« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

「はやぶさ2」を応援する2007(その2)

Hayabusa2

小惑星探査機「はやぶさ」の活躍を受けて計画されている「はやぶさ2」
その計画が危ういものになっています。
はやぶさ2に向けて、最後のお願い
「はやぶさ2」に注目する理由
これまでのミッションの価値

11月の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の次期中期計画策定に「はやぶさ2」計画が盛り込まれないと絶望的な状況が待っています。すでに打ち上げロケットは海外のものという事態までになっています。

去年同様すでに「はやぶさ2」計画の実施に向けて有志が動いています。
はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン

そこで当事務所も出来ることとしてメールによる「はやぶさ2」実施のお願いをメールしてみました。
送り先は以下の3カ所。松浦さんのブログで紹介された組織です。

・文部科学省・宇宙開発委員会
・内閣府・総合科学技術会議
・JAXA経営企画

他にも、メールの送り先はいろいろありますが、前回同様政治家の方はパス。どんな風に利用されるか分からないから(笑)


「はやぶさ2」の実施たる理由は色々挙げられているのでいまさら自分の独自意見というものは出てきませんでした。それでもこれだと自分が考えて思って理由を述べてメールをしました。

やっぱり「はやぶさ」が見たものを改めて「はやぶさ2」でも見てみたいんですよね。
「はやぶさ」が「イトカワ」に到着する前と後では、見えていたものが相当違うものだったんだと思います。それは科学者でも一般の人でもそうだったと思います。
それでは「はやぶさ2」だったら何を見ることが出来るのか、それだけでも価値があると思うんですけど。

ネックになるのがまずは予算でしょうか。(他にもいろいろありますが……)
メールに書きませんでしたけど、アメリカと掛け合ってみては、と思います。
「宇宙ステーション計画に国としてちゃんと参加してやるから、必要経費当面半額にしてくれ」とかは出来ないのでしょうか(笑)
いや、宇宙ステーション計画の予算を半額にしろという意味ではありません。ただ、予算をいろいろやりくりするにはまだ手があるのではないかと思います。
宇宙ステーション計画には年間800億円かかると聞いています。もし半分の400億円が他のことに使えたら「はやぶさ2」以外にも日本の宇宙開発に余裕が出ると思いますけど……。


この件で悔やまれるのが「M-Vロケット」廃止でしょうか。何せ打ち上げ手段は海外のロケットを使えとか、耳を疑うような話しが出ているくらいですからね。
私個人は、「M-Vロケット」の廃止は妥当だと思いますよ。
固体ロケットの一つの到達点としてのM-Vロケット。でも、維持するのが難しいくらい大きくなり、M-Vロケットを育ててきた技術者も世代交代の時期に来ていた。そこで若手に技術開発を譲って新しい固体ロケットを育てていく。その筋道での廃止だと私は思っています。
ただ、GXロケットがどうなるか分からないのに「M-Vロケット」廃止は戴けない。せめて、GXロケットが試験機を打ち上げた後でのM-Vロケット廃止なら筋が通っているし、日本として打ち上げ手段を保持出来たのに。
「はやぶさ2」もM-Vロケットで打ち上げる道があれば、ここまでおかしな話しにならなかったのではと思います。
今となっては、の話しですけど。


前回同様、たいした意見ではありませんが自分が書いたメールを載せておきます。
1000文字以内という制限のところもあったので前回よりも難しかったですね。
今はとにかくメールを送ってチャンスを逃さないことですね。
まだの方もなにか書いてメールを出しませんか?

