたらちょうど良い具合で“クリア”に録音することが出来ました。

ラジオサーバのおかげで、他の機器のように録音容量やポータブルプレイヤーに転送する際の手間暇が削減されました。今のところ理想的にラジオ録音環境です。


2008010605

ひとつ気になるのが、表示部分に水平に線が2本入っていること。
なんの“線”なんですかね?

|

« 『光の五線譜』 | トップページ | 「火宅か修羅か」 »

ラジオ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

AM用のバーアンテナのフェライトだけ使って
コモンモードフィルタを作る場合があるので、
それではないかと...(アマチュア無線用で)

投稿: 大久保 | 2008/01/08 02:44

大久保さん、コメントありがとうございます。

なるほどフェライトだけでそんな使い方が出来るんですね。私もアマチュア無線の免許を持っていますが知りませんでした(笑)
……アマチュア無線は、ちょっとは工作しますが運用ばっかりです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 山本 | 2008/01/09 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/17603728

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオサーバー VJ-10:

« 『光の五線譜』 | トップページ | 「火宅か修羅か」 »