« 『薔薇の花かんむり』 | トップページ | 筑波宇宙センター特別公開 »

『宇宙開発の50年』

副題に「スプートニクからはやぶさまで」とあるようにこの50年に打ち上げられた人工衛星や宇宙船などが80種類以上に章立てられて紹介されています。

『宇宙開発の50年』
(武部 俊一著 ISBN978-4-02-259928-5 朝日新聞社)

著者が朝日新聞で記者をされていた方です。記者として「日常の出来事としての宇宙開発」を見てこられてきたわけです。その視点でこの50年間に打ち上げられた人工衛星を中心に書かれたのがこの本です。
2~3ページ単位で、様々な人工衛星・宇宙船が紹介されています。よく知っているやつから名前だけ聞いたことがあるやつから不覚にも知らなかったやつまで盛り沢山。この50年でこれだけ幅広く宇宙空間に人類は向かっていたんですね。

また、なるほどマスコミの方々はニュースの一環としてこういう感覚で宇宙開発を見ていたんだ、と知ることも出来ます(笑)

それから、宇宙開発関係の切手も集められている方なので、各国で発売されたその人工衛星の切手と一緒に紹介されています。結構いろんな国で人工衛星・宇宙船の切手が発売されているものですね。
はじめて見る絵柄ばかりでこれはこれでおいしい内容になっています。


スプートニク打ち上げから今年で50年。その関係でいろいろなところで取り上げられていますね。
私が知っているところでは天文雑誌「星ナビ 2007年11月号」に特集があります。天文屋さんが見たスプートニクの話しが面白いです。


それから、宇宙開発の切手といえばこんな本が売っていたので購入しました。

『宇宙切手図鑑 グリーンブックス132』
(白井 洸 山田 陽志郎著 ニューサイエンス社)
昭和61年2月20日発行

スペースシャトル打ち上げ直後に出た本ですね。切手がすべて白黒なのがちょっと残念。

|

« 『薔薇の花かんむり』 | トップページ | 筑波宇宙センター特別公開 »

「宇宙開発」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

宇宙切手図鑑 !
まだ入手できるとは!

ありがとうございます。
もはや懐かしい情報ばかりになってしまいました。

わたくしの著書第1号です。

投稿: ようしろう | 2008/01/02 11:46

ようしろうさん、初めまして。
著者の方からコメントいただけるなんて光栄であります。

『宇宙切手図鑑』は、東京は池袋のジュンク堂で購入しました。宇宙開発関係の切手の本がどこかで売っていたなと探して幸運にも手に入れることが出来ました。
白黒印刷なのがちょっと残念ですけど、薄い本なのに内容盛りだくさんで良い本だと思います。

これから、リンク先の「月からの手紙」や他の著作も読ませていただきます。

コメントありがとうございました。

投稿: 山本 | 2008/01/02 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49026/16961577

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙開発の50年』:

« 『薔薇の花かんむり』 | トップページ | 筑波宇宙センター特別公開 »