続きを読む "「はやぶさ2」を応援する2007(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぐやのスペースカバーが届く

2007102101

先週のことですが「銀座わたなべ」さんからかぐやのスペースカバーが届きました。
かぐや姫の物語と月周回衛星「かぐや」のイメージが木版画の上で見事に描かれています。
なんでもこのデザインは、「かぐや」応援グッズに採用されているそうです。
(その応援グッツ欲しいと思うのは私だけでしょうか……)

私のスペースカバーには<ふみの日「百人一首切手>が貼られています。
一瞬、デザインの「二条院讃岐」がかぐや姫に見えてましたよ。センスの良い選択ですね。


さて、月周回衛星「かぐや」は、10月4日に月軌道に入り、10月21日にクリティカルフェーズから初期機能確認フェーズへ移行しました。
月周回衛星「かぐや(SELENE)」のクリティカルフェーズの終了について
かぐや、観測軌道に到達、定常制御モードに入る 午前10時半からの記者会見

月からの映像も届いていますね。
公開されたモニターカメラの画像

そのうち、月から見た地球の映像も届くでしょう。
そのときは、その光景も「スペースカバー」にしていただきたいですね。


2007102102
前回紹介し損ねた「きく8号」と一緒に。

2007102103
一緒に購入したスペースカバーも。
次に何を選ぶかも「スペースカバー」を集める楽しみの一つです。

次回のスペースカバーも期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大道芸』

2007101411

かなり昔に「高校生時代の友人は一生の友人」と聞いたことがあります。
ほんとかどうかは分かりませんが、私の場合は高校大学ですがこのころに出会った人たちは今でも仲良くしてもらっています。たぶん先に挙げた言葉は本当なのでしょう、私にとっては。

当時私はアマチュア無線部に所属していました。基本的に文化系の部活いう奴は体育会系と違って、他の文化系とも行き来があって写真部にもよく出入りしていました。掛け持ちですね。
今はそれぞれ社会人になってそれぞれの道を歩いています。中には部活でやっていたことの延長線上でそのまま仕事にしている人もいます。

そんな一人が写真集を発売しました。

続きを読む "『大道芸』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケットまつり18

2007101401

いつものように今頃ですが9月30日の珍しく日曜日に行われた東京は新宿「ロフトプラスワン」の「ロケットまつり18」に行ってきました。
当日まで行けるか分からなかったので、開場ぎりぎりに行ったらもうほぼ満席。
それでもなんとか座ることが出来ました。

定刻通りにトークライブスタート。プロデューサーの斉藤さんからいつものように告知がありました。
次回のロケットまつりは11月で30日を予定しているとのこと。ゲストはいつもの林さんと垣見さん。
「1300万円が郵送で送られてくると……」と言われておりました(笑)
それからテレビ放送を見た後にペンシルロケットを鑑定された方にメールを書いてしまったと言われていました。本当なら今回来てもらうはずだったが風邪でこれなくなったそうです。次回来てもらったら壇上に上がってもらうとか。
司会は、いつもの松浦さんとあさりさん。笹本さんは「夜行列車に乗る」とかで今回も欠席。
ゲストは、小野英夫さん。NECに勤めておられて人工衛星の設計に携わっていた方です。

と、くれば期待は高まりますがそこは「ロケットまつり」(笑)
今回も「日本最初の人工衛星の話し」まで到達しませんでした!
たぶん、「ひさびさに来た孫におじいちゃんが昔話している」感じと言えば分かってもらえるでしょうか?
しかし、要所要所においしい話しが出てきたので楽しい時間を過ごせました。

いつものように詳しく書けませんけどいくつかピックアップして紹介。

続きを読む "ロケットまつり18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かぐや」月周回軌道投入成功!

月周回衛星「かぐや」が10月4日の早朝に月周回軌道に入りました。
おお、これで名実ともに月周回衛星ですね。よかったよかった。

月周回衛星「かぐや(SELENE)」の月周回軌道投入マヌーバ実施結果について - 月周回軌道への投入を確認 -
かぐや、月周回軌道投入に成功、記者会見の様子

JAXAからのプレスリリースが軌道投入1日後だったから長かったこと(笑)
これから2機の子衛星を切り離しながら観測軌道に高度を下げていって観測開始とまだまだ山場はあるのでしょうけど、それでもいち早くの観測結果を見たいですね。

すでにかぐやに搭載されているハイビジョンカメラからはこんなに素晴らしい映像(PDFファイル)が届いています!
来年の初めからは、もっと見たことのないものが見られるようになるんでしょうね。

行け、「かぐや」!
人類科学への貢献とメッセージを託した人たち名付け親たちの想いをのせて!

続きを読む "「かぐや」月周回軌道投入成功!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »