« 「火宅か修羅か」 | トップページ | USBメモリを改造する »

手間かけていますか

最近というかここ数年というもの特定しませんが大きな組織や機構であまり良い話を聞きません。聞いた話によると競争もなにもない“ああ”いう所にいると人間“ああ”なってしまうとか。
それだったら、人間が現場に出なくてはどうにもならない様な組織を除いて今の人員を十分の一くらいにしてしまえ、と。人数的なことは極端かもしれませんが、前例主義とか本来の仕事をしないのであればコンピュータでそれを肩代わりできそうな気がします。

ハードとしての大容量とネットワーク技術と検索処理の向上は目に見張るものがあります。前例主義ぐらいだったら組織通さなくてもコンピュータの前で答えが出てきますよね。書類に関する一連の手続きと処理などは、様式と入力項目の確認をなんとかすればそろそろネットを利用してどこでも出来るようになるでしょう。要するに組織の人間を介さなくても出来るなら人はいらんし経費今ほどかからないと。

本来、人が介する仕事って今までに聞いたことない奇問・難問・珍問・ルール破りだけど役に立ったり良くなったりする事に知恵と勇気を出して対応して出来たり時には出来なかったりすることではないでしょうか。
これは現代のコンピュータに出来ないし、いつまで経ってもそもそも“人”でしかことだと思います。
それに対してなら人手やお金は今まで以上に掛かっても良いと思います。

実際の現場の人々はちゃんとやっていると言うかもしれないけど、それはただの作業だったり、仕事ための仕事を残業までしてやっているだけでは、と思います。
大きく書きましたがこの手のことは同心円的な問題でもあると言えます。つまり、規模の差はあれどどれだけ手間かけたかであると言えます。

手間といっても、誰でも一つや二つやそれ以上必殺技を持っていると思います。程度の差はあれど。
その裏には十や百の経験や自信があって、意識していない部分で千や万の何かを持っていたりすると思います。
個人のそれが組織として機能しないのは永遠のテーマかもしれませんけど、個人あっての組織ですからね、そこら辺に突破口なり問題解決の糸口があると思うんですけど。
いきなりデカいことをやるということではなく、ちょっとした一手間が出来ればまずはそれで良いのではと思います。

こんなことをここしばらく文章にまとめようとぼんやりと考えていたら、ネットでは小さな努力やがんばりについて書かれていました。賛成反対別の視点から見たりといろいろ意見や議論があってみんなすげーなと思っていました。自分がまとめようとしたことはたいしたことはなさそうだけど、方向性みたいなものはそんなに的外れではなかったと思っています(笑)

ひとつ気を付けなくてはいけいないのは「言う奴ほど一番やっていない」ですね。
スローガンなり公約なり宣言なり耳障りの良い文句のつけようのないお題目のようなことをここ数年よく聞きました。けど……。
「そんなことを声高らかに無駄に叫んでいなくてもやっている人はやっているよ」と私はそういう風に見ているからです。転じて「言う奴ほど一番やっていない」

手間をかけていますか、と言っている自分が一番やっていないんでしょうね(笑)
さて、何か出来るか試行錯誤やうろちょろするところから手間をかけましょうか。


……例年通り、今日はちょっと特別な日なのでいつもと違ったことを書いてみました。

|

« 「火宅か修羅か」 | トップページ | USBメモリを改造する »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/17709122

この記事へのトラックバック一覧です: 手間かけていますか:

« 「火宅か修羅か」 | トップページ | USBメモリを改造する »